留学・社会人留学ならグローバルダイブ

MANILA

マニラ留学の基本情報

マニラの留学の3つの魅力

1成長が止まらないフィリピンの首都・マニラ!

マニラは近年、多くの大きなショッピングモールなどに加えて、総合型リゾートも続々登場中。日本の会社もマニラに進出しているなど、国際的なフィリピンの首都です。

2フィリピンの歴史を感じられる国!

フィリピンは、スペインやアメリカからの統治をうけていた国。そのため、首都・マニラでは、街の至る所にスペインとアメリカ、そしてフィリピン伝統の建物や雰囲気を感じることが出来ます。

3日本からのアクセス良好!安い時には往復3万円

マニラは日本からフィリピンに行くときに最もアクセスの良い都市です。羽田や成田空港からだけでなく、関西空港や福岡空港からも直行便が飛んでいます。なかには格安航空もあるため、安い時には往復で3万円以下の時もありますよ!

現地取材したカウンセラーのコメント

木村 太一

フィリピンの首都マニラ。大都会と歴史的建造物、自然が共存する不思議な街です。日本の企業も、続々とマニラに進出しており、今東南アジアの中で注目されている街の一つでもあります。都心部は日本と変わらないほど便利な環境が整っており、マニラに行くたびに「変化」を遂げており、その発展の速さにはいつも圧倒されます。また、マニラ湾の夕日は世界三大夕焼けの一つでもあり、ぜひ一度見ていただきたいスポットです! 最後に、個人的には、マニラにはラーメン屋が続々と増えており、マニラ留学中は美味しいラーメンをいつでも食べることができるのがうれしいポイントです(笑)

基本情報

マニラは、別名「東洋の真珠」!フィリピン最大の国際都市で、日本と遜色ないほど便利。日本からの直行便も多く、LCCも飛んでいるため往復3万円でいけちゃうことも!

正式名称 メトロ・マニラ(Metro Manila)
フィリピン共和国(Republikañg Pilipinas)
マニラ首都圏
人口 178万人
公用語 フィリピン語、英語
通貨 フィリピンペソ
電圧 100-240V
ワーホリ可否 不可

アクセス・時差

・アクセス 東京・名古屋・大阪・福岡からマニラへ直行便があります。2018年10月より、札幌からも直行便が就航予定です。直行便であれば、所要時間は4~5時間でマニラに到着します。 ・時差:-1時間

治安

マニラのローカルエリアでは、スリなどの犯罪に巻き込まれる可能性が高いので、「貴重品はカバンの奥に入れる」「鞄のチャックは閉める」「リュックの場合は後ろに背負わない」など最善の注意を心掛けましょう。

物価

目安としてよく言われているのが、フィリピンの物価は日本の約3分の1!物によっては日本とそんなに値段が変わらない物もあるのですが、ほとんどのものが日本の物価と比べるととても安い。例えば、タクシーの初乗り代金は40ペソ(約100円)で、1時間程乗っても1000円いかないくらいの値段。セブンイレブンなどで飲めるコーヒーも、一杯約20ペソ(約50円)ほどで日本の約半額!出費を抑えての留学が可能ですよ。

食事

・ハロハロ (デザート) タガログ語で「ごちゃまぜ」という意味のハロハロ。紫いもでココナッツ風味のアイスやフルーツ、ゼリーやかき氷などを載せた彩り豊かなデザートになります。具はお店によっても異なりますが、いろんなハロハロを試して自分好みのものを見つけてくださいね! ・レチョン 豚の丸焼き。フィリピンの代表する名物料理。 ・シシグ シシグは細かく切った肉をニンニクなどと一緒に炒めた料理。 ・アドボ 鶏肉を煮込んだフィリピンの有名な家庭料理。 ・ジョリビー フィリピンの有名なファーストフード店。マクドナルドは世界のどこへ行ってもハンバーガーのシェア率No.1ですが、世界で唯一フィリピンだけマクドナルドがシェアをとれないことで有名です。それくらいジョリビーが愛されています。フィリピンに行った際にはぜひ試してくださいね!

