留学・社会人留学ならグローバルダイブ

BAGUIO

バギオ留学の基本情報

バギオの留学の3つの魅力

1フィリピン唯一の避暑地で勉強に集中出来る!

標高1000メートルの山の上に位置するバギオ。フィリピンでは珍しく、涼しくて過ごしやすいんです。学業都市でもあるバギオには、誘惑も少ないので「英語の勉強に集中したい!」という留学生にはおススメ!

2結果にコミットしたい方におススメの留学先!

バギオは、スパルタ式で厳しめな語学学校が集まっている都市なんです。TOEICやIELTSなどの試験対策コースも豊富!「せっかく留学にいくのであればしっかりと英語力を伸ばしたい!」という方に、バギオ留学は特におススメです!

3「平日は勉強!」「休日は遊びを満喫!」オンとオフを切り替えた生活が出来る

スパルタの語学学校が多く、1日の授業数も多いので、授業のある平日は基本的には校内で過ごすことが多くなります。平日は授業とその予習復習に集中する一方で、週末には思いっきり遊ぶことが出来ます。バギオには、山を下れば温泉があったり、波の穏やかな海、フィリピンでは珍しいサーフィンが出来るビーチがあったりするのでぜひ行ってみてくださいね!

現地取材したカウンセラーのコメント

木村 太一

フィリピンの避暑地と呼ばれているバギオは、気候も涼しくとても過ごしやすいエリア。何より、バギオの語学学校は、授業のクオリティーが高く、短期間で成果を出したい人にとって最適な環境が整っています。実際、私も以前、バギオに留学していましたが、3ヵ月でTOEICの点数が220点ほど向上しました。

基本情報

フィリピンは1年中暖かい南国ですが、バギオは避暑地で涼しい。朝晩は長袖が必要なほど。「暑いところが苦手」「TOEICなど試験対策で留学したい」という方はバギオ一択です!

正式名称 バギオ市(Baguio City)
フィリピン共和国(Republikañg Pilipinas)
コルディリェラ行政地域(どの州にも属さない独立した都市)
人口 32万人
公用語 フィリピン語、英語
通貨 フィリピンペソ
電圧 100-240V
ワーホリ可否 不可

アクセス・時差

・アクセス 東京・名古屋・大阪・福岡からマニラへ直行便があります(2018年10月より札幌も直行便が就航予定)。バギオまでは、マニラ空港から車で4~6時間ほどかかります。 ・時差:-1時間

治安

バコロドは、フィリピンの都市の中では治安良好。だが、日本よりは軽犯罪が多いため、スマートフォンや財布などの貴重品は自己管理を徹底しましょう。

物価

目安としてよく言われているのがフィリピンの物価は日本の約3分の1!例えば、タクシーの初乗り代金は40ペソ(約100円)1時間程乗っても1000円いかないくらいの値段です。セブンイレブンなどで飲めるコーヒーもいっぱい約20ペソ(約50円)ほどで日本の約半額!物によっては日本とそんなに値段が変わらない物もあるのですが、ほとんどのものが日本の物価と比べるととても安いです。出費を抑えての留学が可能ですよ。

食事

・ハロハロ (デザート) タガログ語で「ごちゃまぜ」という意味のハロハロ。紫いもでココナッツ風味のアイスやフルーツ、ゼリーやかき氷などを載せた彩り豊かなデザートになります。具はお店によっても異なりますが、いろんなハロハロを試して自分好みのものを見つけてくださいね! ・レチョン 豚の丸焼き。フィリピンの代表する名物料理。 ・シシグ シシグは細かく切った肉をニンニクなどと一緒に炒めた料理。 ・アドボ 鶏肉を煮込んだフィリピンの有名な家庭料理。 ・ジョリビー フィリピンの有名なファーストフード店。マクドナルドは世界のどこへ行ってもハンバーガーのシェア率No.1ですが、世界で唯一フィリピンだけマクドナルドがシェアをとれないことで有名です。それくらいジョリビーが愛されています。フィリピンに行った際にはぜひ試してくださいね!

