私だけの留学・ワーホリスタイル グローバルダイブ

留学ワーホリ記事Article2020.02.17

【オーストラリアワーホリ】現地に到着してからやることリスト!銀行開設やタックスファイルナンバーについて

こんにちは!アンバサダーの湯沢です! 今回はワーホリでオーストラリアに到着してから自分がおこなった手続きについて自分の経験を元に紹介していけたらと思います!

PR

https://global-dive.jp/about/working_holiday/

【オーストラリアワーホリ】オーストラリア到着前にするべきこと

海外ワーホリ保険の加入

オーストラリアへワーホリにいく前にするべきことその1。それは「海外ワーホリ保険」に加入することです!

海外ワーホリ保険の加入はインターネットで探すとすぐ出てきて手続きも簡単です。ワーホリ中の保険加入はおそらく任意だと思うのですが事故に巻き込まれたりする可能性もゼロではないのでできるだけ加入しておいた方がいいと思います。

オーストラリアは年中熱いイメージですが、実際は夏であっても35度を超えていた日の次の日にいきなり10度ほど気温が下がる、とわけのわからない気候をしているので風邪で体調を崩してしまう可能性も高いです。

現にワーホリで来ていた自分の友達もオーストラリアで風邪をひいてしまい熱が38度近くにまでなってしまっているのに保険に加入してなくて病院に行けずにいました。ただ、一応現地にきてから加入できる保険もあるみたいです。

少し無駄話なのですがオーストラリアに三年間滞在している友達がコンストラクションの仕事の途中怪我をしたらしく保険を使って病院に受診に向かったら明らかに患部が腫れているのになんの処置もなくただ塗り薬だけ渡されたと言っていました。

国外運転免許の取得

オーストラリアにワーホリで来るのであれば、国外運転免許の取得をオススメします。

自分は免許を持っているのですが、ペーパードライバーなので運転する機会があってもできないと思い国外運転免許証はせずにオーストラリアにワーホリしてしまいましたがしておくべきだったと後悔しました。

オーストラリアの現地でも取得できるのですがすごく手間がかかり断念してしまいました。

ちなみになぜ国外運転免許を取得せずに来て後悔したかというと現地でUber eatsに登録して働こうと思ったのですがドライバーライセンスが必要でその際に国外運転免許を要求されました。

本籍地の記載された戸籍標本の取得

オーストラリアへワーホリにいく前に本籍の記載された戸籍謄本を取得しておくとと役に立つ時が来るかもしれません。

なぜ戸籍標本を万が一のために取得しておいた方がいいと思ったかというとほとんど有り得ないですがパスポートをなくしてしまった際再発行をもしもオーストラリアで行う場合に必要になるからです。(6ヶ月以内に取得したもののみ)

恥ずかしい話ですが自分はパスポートを現地で財布と一緒に盗まれてしまい持っていない状態で3ヶ月も過ごすことになってしまいました。

パスポートがないと帰国できないばかりか州を移動もできないといろいろと面倒なので皆さんも無くさないように気をつけてください!!

友だち追加

>メールでオーストラリア・ワーホリについて相談してみる

【オーストラリアワーホリ】オーストラリア到着後にするべきこと

現地で銀行口座を開設

自分がワーホリにきて最初にやった手続きはオーストラリア現地の銀行口座開設でした!

オーストラリアには代表的な銀行が4つほどあるらしく、自分はその中でホームステイ先の人にオススメされたコモンウェルス銀行(CBA)で口座を開設しました!

手続きの際に要求されたのがマイナンバーとパスポート、それからvisaのコンディションが記載されている書類でした!

visaのコンディションが記載された書類というのはワーホリvisaの申請が終わった時に送られてきた immigrant noticeという名前のpdfファイルで自分は印刷せずに口座開設に向かいましたがファイルを見せるだけで大丈夫でした!

