私だけの留学・ワーホリスタイル グローバルダイブ

留学ワーホリ記事Article2019.02.08

【バギオ留学!留学生が徹底まとめ】基本情報/必需品/治安状況/物価/ATM/買い物/交通/レストラン・カフェ/観光スポット

皆さんこんにちは!フィリピン・バギオの『PIA校』に在籍しているGlobal Dive 留学アンバサダーの鈴木龍星です!今回、私はフィリピン・バギオ留学の魅力についてご紹介させていただきます!この記事は、使っている写真のほとんどが【自分で撮ったバギオ留学中の写真(70枚以上)】で、内容も【実体験を元にしたリアルな情報(8000文字弱)】になっています……!!最後まで読んでいただき、結果、皆さんがバギオ留学について少しでも興味を持ってくれたならとっても嬉しいです。

PR

https://global-dive.jp/about/working_holiday/

フィリピン・バギオの場所、気候・服装、必需品は!?

時差

日本との時差は-1時間(現地が正午の時、日本は13時)

アクセス

バギオは、フィリピンの首都マニラから車で約5時間北上したところにある、山の麓の海抜1520㍍の都市です!

気候

最高気温25℃、最低気温8℃(2/1現在)

朝晩は冷え込むため、冬服は必須!

山の麓の都市であるバギオは日本でいう初秋くらいの気候で過ごしやすい天気。しかし、朝晩はすごく冷え込みます!そのためバギオ留学の際は、日本から上着や長ズボンを持っていくのは必須です。

私は冬服を持っていかず大失敗!

ちなみに実際に私が、冬服の用意が十分ではなかったため大失敗した一人です。Global Diveのチュクディさんから、バギオ留学の気候のことは聞いていたものの、セブ留学のあの暖かさを経験していた自分は「とはいえ、フィリピンだから日本より暖かいだろ~」と油断してしまったのです(汗)

そしてバギオに到着してみると本当に寒くて後悔しました。特に、12月~2月いっぱいは冷え込むみたいですね。というわけで、私はバギオ到着後に冬服を買うはめになってしまいましたので、みなさんはお気をつけくださいね!!

バギオ留学では、市販薬、虫刺されグッズ、冬服は必須アイテムです!

私は12月-2月でバギオ留学していますが、朝晩と日中の気温差や環境などで体調崩したり「咳が止まらない!」っていう人が留学生、先生の中で増えています!私も2週間くらい咳が止まりませんでした。

なので日本から咳止め、風邪薬、アレルギーの薬、トローチなどなど薬もぜひ持参して下さい。もちろん虫刺されグッズも必須です!(特に暑い所に行く人!)

治安良さフィリピンNo.1のバギオ!注意点は!?

フィリピンの都市の中で、バギオは1番と言っていいほど安全と言われていますが、一応フィリピンは海外なので最低限気をつけなければならない事を紹介します!

 

【1】学校内での注意点

私の周りでは、特に「何が盗られた!何がなくなった!」とかはなかったですが、聞いた話ですと過去には「お金がなくなった!化粧品やドライヤーなどがなくなった」といったことがあるみたいです。

とりあえず、「語学学校内は大丈夫だろ~」と油断するのではなく、盗られてしまうこともあるのだと認識し十分に気をつけなければなりません。語学学校にロッカーはあるのですが鍵はかけられないので、バギオ留学時は日本から南京錠やチェーンロックなどを何個か持っていくのも良いと思います!

大きな現金などは語学学校のフロントで預かってもらう事も可能みたいです。

 

【2】学校近辺での注意点

語学学校の近くにはコンビニやカフェ、公園などがあって、バギオ留学中の生徒だけではなく地元の人も集まってきます。ここでも、私の周りでは特に「酷い目にあった!」などの話は聞きませんが過去には「財布、お金を取られた」などもあったみたいです。

財布をチェーンなどでズボンに繋いでおくのも良いかもしれません。

バギオは治安がいいとはいえ、海外であることを忘れずに!