交通事情

・タクシー ・ジプニー(乗合バス) ・長距離バス 基本的にはタクシー移動がベスト。ただ、タクシーに乗る際はメーターが回っているか、しっかり確認してから乗車しましょう。初乗り料金は40ペソ~ほど。乗合バスの車内は、常に満員でスリなどに合う確率が高いため、避けた方が無難です。

観光スポット

・サン・フェルナンドビーチ サーフィンが楽しめる場所として有名です。初心者向けの1日レッスンもあるので、サーフィンを始めてる際にはおすすめのビーチです。 ・バナウェ 世界文化遺産にも登録されています。約2000年前にイフガオ族が神への捧げ物として造ったと言われており、「天国への階段」と呼ばれることもあります。 ・ビガン 今もスペイン・ラテンアメリカの建築の建物が残り、ヨーロッパを感じられる美しい街並みがそのまま残っています。

英語環境

バコロドの語学学校は、スパルタ式の学校が多く、授業のクオリティーが高いです。しっかり、英語力をアップさせたい方には最適。また、バコロド現地ではフィリピン人同士の場合はフィリピン語を喋られる方が多いのですが、英語も公用語になっているため、スーパーやレストランのメニュー表記は英語になっています。地元の方とも英語でコミュニケーションが取れます。

その他

・気候 年間を通して平均気温が約22度 <雨季>5月-11月 平均最高気温:18~24度 平均最低気温:12~15度 <乾季>12月-4月 平均最高気温:15~18度 平均最低気温:10~13度

ビザ情報

観光ビザ

フィリピンへ留学する場合、事前にビザを用意する必要はありません。観光ビザ(日本人であればビザなし渡航)で入国すれば30日間は滞在可能になっています。 その際に、気をつけて欲しいことが(1)パスポートの有効期限が滞在期間+6ヵ月以上あること(2)有効な往復航空券(往復でなくてもフィリピンを出国する航空券)を持っていること。 入国後に、語学学校がSSP(特別就学許可証)の手続きをしてくれます。8週間以上の留学で、ACR(外国人登録証)が必要になりますが、それも全て語学学校が手配してくれます。

留学費用のお見積り

フィリピン留学費用のお見積り

1週間 59,700円 〜 166,400円
2週間 82,950円 〜 255,452円
4週間 129,450円 〜 452,952円
8週間 184,810円 〜 889,784円
12週間 337,870円 〜 1,334,597円
16週間 433,465円 〜 1,768,669円
20週間 528,765円 〜 2,202,741円
24週間 614,813円 〜 2,636,813円

もっと詳しく見る

都市情報

セブ

CEBU

基本情報へ

セブは、欧米とアジアの文化が融合したリゾート都市!日本からは直行便があり、4時間30分とアクセス可能。栄えた都市で暮らしながらも、少し足を伸ばせば綺麗なビーチも楽しめます!

クラーク

CLARK

基本情報へ

クラークは、別名「リトル・カリフォルニア」と呼ばれる注目度No.1エリア!元米軍基地のあった場所のため、語学学校にはネイティブ講師が多数在籍しています。

イロイロ

ILO ILO

基本情報へ

フィリピンで住みやすい街No.1!「愛が溢れる街」イロイロは、フィリピンでも経済急発展中の都市。治安がよく、フィリピン代表するビーチ「ボラカイ」へのアクセス良好です!

バギオ

BAGUIO

基本情報へ

フィリピンは1年中暖かい南国ですが、バギオは避暑地で涼しい。朝晩は長袖が必要なほど。「暑いところが苦手」「TOEICなど試験対策で留学したい」という方はバギオ一択です!

バコロド

BACOLOD

基本情報へ

「微笑みの街」バコロド。田舎のため周辺観光地は少ないですが、治安がよく、人の温もりを感じられるのが魅力。新たなフィリピンの留学先として人気です。

マニラ

MANILA

基本情報へ

マニラは、別名「東洋の真珠」!フィリピン最大の国際都市で、日本と遜色ないほど便利。日本からの直行便も多く、LCCも飛んでいるため往復3万円でいけちゃうことも!

ターラック

tarlac

基本情報へ

ターラックは、首都マニラとバギオの中間に位置する田舎の地方都市。中心部には大型ショッピングモールもあるため、、小さいながらも生活に必要なものは一通りそろえることができます!

留学ワーホリ記事

ARTICLE

バギオに関連する記事

留学体験談

EXPERIENCES

バギオの留学体験談

留学ワーホリ・紹介可能な語学学校

SCHOOL

バギオの語学学校

MORE

留学ワーホリ・紹介可能な国を知る

COUNTRY

MORE

まずはお気軽にお問い合わせください

留学ワーホリ情報をお届け

lineLINEで資料ダウンロード

お電話でのお問い合わせはこちら

0800-080-9800

月-金 9:30-18:00 / 土 9:30-17:00

 ページトップへ
まずは無料カウンセリング line   で資料ダウンロード