留学・社会人留学ならグローバルダイブ

MELBOURNE

メルボルン留学の基本情報

メルボルンの留学の3つの魅力

1世界で最も住みやすい都市No.1

英誌エコノミストが毎年発表している「世界で最も住みやすい都市」ランキングに7年連続で首位を独走中なんです。街の安定性、医療、文化、環境、教育やインフラ等の項目をもとに「住みやすさ」を数値化してランキングにしているのですが、メルボルンは7年連続で首位!街中を走っている路面電車は中心部であれば乗車無料!移動がすごく楽ですし、コンパクトにいろいろなものが揃っていて便利ですよ。

2ガーデンシティ・メルボルン!

メルボルンは、オーストラリアで2番目に大きい都市。街中にはヨーロッパを連想させる建物がたくさんあり、さらには自然も身近にあります。公園がたくさんあるので、留学中には気晴らしに散歩するもよし、友達とピクニックするも良し、ジョギングするも良し♬ 街中にリラックスする場所があるって素敵ですよね。「住みやすい!」と支持されている理由も分かります!

3街に根付くカフェ文化!

とにかくメルボルンはカフェ文化がすごく盛ん!街の至る所にお洒落なカフェがあるのですが、どこのカフェも外れがないんです!そのカフェのレベルの高さは、スタバも撤退せざるを得なかったほど。食事も取れるカフェも多いです。メルボルン留学中は路地裏の隠れ家的カフェにて読書しながらコーヒーを嗜む──なんていう過ごし方も素敵♬

現地取材したカウンセラーのコメント

佐藤 遥

メルボルンは上記では書き表せないくらい魅力がぎゅっと詰まった街ですが、視察して感じたのは「とにかく活気のある街」ということ。カフェ文化だけでなく、若手デザイナーのおしゃれなお店や、ストリートアートなどの芸術も盛ん♬ メルボルン留学では、多種多様な人々がいろんなことに挑戦している姿から刺激を得られます。

基本情報

世界で最も住みやすい都市ランキング、7年連続1位──メルボルン。芸術とスポーツの街、ヨーロッパ調の雰囲気を色濃く残すお洒落な都市!

正式名称 メルボルン(Melbourne)
オーストラリア連邦(Commonwealth of Australia)
ビクトリア州(Victoria)
人口 482万人
公用語 英語
通貨 オーストラリアドル
電圧 220V-240V 0型 ハの字型のプラグ
ワーホリ可否 可能

アクセス・時差

・アクセス 日本からメルボルンへは、直行便であれば所要時間は約10時間。成田空港からはカンタス航空とJALが、メルボルンへの定期便を運行しています。他の航空会社になるとアジアの主要都市にて乗り換えが必要になってきますが、所要時間は平均で13~15時間程です。 ・時差 時差は+1時間。 サマータイム(3月末~10月末)は+2時間。

治安

メルボルンには、特別に危険という地域はあまりなく、比較的に治安は良い方に入ります。 ただし、街中の中心地のナイトクラブの多い地域となるキングストリートやクィーンストリートを夜間歩く際は注意が必要。さらに、メルボルン郊外・北西部も注意が必要な地域で、セント・アルバンズは注意地域の一つです。

物価

他のオーストラリアの都市と比べると家賃やその他日用品等の物価が少し割高。メルボルンは、オーストラリアで2番目に大きい都市!人口はシドニーを抜いて一番多いためです。なので、メルボルン留学を希望する方は余裕を持って資金を用意しましょう。

食事

メルボルンの一番のおススメは何といっても街中至る所にあるお洒落なカフェ!オーストラリアのコーヒーの首都なだけあってどこのカフェに入っても美味しいコーヒーが飲めますよ!ベーグルやサンドイッチ、トーストやデザートなども一緒に売っているので、ぜひ美味しいコーヒーと一緒に食事を楽しんでくださいね。

交通事情

メルボルンのメインの交通機関はトラム(路面電車)、バス、電車です。特にトラムは街の中心部のいたるところを走っており、街の中心部は無料で利用することができます。ただ、交通機関を利用するには「myki」が必要。mikiとは、バス、フェリー、トラム(路面電車)に使うプリペイドカードのこと。日本でいうSuicaやPASMOのようなもので、1枚6ドルで購入できます。

観光スポット

・グレートオーシャンロード メルボルンからアデレードの間に位置する海岸沿いの街道です。海岸側では12使徒、ロンドン・アーチに代表される奇岩が立ち並び、山側ではユーカリの森、熱帯雨林が広がっています。その絶景ゆえに、世界中からCM撮影の場所として人気の高いスポットとなっています。 ・フィリップ島 メルボルンから車で南東へ約2時間のところにある無人島です。日が暮れる頃に小さなフェアリーペンギンが漁から帰り、群れで行進する姿が人気でペンギンパレードと呼ばれています。1度に1000匹ほどの大きな群れになることもあります。

豆知識

・一日で四季を感じられる!? メルボルンは一日の中での気候の変動が激しいため、一日で四季を感じられる都市とも言われています。メルボルン留学へは、どんな天気にも対応できるように衣類などしっかり準備して出かけましょうね!

英語環境

メルボルンをはじめ、シドニーやケアンズなど、オーストラリアの都市部はなまりが強くありません。なので「留学中にオージー訛りがうつるかも……!?」という心配は無用です!