バギオ留学中は、以前のセブ留学で経験した時ほど「現地人から何か要求された!」「ストリートチルドレンのアプローチが激しい!」というは特にありませんでした。夜も街中を1人で歩いて帰れるくらい治安がいいです!

でも、ここは日本ではなくやっぱりフィリピンです!海外です。何かあったら取り返しつかないし、対処も上手いことできません。

自分の身は自分で守る!貴重品管理をしっかり行う!──勉強も遊ぶのも大事ですが1番大事にしないといけないのはこの点だと思います。海外では常に気をつけましょう。私もバギオ留学の残り1ヶ月と2週間、十分気をつけていきたいと思います!

 

【3】バギオまでの経由地「マニラ」では最大限の注意が必要!

バギオ留学は安全と言われていますが、フィリピンの首都マニラはやっぱり危険です。バギオ留学する際は、マニラ空港からバギオに来ると思いますが絶対注意が必要です!

実際に、私の友達が本当に騙されていました。「ごちそうするから街中で一緒に飲まない?ご飯食べない?」などと甘い言葉で誘われて、ついていき起きたら朝、隣には知らない女が!? どうやら昨晩に何らかの物に睡眠薬を入れられたみたいで、カードからはお金を引き落とされたうえ、その後「一緒に寝たから」との理由で高額な物を支払わされて、お金を騙し取られたみたいです!

怖いですよね……。ネットで調べても、単純に持ち物を盗られるよりそういう悪質なケースの方が多いみたいです!だから皆さん、マニラでは最大限気をつけましょう。

バギオの物価はセブより安い!

通貨

フィリピン・ペソです!(表記はPHP)
現在の為替レートで約P1(¥2.08円)。

物価

バギオはセブより物価が安い!

セブでは『SMモール』『Jモール』などのショッピングモールが、たくさんあります。しかし、リゾート都市である分、小物やその他の物の物価も比較的高いです。その点、バギオ留学にも『SMモール』が市内にあるのですが、セブと比べると食材などの値段も少しだけ安くなっているので、そこは魅力ですね!

バギオにあるカフェは、セブより20%安い!

また、バギオにはカフェも沢山あってお洒落で質が良いです。セブのカフェと比べると20%近く安いんじゃないかと思います。バギオなら大体、アメリカンコーヒー1杯でP80(¥166)です!

ATMはどこにある!? 使い方は?

皆さん、海外に行くと「口座からお金下ろす時どうするの?」っていう人いると思います!ここでは、フィリピン・バギオの『PIA校』から一番近くにあるATMの場所と、ATMの使い方をご紹介します!

ATMの場所

PIA校メインキャンパスから1番近いのが『ニュータウン・プラザ・ホテル(Newtown Plaza Hotel)』のそばにあるATMです。ホテルの中ではなく、ホテル手前のレストランがある通り沿いにあります!他には、『SMモール』の1階です。

路上にもATMはありますが、機械が古くて「カードが吸い込まれたまま取り出せない」というリスクがあるので使わない方が良いと思います。銀行の中にもATMはもちろんありますが、カード会社(VISA/Mastercard/American Expresses)などの対応可否を確認する必要があります。

ATMの使い方

操作方法についてご紹介いたします。

  1. カードをATMに挿入(カードによって向きが違うことがあるので確認)
  2. 暗所番号4ケタ入力(PIN)
  3. 取引(トランザクション選択)(cash with drawal/with drawal)
  4. アカウント選択“Credit”を選択
  5. 金額入力値段を選択してボタン押すときもあれば、金額を入力する場合もあります!(入力する際桁を間違えないように注意)
  6. 手数料の確認「P250(約500円 2/4現在)の手数料かかます。」という表示がでるので”YES”を選択
  7. 確認画面内容を確認
  8. 現金、レシート受取受取忘れないように!(レシートは万が一の場合に必要なので、必ず取っておくこと)

 

おすすめなのはプリペイド方式の海外専用トラベルプリペイドカード

私が使っているのが上記のカードで、お金をチャージして使う形式です。海外でお金も引き落とせて、カードでの支払いもできます!(ただしクレジットカードではありません)。

そして今は、どれもネットで残高確認、振込、入金もできちゃいます。皆さんこの存在を知っていましたか?私は知りませんでした!(←担当のチュクディさんに教えてもらうまで)。プリペイド方式のカードは確かに便利で、大体どこの国でも使えるので良いなと思います!