ただ注意点として自分が申請してから最終的にカードを手に入れられたのは1ヶ月半後でした。おそらく銀行側がのミスというよりかはうまく住所に届かなかったのが原因だと思います。

カスタマーサービス自体はしっかりしていると思います。バイト先のマネージャーさんが知らない間に銀行のカードをスキミングされてしまった際に自動で口座をクローズしてくれさらにスキミングに会ってしまった額を返金してもらえたらしいです。

両替 (exchange)

オーストラリアに来たら次は両替をしましょう。

海外旅行によく行く人なら知っている人が多いと思うのですが空港で両替をするとレートが悪いのでオーストラリアの空港での両替は必要最低限行い、残りはインターネットで検索してレートのいいところで行いました。その時必要なのは両替する予定の金額とパスポートだけでした。

SIMカードの契約

オーストラリアへワーホリで来たときに絶対必要だと感じるでしょう。

おそらく到着してから一番自分がてこずったのがオーストラリア現地でのSIMカード登録でした!初めて海外でSIMを契約する際にデータプランの契約の仕方、選び方や英語に耳が慣れていない状態での機械アシストからの「フルネームをボイスメッセージに送信してください」という感じの文字が聞き取れずに2時間くらいかかりました。最終的にネットで調べて一件落着しました。

自分が使っているSIMのメーカーはamaysimというメーカーです。現在は月40$(3200円)ほどで通話とモバイルデータ共にunlimited plan(無制限)で契約しています。

他のシムを使ったことがないので比較はできませんが日本のデータプランと比べると安いしなおかつunlimited(無制限)なのがとても扱いやすいです。注意点としては[as you go]というプランに間違えてしてしまうと使った分だけ料金がかかるので、もし契約をするつもりであるなら契約の際には注意してください。

それとシムのロックあらかじめを解除しておかないと海外のシムを使うことができないのできおつけて欲しいです!解除自体は家でもできます。自分はオーストラリアワーホリに来る前に解除しておきました。

タックスファイルナンバーの取得

タックスファイルナンバーの取得はあんまり難しくなかったです!ネットで[Tax File Number (TFN) 申請方法]のような感じで調べれば一発で出るのであとはその通りに進めたという感じでした! 申請から約二週間で届きました!

友だち追加

>メールでオーストラリア・ワーホリについて相談してみる

【オーストラリアワーホリ】様々な手続きにおいての注意点

オーストラリアでは書類が届くのにすごく時間がかかるのでシェアハウス等にいる場合は余裕を持って退去予定の1ヶ月前までにはどんな書類であれ申請しておいた方がいいと思います!

友だち追加

>メールでオーストラリア・ワーホリについて相談してみる

【オーストラリアワーホリ】まとめ

ワーホリでオーストラリアにきて、もう半年以上経ってから振り返ってみてオーストラリアに来る前の事前準備さえできていれば現地に着いてからの必要書類の準備等は容易にできると思います!

友だち追加

>メールでオーストラリア・ワーホリについて相談してみる

PR

https://global-dive.jp/about/working_holiday/

この記事を書いたスタッフ

Hareru Yuzawa

LINE Facebook

湯沢 晴光

Hareru Yuzawa

高校二年生の時に行ったアメリカ留学で、全く英語が話せなくコミュニケーションが取れなくてもどかしい経験をし、それ以来海外・英語に興味を惹かれるようになりました。最初はGlobal Dive経由でフィリピンに語学留学をして現在はオーストラリアにワーキングホリデー中です!趣味は知らないところを目的もなく歩き回る事と海外映画を見ること。自分の人生のモットーは「挑戦し続けること」です!

MORE

この記事に関連するタグ

オーストラリアに関連する記事

留学ワーホリ・紹介可能な国を知る

COUNTRY

オーストラリア留学費用のお見積り

1週間 88,780円 〜 136,125円
2週間 132,555円 〜 196,475円
4週間 200,300円 〜 328,225円
8週間 350,750円 〜 591,725円
12週間 498,650円 〜 836,780円
16週間 674,600円 〜 1,138,700円
20週間 107,240円 〜 1,395,400円
24週間 970,400円 〜 1,631,700円

お見積り金額は、航空券・海外保険・現地でのお小遣い費用をのぞいた入学金・授業料・教材費・滞在費・食費・ビザなどの留学で必要な費用"すべて"を含んだ金額です。

留学ワーホリ・紹介可能な語学学校

SCHOOL

オーストラリアの語学学校

まずはお気軽にお問い合わせください

留学ワーホリ情報をお届け

lineLINEでお友達に追加する

お電話でのお問い合わせはこちら

0800-080-9800

月-金 9:30-18:00 / 土 9:30-17:00

 ページトップへ
まずは無料カウンセリング line   でお友達に追加する