留学・社会人留学ならグローバルダイブ

留学ワーホリ記事Article2018.10.31

【バックパックの選び方】はじめてのバックパッカーガイド 《その2》

こんにちは!Global Diveの福村です!前回の、初めてのバックパッカーガイド《その1》では、バックパッカーをしようと決めるまで~決めてからまず準備する事を大まかにお伝えさせていただきました。 今回はそのバックパッカーに必要な基本中の基本、自分の全荷物を持って運ぶ大きなカバンの『バックパックの選び方』についてお話をさせていただきます!

自分のバックパックを決める

バックパッカー。その名の通り、「自分の頭より大きく突き出したリュックを背負って旅をしている人」と私も実際自分が旅をするまではそういうイメージを持っていました。なので、必ず必要な自分の全荷物を持って移動するものなのだから、「それは絶対に大きなリュックであるべき!」と思いこんでいました。その考えのまま実際に店頭へ行き私のカバン探しが始まりました!

店頭で選別!問題にも直面

色々な海外の登山メーカに、実際のバックパックを見に行ったり、日本人の体形に合うよう設計された日本の登山メーカーに相談へ行ったりと、出発する4か月前くらいから私のカバン探しは始まりました。

バックパックにもメンズ、レディース、大きさ(主にリットルで表します)、機能性(特に開け口がいくつどこについているかが大切)やカバン自体の重量などとても種類が多く本当に選別するのに悩みます。

そしてたくさん悩んだ末、日本の某有名登山メーカーでとても大型の80リットルのバックパックを購入。その時、自分の体形や背中に合うように調整していただきました。しかし!家に帰って、実際の荷物を詰めてみると、そこでまた大きな問題に直面したのです…。

容量が大きく、荷物を沢山持ち運べるのはいいのですが、自分の体がそれを支えきれないという状態に。脚が産まれたての小鹿のようにフラフラしていました(笑)結局このリュックは「室内での歩行も厳しいのに、持ちながら長期の旅なんて出来るわけがない!」と思い、他の海外メーカーを見に行ったり試し、更に私のカバン探しは続きました。

マイバックパックをついに購入!

その後は、自分の体力、大体の行き先エリア(南米とかアメリカ)、荷物の量、耐久性、機能性、価格など総合的に考慮した後、このような結論に至りました。

主に、この大きな全荷物を持って実際移動するのは、Ato Bの移動、いわゆる空港や新都市の玄関口(A)~  滞在先(B)までの移動のみであり、この荷物を持ってずっと観光したりツアーに参加したりする訳ではないではない。また、今回行こうとしているエリアは都市部も多く道路もアスファルトで、ガラガラと引けるカバンでもいいのではないか。

しかし海外では予想外の事態も考えられるので、完全に鉄のスーツケースではなく、背負って持ち運びも出来るものがいい!と考えアメリカのオスプレーというメーカーから出ている、背負えて転がせるバックパック ソージョンシリーズの60リットルについに決定しました。

後々、調べているとこちらのカバンは最近バックパッカーの定番にもなりつつあるらしく、重い荷物を長時間持ち運ぶのがきついと感じる女性バックパッカーなんかにも、ピッタリだと思います!

まとめ

『はじめてのバックパッカーガイド《その2》バックパックの選び方について』いかがでしたか?

あくまで個人的な意見にはなっておりますが、バックパッカー用のカバン選びは、とても重要なことです!今回のブログも参考にしていただき、自分にあったものを楽しみながら、ぜひ見つけてみてください!

次回は『実際にバックパッカーを体験してみた私の体験談』についてお話しさせていただきます。バックパッカーはもちろん、留学やワーホリに興味がある方!ぜひ、お気軽にGlobalDive福村までお問い合わせください♪

この記事を書いたスタッフ

Nana Fukumura

LINE Facebook

福村 奈々

Nana Fukumura

イギリスのロンドンに留学、ワーキングホリデーで約4年間滞在。その他、カナダに2週間、オーストラリアに半年間、韓国に1年間の短期留学やワーキングホリデーの滞在経験とヨーロッパ、南米、アメリカの世界一周旅行を経験。憧れだけで飛び込んだ海外の世界は本当に山あり谷ありでしたが、それまでの私の人生観を大きく変え成長させてくれました! 今までの海外経験と知識を活かして、これからGlobal Diveのカウンセラーとして、みなさんが素晴らしい海外体験ができるよう全力でサポートいたします!

MORE

この記事に関連するタグ

関連記事

まずはお気軽にお問い合わせください

留学ワーホリ情報をお届け

lineLINEでお友達に追加する

お電話でのお問い合わせはこちら

0800-080-9800

月-金 9:30-18:00 / 土 9:30-17:00

 ページトップへ
まずは無料相談 line   でお友達に追加する