バギオ留学でよく利用する交通手段は!?

【1】タクシー

もちろん、バギオでは、Taxiの初乗り価格もセブより安いです!

  • セブ :P40(¥83)
  • バギオ:P35(¥71)

くらい違います!初乗りが¥100切るだけでも安いのに、さらにバギオは安いです。

 

【2】ジプニー

P8(¥16)で乗る事が出来ます!どこへ行っても、どこで降りても、同じ値段です!

ジプニーの乗り方

ただし、ジプニーは乗り方が難しいです。道には沢山走っているのですが、自分が行きたい場所と全く違う方向に向かう事があるので乗る前に確認が必須!

コツとしては、ジプニ―は大体大通りを真っ直ぐに走って行くので、直進した際に目的ににぶつかりそうな道まで出てきてからジプニ―に載ると大丈夫かなと思います!taxiみたいな感じではなく区間的公共バスみたいなイメージです。

ジプニーの降り方

あと、乗客が満員だとこちらが乗りたそうにしていてもスルーされます!(笑)ジプニ―を降りる時は(1)車内の天井を叩いて音を鳴らして降りるか(2)タガログ語で”para”パラとドライバーに言って降りるかです!

バギオ留学中に安く買い物するならここ!

例えば、私のように「冬服を持ってこなかった!安い服を買う必要がある!」という、あなた✌偽物や古着でも全然オッケーていうのであればバギオ留学中はここに行きましょー!

【1】パブリックマーケット

バギオの市場です!朝、10:00くらいから本格的に開きます。市場には食材などがところ狭しと並んでますが、衣服も沢山安く売られてます!

例えば、Tシャツ1枚がP20(¥46)。
ブランド品の掘り出し物もあるかも!?上手く交渉すれば安く買うことができるかもしれません。

 

【2】ナイトマーケット

毎週夜にやっています!日本でいうフリーマーケットみたいな所です。ここでは沢山の人達が服や靴、下着、おもちゃ、お土産品など色々と売っています!だけど、何を買っても全然安いのがバギオのすごいところ。

それに、屋台も沢山出ています!ちなみにここでは、あの有名な『バロット(孵化直前のアヒルの卵を加熱したゆで卵)』を食べることもできますよ(笑)卵で雛になる前くらいの状態のフィリピンフードで、見た目は悪いですけど、味は…酢をかけると美味しいみたいですよ…。値段は、1個P30(¥69)です。

バギオ留学中にぜひ行って欲しいレストラン5選

【1】Amare La Cucina

ピザ食べたい!学校から近いとこでお酒を飲みたい!っていう方は、是非隣のアルベルゴホテルの中にある*Amare La Cucinaに行ってみてください。

イタリアンピザを窯でちゃんと焼いていて、かつ焼きたてのピザを食べられます!

 

【2】GRUMPY JOE

Amare La Cucinaの他のピザ屋で、おススメなのが”GRUMPY JOE”です!ここはAmare La Cucinaよりももっと安いですけど本当に美味しかったです!

小さいサイズでP250(¥750)、大きいサイズは、P700前後(¥1610)くらいします!現地の先生達もよく行くみたいです!

 

【3】Red Lion

飲みに行きたい方はRed Lion(レッドライオン)へ!ここは朝方まで営業していて、しかも安く飲めます!

Sam Migel(フィリピンのビール)1本あたりP70(¥161)!!!  外国ビールだとP100(¥230)くらいしちゃうものの、それでも本当に安すぎる!!お酒好きにはたまらんです!(笑)

さらに!最近、PIA校のすぐ近くに移転したので行きやすくなり、バギオ留学生がよく週末に集まります!

 

【4】Baguio Craft Brewery(バギオ クラフト ブルワリー)

本格的な生ビールを飲みたいなら、Baguio Craft Brewery。ここは生ビールを作っている所で約18種類のビールが飲めます!甘いのからアルコール度数が高いものまで並んでいます。

そして、私のオススメは”Massageina Bottle“!黒ビールが好きなので、味はちょっと渋めですけど美味しかったです!