その他

・気候 年間を通して乾燥していることが多く、冬はオーストラリアの州都の中で、メルボルンは一番寒くなります。しかし、雪が降ることはほとんどありません。また、1日の中で気温差が大きくなる事があり、気温の変化が激しい日もあります。1日で四季を感じることの出来る街とも呼ばれているくらい! 夏は雨が少なく、綺麗で真っ青に晴れた日が多くなります。日照時間も長くなり、夜8時でも明るい日が続きます。冬は日照時間が短くなり、雨が急にふるなど天気の移り変わりが激しい日が多いのが特徴です。 <夏> 平均最高気温:27~28度 平均最低気温:18~19度 <冬> 平均最高気温:18~20度 平均最低気温;8~9度

ビザ情報

観光ビザ

3ヵ月以内の滞在が可能!学校には通えるが就労は不可。※ETA(電子渡航認証)の取得が必要!

学生ビザ

3ヵ月より長く学校に通う場合に取得。学校に通う必要があるが20時間/週の就労が認められている。

ワーキングホリデービザ

1年間滞在可能。学校は最長17週間まで。就労は1雇用主の元で半年まで可能。

セカンドワーキングホリデービザ

取得は1年目のワーキングホリデービザの際、政府が認定している季節労働を実働で88日間以上勤務する事が条件。取得できると1年目のワーキングホリで0ビザと同様の条件で2年目のワーキングホリデーでの滞在が可能。

留学費用のお見積り

オーストラリア留学費用のお見積り

1週間 88,780円 〜 179,985円
2週間 132,555円 〜 251,895円
4週間 200,300円 〜 395,715円
8週間 350,750円 〜 683,355円
12週間 498,650円 〜 970,995円
16週間 674,600円 〜 1,311,760円
20週間 107,240円 〜 1,599,400円
24週間 970,400円 〜 1,887,040円

もっと詳しく見る

都市情報

シドニー

SYDNEY

基本情報へ

南半球最大の都市──シドニー。都会と自然が絶妙に融合し、国際色豊か! 一年を通して過ごしやすい気候で過ごしやすい。

メルボルン

MELBOURNE

基本情報へ

世界で最も住みやすい都市ランキング、7年連続1位──メルボルン。芸術とスポーツの街、ヨーロッパ調の雰囲気を色濃く残すお洒落な都市!

ケアンズ

CAIRNS

基本情報へ

留学初心者に安心!豊かな大自然と世界遺産に恵まれた温暖な田舎街──ケアンズ。日本からは7時間半でアクセス可能で、LCC直行便もあって便利!

ゴールドコースト

GOLD COAST

基本情報へ

ビーチ沿いに発展する世界的に人気なリゾート都市──ゴールドコースト! どこまでも続く白浜のビーチは、サーファーの楽園です。

ブリスベン

BRISBANE

基本情報へ

川沿いに発展する年中過ごしやすい気候の落ち着いた学業都市──ブリスベン。各観光地へのアクセスもよく、留学期間中の拠点には最適です。

パース

PERTH

基本情報へ

世界一孤立し、世界一美しい西オーストラリアの都市──パース。落ち着いていて住みやすく、街の人はフレンドリーさ全開です!

アデレード

ADELAIDE

基本情報へ

アデレードは、オーストラリアの南に位置する第5の都市。コンパクトな都市で、日本人は少ないのも特徴です!家賃や物価は、大都市と比べると安め。

サンシャインコースト

SUNSHINE COAST

基本情報へ

綺麗なビーチや岩でできたプールなど、自然を満喫できる街──サンシャインコースト。ゴールドコーストと比べると高層の建築物がなく落ち着いた雰囲気。ローカル感満載のビーチリゾート!

ヌーサ

NOOSA

基本情報へ

オーストラリア人に愛される人気No.1のリゾート地──ヌーサ。ラグジュアリーな大人な雰囲気の街は、日本人が少ないため英語漬けの日々を送れます!

ダーウィン

DARWIN

基本情報へ

アボリジニ文化も色濃く残る、のんびりした街──ダーウィン。世界遺産のカカドゥ国立公園をはじめ、キャサリン渓谷やリッチフィールド国立公園など、大自然を満喫できる環境があります!

エアリービーチ

AIRLIE BEACH

基本情報へ

ウィットサンデー諸島の玄関口で小さな海辺の町──エアリービーチ。世界中から観光客が訪れ、町には活気が溢れています!グレードバリアリーフやハミルトン島へも日帰りでいくことが可能!

バイロンベイ

BYRON BAY

基本情報へ

オーストラリア最東端、世界的にも有名なヒッピータウン──バイロンベイ。オーガニック志向のローカルが集まる街で、ヨガの聖地としても知られています。

タスマニア

TASMANIA

基本情報へ

タスマニアは山と湖、美しい自然に囲まれた島。オーストラリア人が移住したい都市No.1! 日本人が少ないので、ローカルな環境で英語漬けの留学生活を送りたいという方にオススメ!

留学ワーホリ・紹介可能な語学学校

SCHOOL

メルボルンの語学学校

MORE

留学ワーホリ・紹介可能な国を知る

COUNTRY

MORE

まずはお気軽にお問い合わせください

留学ワーホリ情報をお届け

lineLINEで資料ダウンロード

お電話でのお問い合わせはこちら

0800-080-9800

月-金 9:30-18:00 / 土 9:30-17:00

 ページトップへ
まずは無料カウンセリング line   で資料ダウンロード