交通事情

・タクシー ・ジプニー(乗合バス) ・電車 基本的にはタクシー移動がベスト!(乗合バス、電車は常に人混みで、スリなどに合う確率が高いため)ただ、メーターが回っているかしっかり確認してから乗車しましょう。初乗りは40ペソ~です。

観光スポット

・モールオブアジア 世界で4番目に大きいショッピングモール。1日に約20万人が訪れるモールオブアジアには、ショッピング以外にも映画館やスケートリンクなどもあり1日で回り切ることはできない規模になっています。 ・マニラ大聖堂 フィリピンがスペインに統治されている時代の1571年に、建設された世界遺産に認定されている教会です。壮大な建物と虹色のステンドガラス、数々の展示物があり、フィリピンの歴史を見てみたい人におススメです。 ・マニラ湾 世界三大夕焼けの1つに選ばれたマニラ湾。自然で見る夕陽も魅力ですが、ホテルのバーでトロピカルなムードと共にその美しさを楽しむこともできます。

英語環境

現地の方同士の場合はフィリピン語を喋られる方が多いのですが、英語も公用語になっているため、スーパーやレストランのメニュー表記は英語になっています。地元の方にも英語でコミュニケーションが取れます。

その他

・気候 年間を通して平均気温が約29度 <雨季>5月-11月 平均最高気温:26~31度 平均最低気温:23~26度 <乾季>12月-4月 平均最高気温:25~28度 平均最低気温:22~25度

ビザ情報

観光ビザ

フィリピンへ留学する場合、事前にビザを用意する必要はありません。観光ビザ(日本人であればビザなし渡航)で入国すれば30日間は滞在可能になっています。 その際に、気をつけて欲しいことが(1)パスポートの有効期限が滞在期間+6ヵ月以上あること(2)有効な往復航空券(往復でなくてもフィリピンを出国する航空券)を持っていること。 入国後に、語学学校がSSP(特別就学許可証)の手続きをしてくれます。8週間以上の留学で、ACR(外国人登録証)が必要になりますが、それも全て語学学校が手配してくれます。

留学費用のお見積り

フィリピン留学費用のお見積り

1週間 59,700円 〜 156,640円
2週間 82,950円 〜 224,830円
4週間 129,450円 〜 343,020円
8週間 184,810円 〜 644,152円
12週間 337,870円 〜 949,585円
16週間 433,465円 〜 1,247,267円
20週間 528,765円 〜 1,544,949円
24週間 621,465円 〜 1,842,562円

もっと詳しく見る

都市情報

セブ

CEBU

基本情報へ

セブは、欧米とアジアの文化が融合したリゾート都市!日本からは直行便があり、4時間30分とアクセス可能。栄えた都市で暮らしながらも、少し足を伸ばせば綺麗なビーチも楽しめます!

クラーク

CLARK

基本情報へ

クラークは、別名「リトル・カリフォルニア」と呼ばれる注目度No.1エリア!元米軍基地のあった場所のため、語学学校にはネイティブ講師が多数在籍しています。

イロイロ

ILO ILO

基本情報へ

フィリピンで住みやすい街No.1!「愛が溢れる街」イロイロは、フィリピンでも経済急発展中の都市。治安がよく、フィリピン代表するビーチ「ボラカイ」へのアクセス良好です!

バギオ

BAGUIO

基本情報へ

フィリピンは1年中暖かい南国ですが、バギオは避暑地で涼しい。朝晩は長袖が必要なほど。「暑いところが苦手」「TOEICなど試験対策で留学したい」という方はバギオ一択です!

バコロド

BACOLOD

基本情報へ

「微笑みの街」バコロド。田舎のため周辺観光地は少ないですが、治安がよく、人の温もりを感じられるのが魅力。新たなフィリピンの留学先として人気です。

マニラ

MANILA

基本情報へ

マニラは、別名「東洋の真珠」!フィリピン最大の国際都市で、日本と遜色ないほど便利。日本からの直行便も多く、LCCも飛んでいるため往復3万円でいけちゃうことも!

留学ワーホリ記事

ARTICLE

マニラに関連する記事

留学体験談

EXPERIENCES

マニラの留学体験談

留学ワーホリ・紹介可能な語学学校

SCHOOL

マニラの語学学校

留学ワーホリ・紹介可能な国を知る

COUNTRY

MORE

まずはお気軽にお問い合わせください

留学ワーホリ情報をお届け

lineLINEでお友達に追加する

お電話でのお問い合わせはこちら

0800-080-9800

月-金 9:30-18:00 / 土 9:30-17:00

 ページトップへ
まずは無料相談 line   でお友達に追加する