ビールの価格はP180-230(¥414-529)くらいです。日本とはあんまり変わりませんね!1つが750mlくらいはあるかなと思います!ですので2、3杯くらいで丁度良いくらいかなと思います!(笑)

もちろん、メニューは食べ物もあってステーキは炭火でちゃんと焼いてくれるので本当に美味しいかったです。

このレストランはあんまり現地の人は来なく、私たちみたいなバギオ留学生や観光、旅行で来る人が多いです。先生にこの店のことを聞いても分かりませんでした。

 

【5】The Farmer’s Daughter Restaurant

フィリピン料理を堪能したかったら”The Farmer’s Daughter Restaurant“!ここは内装もお洒落で美味しくて有名です!

語学学校のPIA校からは少し離れていますがTaxiで約20分くらい。タクシー代にしてP250(¥575)で、行ける距離だと思います!

P300~400(¥690-920)くらいあれば、大人3人が満足して食べられます。フィリピン料理の中でも有名なのが、sisig(シシグ)!豚の挽肉を醤油、にんにく、唐辛子で炒めた料理で、これは美味しいです!

自習に最適!バギオ留学でのおすすめカフェ5選

【1】Read And Brew Cafe

Read And Brew Cafe(R&B cafe)は、バギオの中で大きいバギオ大聖堂の隣りにあります!ですのでTAXIに乗ってこのカフェに向かう際も「バギオ大聖堂まで!」といえばカフェに行けます。PIA校のメインキャンパスから車で約5分くらい、タクシー代 P80(¥176~)ほどで到着です。

店内はお洒落で綺麗で、本なども置いてあります。

カフェからはバギオ大聖堂を眺められるので全体写真を撮ることができたり、カフェの敷地内にはお土産さんも並んでいたり、標高が高い場所にお店があるのでバギオの街を一望できたりと、ロケーションも抜群です。

メニューの中から、私はアイスコーヒー P110(¥242-)とチーズサンドイッチ P125(¥125-)を注文しました。どちらも美味しくてサンドウィッチもできたてのものをくれました!ちなみに、店内にはwi-fiもあります。通信速度も連絡取れる程度はあると思います!

 

【2】The Coffee Library

このカフェは先程ご紹介したR&B cafeから歩いて5分くらい。SMから10分くらいの所にあります!

フィリピン、ベトナム、イタリアのコーヒーが楽しめて、店内には本もあってゆっくり出来る空間にもなっています。勉強に丁度良い空間かなと思います!

ここでも私が注文したのは、アイスコーヒー P130(¥286-)です。あと、ラテやシェイクなどもデザインが可愛く甘くて美味しいみたいです。友達から「パスタ美味しい!」と聞きました。Wi-Fiもあって普通にネットも使えますよ!

 

【3】Quoted Cafe

Quoted Cafeは、PIA校のメインキャンパスからだと車で約15分、P110(¥242-)。バギオシティ内の大きい公園・バーナムパークからだと車で約5分、P50(¥110-)くらいだと思います!

V Hotel の中にあり、このカフェは比較的安いし綺麗でお洒落でWi-Fiも強かったです。ブランチやのんびりしたい時に良いと思います!

私も夕食までの時間つぶしで勉強してて、頼んだのがまさかのサンミゲ!もっと安かったです。暑さとお酒に負けてしまいました(笑)もちろんコーヒーやケーキ、フードも美味しそうでした。ここはバギオの中で1番お洒落で美味しいカフェかなと思います!

 

【4】BEANS TALK

ここはバギオシティ内にあります。PIA校のメインキャンパスから約10分、SMから歩いて約5分くらいのセッションロード沿いのカフェです!

私が頼んだのが、アイスフラッペP130(¥286-)とコーヒーマフィンP70(¥154-)です!コーヒーもパンも美味しくてのんびりできました。店内はカラフルで、テラス席もあって良い所でした!留学生にも人気で、PIAの生徒も結構行くんだとか!

