留学・社会人留学ならグローバルダイブ

留学ワーホリ記事Article2018.10.03

【必要な事前準備とは】はじめてのバックパッカーガイド 《その1》

突然ですが、皆さんは世界一周旅行に一度でも夢みたことはありますか?私は「いつか絶対、世界一周旅行に行きたい!」と、10代の頃から思い続けていました。数年後、ついにそれを実現させる機会が訪れ、夢がかなって体験することができましたが、きっとまだまだ同じバックパッカーの夢をもっている方が沢山いらっしゃるのではないかと思います。私も出発前、色んな人のブログや本を読み、沢山イメージを膨らませました。そんな私の体験談が、これから世界一周の旅へ出発する皆さんの手助けに少しでもなればと思いまとめさせていただきました!

国やルートを決める

世界一周旅行の準備方法

まずは、大体のイメージで良いので、旅をしたい国やルートを決めます。決め方としては下記のように様々な方法があります。

ピックアップするもの

  • 行きたい国、街、場所
    (大きく大陸移動などがある場合は、航空券代や移動手段を確認)
  • 行きたいお祭り、イベント
    (例:有名なお祭り、音楽フェスティバル)
  • 見たい自然や自然現象
    (例;オーロラが見たい、ウユニ塩湖の鏡張りの景色が見たい!)
  • その国でやりたい事
    (現地の友人に会う、その時期にしか買えない、食べれない物など)

予算はひとまず置いておいて、イメージしてみてください。細かく決める必要はないです。友達から聞いた話や、インターネットで見た情報、TVでみた場所など何でもいいので自由に洗い出してみましょう!世界遺産を周る旅、一つの決めたテーマの写真を撮る旅、現地の友人を作る旅などの『旅のテーマ』を決めて周るというのもいいと思いますよ!

そして、もし出発時期を自由に決めれるようであれば、これらを総合的に踏まえて時期やルートを決めます。もちろん旅の途中で予想外な展開になる事もありますが、こうしてイメージを膨らませ始めた時点で大きな第一歩と言えます!

また、中にはせっかくの自由なバックパッカーの旅なのだから、全くの無計画で旅立つというのも色々なドラマがあって面白いと言えば面白いです。ですので、これはあくまで一つの方法として参考にしていただければと思います。大体のルートが決まれば、次は最初の国~2,3か国目くらいまでは基本的な情報(言語、治安、通貨、気候など)をリサーチし始めておくのもいいと思います。

予算をチェック

次は、気になる予算のことをお話いたしますね!大体の国やルートは決めたものの、旅行中は収入がストップしてしまうという方が一般的。(ブロガーや有給が出る人は別ですが・・・)よく、「どのくらい貯金をしていったらいいですか?」という質問を受けることがありますが、こちらは【行く期間】【ルート】【国】【参加したいイベントやツアー】によって大きく変わります。

個人的に、大体120万~200万程があれば、半年以上はバックパッカーできるかなと思います。なので、まだ未計画の方はそのくらいの貯金を目指されるのがいいかと思います。

ちなみに私は、3大陸12か国30都市を5ヵ月間で周りました。出来るだけ、極貧旅行は避け2/3以上は飛行機移動、安価でも個室のホテル、三食ご飯も食べて、ショッピングやツアーも楽しみましたが、終えてみると約120万程使いました。私も出発前はいくら貯金していいか分からず、とりあえず150万くらいは必要かな?と思い貯金をしていきました。なので、まずは期間やルート、国などを決めることで予算がみえてくると思いますよ!

