私だけの留学・ワーホリスタイル グローバルダイブ

留学ワーホリ記事Article2020.01.15

【カナダワーホリ】現地に到着してからすることリストー銀行開設やSINナンバー、SIMカードについてー

こんにちは!アンバサダーの安川です!ここ最近、日本語を喋る機会がめっきり減りました!「これって日本語で何て言うの?」の質問に戸惑ってます。でもそれも「ワーホリの醍醐味!これぞ海外!!いい仕事につけたな。」と思います(^ ^)仕事に着くまでには、色々と準備が必要でした。なので今回はカナダのワーホリに行く際に、現地到着後なにをすればよいのか、ワーホリ時に必要な手続きなどについてお話したいとおもいます。

PR

https://global-dive.jp/about/working_holiday/

【到着してからすること】その1 携帯電話、SIMカードの手続き

ただの語学留学であれば現地の携帯電話やSIMカードは必要ないかもしれません。(現に他の国から来た語学留学だけの子はWi-Fiだけで生活してました。)ただ、カナダ人は日本に比べて電話を使いますし、留守番電話を結構使います。なのでワーホリの方は仕事を探す際の連絡ツールとして現地の電話番号を取得する人が多いです。

私はカナダ到着前からネットで調べて、もともと持っていたiPhoneのSIMロックを外し格安SIMを現地で買う。という予定をたてました。バンクーバーには日本人が対応してくれる”けーたい屋”という格安SIMのお店があります(トロントにも店舗があるそうです)。

そこで携帯電話を買うことも出来ます。私はSIMだけのプランで4GがC$45ぐらいでした。現地の住所、パスポート、クレジットカード、ビザを持って挑み、もちろん日本人の人が対応してくれるので簡単にlucky mobileという会社の契約ができました。のちにネットでプランを変更し5GをC$40に出来ました!その時の特別プランなどが出たりするので、たまに確認することをオススメします!

注意が必要なのはカナダは距離によって通話料金が変わるので、カナダ全域をカバーしているのか?など確認が必要です。

友だち追加

>メールでワーホリについて相談してみる

【到着してからすること】その2 現地で銀行口座を開設

仕事をする際、小切手で給料をもらうことが多いカナダ。もちろん振込というパターンもあります。なので銀行があるととても便利です。カナダには4つの大きな銀行があります。

・RBC
・TD
・CIBC
・BMO

私が最初に作った口座はTDです。理由はバンクーバーでは日本語で口座開設できるからです。あと口座維持費が6カ月無料。カナダは口座維持費がC$5〜15かかります(口座プランによる)。ある程度口座にお金が入っていればこの口座維持費がかからなくなりますが、まだ仕事もしていないのでこの出費は苦しいと思い維持費0にしました。

後から調べたらCIBCは1年間口座維持費が無料らしいです。なので半年経つ頃にCIBCに変えました。ちなみに「1年ビザが残ってたらクレジットカードも作れたよ。」と担当者さんに言われました。

どちらの銀行もパスポート 、ビザ、現住所が必要です。また、カナダの銀行は口座開設に予約が必要です。窓口に行くかインターネットから申し込みができます。

友だち追加

>メールでワーホリについて相談してみる

【到着してからすること】その3 SINナンバーの取得

Sinナンバーとは、Social Insurance Number のことで社会保険番号です。これがないとカナダで合法に働くことができません。ビザを取っただけじゃ働けないんですよー!カナダ人ももちろん働く人たちはこの番号を持っています。

ちなみにこのナンバーが無いと銀行口座も作れないかもしれないので、携帯電話の次に取得することをオススメします。

Service Canada のオフィスで簡単につくれます。パスポート、ビザ、カナダの住所情報、両親の旧姓(これは覚えてればOK)が必要です。時期に寄っては混むそうなので、なるべく午前中などの早めの時間に行くことをオススメします!私は友だちと言ったのですが、なぜか友だちは受付の人が忘れたのかスキップされてなかなか呼ばれなかったです。周りの人をみて「自分の順番がそろそろかな?」と気を張ってることをオススメします。笑

友だち追加

>メールでワーホリについて相談してみる

【到着してからすること】様々な手続きにおいての注意点

私のオススメは
1.携帯電話
2.SIN取得
3.銀行開設の順番です。

が、厳密に言うと
1.携帯電話
2.銀行口座開設の予約
3.SIN取得
4.銀行口座開設

です!夏などの良い時期は予約が先でしか取れなかったり、学校との兼ね合いで取れる時間がなかなか無いなとがあるので早めに予約だけしに行ったほうが良いです!私はこれで1週間待ちました…。

友だち追加

>メールでワーホリについて相談してみる

【到着してからすること】まとめ

カナダに到着してから1週間のうちに契約系は済ませるのをオススメします。
早く仕事を探し始められますし、契約しに行くだけでも、街を歩くことができるのでそれだけでも探検になって楽しいです(^ ^)
「到着してからすること」もぜひ、楽しみながらしていただければと思います。

友だち追加

>メールでワーホリについて相談してみる

PR

https://global-dive.jp/about/working_holiday/

この記事を書いたスタッフ

Mai Yasukawa

LINE Facebook

安川 真以

Mai Yasukawa

貯金0円から、一度諦めた海外への渡航を決意。ZEROから留学を見つけリゾートバイトで初めての一人暮らしを経験。そこで出会ったカナダ人夫婦が素晴らしすぎて予定していたオーストラリアからカナダへ国変更。その後Global Diveでカナダへワーキングホリデーへ。初海外、初ホームステイで全てを新しく感じ英語環境にたじろぎながらも毎日楽しくアクティブに生活中!

MORE

この記事に関連するタグ

トロントに関連する記事

留学ワーホリ・紹介可能な国を知る

COUNTRY

カナダ留学費用のお見積り

1週間 85,550円 〜 132,300円
2週間 124,069円 〜 192,599円
4週間 204,295円 〜 518,455円
8週間 35,899円 〜 5,505,875円
12週間 496,695円 〜 815,243円
16週間 641,195円 〜 1,068,359円
20週間 792,295円 〜 1,321,475円
24週間 909,795円 〜 1,574,591円

お見積り金額は、航空券・海外保険・現地でのお小遣い費用をのぞいた入学金・授業料・教材費・滞在費・食費・ビザなどの留学で必要な費用"すべて"を含んだ金額です。

まずはお気軽にお問い合わせください

留学ワーホリ情報をお届け

lineLINEでお友達に追加する

お電話でのお問い合わせはこちら

0800-080-9800

月-金 9:30-18:00 / 土 9:30-17:00

 ページトップへ
まずは無料カウンセリング line   でお友達に追加する