WI-FIもありましたが、皆んな繋げていたからなのか弱かったです!

 

【5】Starbucks

バギオで1番古いStarbucksもおすすめ。それはゴルフ場のCamp John Hay(キャンプ・ジョン・ヘイ)の敷地内にあります。PIA校のメインキャンパスから車で約10分です!

値段は日本より少し安いくらいです!ここはコテージでレトロ感もあって、テラス席もある開放的になっています。バギオにもっともっとお洒落で美味しい可愛いカフェがありますので、もっと周っていきたいと思います!

バギオ留学中に巡りたい観光スポット5選

【1】バギオ市内

バギオには歴史が詰まっていて、日本と関わりが深い都市です!例えば、バギオは、真珠湾攻撃で日本軍が初めての爆撃目標とした場所でもあります。

ケノン道路は、山道からバギオ市内へと続く山岳道路で、アメリカ占領時代に日本からの移民が建設した道路です。

バギオには、慰霊の世界平和の塔などがあり、セブとはまた違って博物館や歴史を感じれる所が沢山あります!

 

【2】サンフェルナンド

バギオから2時間くらいした所にあるのが、サンフェルナンド。サーフィンが大好きな方必見!日中は波が高いので留学生にはおススメできませんが、だからこそサーフィンの方が多く集まるみたいです!

【3】バウアン島

綺麗で、バギオから行ける所です!マニラからなかなか、いけない行けない島にも行けます!

【4】ワンハンドレッド島

綺麗な海はパラワン島だけではない!ワンハンドレッド島も綺麗な所です。

 

【5】コルディリェーラ棚田群

私が最も行きたいのはコルディリェーラ棚田群です!バギオから5時間くらいした離れた所にあります。世界遺産登録にもなっている場所で、まだ見に行けてませんが本当に素晴らしい場所とのことです。

私も、今度チャンスがあった行こうと思っています!天国への階段✌

まとめ

以上、バギオ留学についてご紹介させていただきました!!みなさんにこの記事を通してバギオ留学に少しでも興味を持っていただければ嬉しいです。

PR

https://global-dive.jp/about/working_holiday/

この記事を書いたスタッフ

Ryusei Suzuki

LINE Facebook

鈴木 龍星

Ryusei Suzuki

22歳の時に、Global Diveからフィリピン・セブ留学2カ月へ。その後、オーストラリアへと渡る。タスマニア島での留学を経て、メルボルンやケアンズ、バンダバーグでワーキングホリデーをしながら、オーストラリアに1年間滞在。──「自分は、専門学校を卒業して就職したものの、当時は『なぜ働いているのか』『将来何がやりたいか』が分からなかった。そんな中、ワーキングホリデーの存在を実の兄から教えてもらい、背中を押してもらったことで、英語力ゼロだった自分が海外へチャレンジできた」。現在は、留学生の立ち場から現地レポートやノウハウ記事を届けてくれている。

MORE

この記事に関連するタグ

バギオに関連する記事

留学ワーホリ・紹介可能な国を知る

COUNTRY

フィリピン留学費用のお見積り

1週間 59,700円 〜 166,400円
2週間 82,950円 〜 255,452円
4週間 129,450円 〜 452,952円
8週間 184,810円 〜 889,784円
12週間 337,870円 〜 1,334,597円
16週間 433,465円 〜 1,768,669円
20週間 528,765円 〜 2,202,741円
24週間 614,813円 〜 2,636,813円

お見積り金額は、航空券・海外保険・現地でのお小遣い費用をのぞいた入学金・授業料・教材費・滞在費・食費・ビザなどの留学で必要な費用"すべて"を含んだ金額です。

留学ワーホリ・紹介可能な語学学校

SCHOOL

フィリピンの語学学校

まずはお気軽にお問い合わせください

留学ワーホリ情報をお届け

lineLINEでお友達に追加する

お電話でのお問い合わせはこちら

0800-080-9800

月-金 9:30-18:00 / 土 9:30-17:00

 ページトップへ
まずは無料カウンセリング line   でお友達に追加する