ビザが必要な国かチェック

基本的に、日本のパスポートでの入国は事前にビザ申請不要の国が多いですが、いくつかの国は事前に観光ビザ申請をしてからでないと入国できない国もあります。

観光ビザ申請方法

  1.  日本で事前に申請していく。
  2. その国に入国する1つ前の国で申請する。

このどちらかになります。どちらもメリット・デメリットがあるのでご紹介したいと思います。

 

メリット デメリット
1 日本でビザ申請 日本語で申請できるので、安心。 丁寧なぶん、時間がかかる。
2 入国する一つ前の国で申請 簡易的で素早く、スムーズ。 やり取りが複雑。移動時間がかかる。

 

1の場合、やり取りはすべて日本語で出来るので、不安はないですが、デメリットとして一般的に日本での申請はとてもきちんとしていて時間がすごくかかると言われています。また、出発後、気が変わりルート変更したくなっても、その国のビザを取ってしまっていると行かないと無駄になってしまうという点です。※入国しなければいけない義務はないですが、ビザ申請に費用が掛かっている場合もあります。

2の場合は、国によっては日本よりも簡易的で素早く手続きしてくれる場合もありますがやはり、やりとりが複雑だったり大使館まで行かなくてはいけなかったりというのが通常です。この申請方法の場合はその移動時間を踏まえ、余裕をもった行動する事が大切です。旅のスケジュールを考え、自分に合った方法で申請をしてくださいね!

予防接種が必要かチェック

ヨーロッパ諸国やアメリカ、アジア圏は予防接種を受ける必要がない国がほとんどとされていますが、アフリカ諸国や南米諸国を回るのであれば、予防接種を受けていかれることを強くお勧めいたします。行く国によって、受けるべき注射の種類が違うため、ルートが決まればすぐに病院も予約するようにしてください。

その注射の種類によって、何度か受けないといけない場合があったり、限られた病院でしか受けられなかったり、都心だと予約が取れなかったりということもございます!また、過去に受けたことのある予防接種の有無によっても変わってきます。予防接種は自費になりますので、費用を抑えたいという方はまずは物価の安い国に入国し、予防接種を受けてから移動するという方もいらっしゃるようです。しっかりと確認をして、備えるようにしましょう!

出発する日を決める

いよいよ、出発日を決めましょう!日本での仕事やその他手続き、航空券の価格、予防接種の日程、旅先でのやりたい事によって、出発の時期が左右されると思います。もし決め手に欠けるという時は、荷物を減らすという意味で、夏を追いかける旅にすると荷物が少量で済みます!(例:日本を春先に出発~秋頃まで北半球を周りその後は南半球もしくは赤道付近の国へ移動など)

出発日が決まれば、後は数か月間は『自分の家』とも言える、マイバックパックの調達と、持ち物の選択に入りますよ~!!

まとめ

少しでもバックパッカー出発へのイメージができたでしょうか。まだまだ準備することは沢山あるのですが、バックパッカーをするにあたって最低限必要な準備を今回の記事でお話しさせていただきました。次回も、引き続きバックパッカーに出発する前の準備について私の体験談を交えてお話しさせていただきます!ぜひ、参考にしてみてくださいね!
そして、「次回記事が待ち遠しい!バックパッカーについてもっと知りたい!」というあなた。ぜひお気軽にGlobalDive福村までお問い合わせください♪

この記事を書いたスタッフ

Nana Fukumura

LINE Facebook

福村 奈々

Nana Fukumura

イギリスのロンドンに留学、ワーキングホリデーで約4年間滞在。その他、カナダに2週間、オーストラリアに半年間、韓国に1年間の短期留学やワーキングホリデーの滞在経験とヨーロッパ、南米、アメリカの世界一周旅行を経験。憧れだけで飛び込んだ海外の世界は本当に山あり谷ありでしたが、それまでの私の人生観を大きく変え成長させてくれました! 今までの海外経験と知識を活かして、これからGlobal Diveのカウンセラーとして、みなさんが素晴らしい海外体験ができるよう全力でサポートいたします!

MORE

この記事に関連するタグ

関連記事

まずはお気軽にお問い合わせください

留学ワーホリ情報をお届け

lineLINEで資料ダウンロード

お電話でのお問い合わせはこちら

0800-080-9800

月-金 9:30-18:00 / 土 9:30-17:00

 ページトップへ
まずは無料カウンセリング line   で資料ダウンロード