私だけの留学・ワーホリスタイル グローバルダイブ

留学ワーホリ記事Article2020.01.16

【カナダ・トロントでのワーホリ】現地から体験談含めてご紹介します!

Happy new year!!! 早いものでもう2020年オリンピックイヤーですね〜。現在カナダのトロントでワーホリ8ヶ月目の宮嶋です。 今年の年越しは、トロントから車で10時間のところにあるNY!バケットリストにも書いていた憧れのNYタイムズスクエアでのカウントダウンへ行ってきました!午前11時から約13時間タイムズスクエアの柵の中で立ったまま、ひったすら新年を待ちました。笑 ただ、今年はこの10年でも一番暖かくて天候に恵まれた大晦日だったようで、全く寒さを感じず本当にラッキーでした!もう二度と行かないけれど、一生忘れない最高の思い出です!皆さんも是非トロントでのワーホリを選んだ際にはカウントダウンはNYで!(^^) さて今回は、トロントワーホリでの仕事探し〜体験談まで、私の知っている情報を全てお伝えします!参考にしていただけたら嬉しいです!

PR

https://global-dive.jp/about/working_holiday/

【トロント・ワーホリ】仕事を探す前にやること

【トロント・ワーホリ】SINナンバーの取得

ワーホリでトロントにきても、SINナンバーがないと働くことができません。トロントに着いたらすぐに取得しましょう!取得方法は2つです。

【トロント・ワーホリ】トロントピアソン国際空港で取得

Work Permitを発行してもらうスペースの近くにSINナンバーを発行してくれるカウンターがあるので、そこでGet!ただ、私が空港に到着したのは夜だったため、SINナンバーのカウンターはすでに閉まっており、入国時に取得することはできませんでした。

【トロント・ワーホリ】Service Ontarioで取得

トロント市内に何箇所かあるサービスオンタリオという申請センターのようなところでも取得できます。混んでいるときは2時間以上かかることもあるので、時間に余裕を持っていくのがいいと思います!

【トロント・ワーホリ】英語での履歴書作成

トロントワーホリで働くために必要不可欠なものです!私はVISAの申請時に作成した履歴書を基に修正していきました。日本にいるうちに土台だけでも作っておくといいと思います。また、私は現地の留学エージェントの無料レジュメセミナーに参加しました。不安な点を聞くこともできるのでオススメです!(個人でワーホリを手配した人も含め、誰でも参加可能です!)

【トロント・ワーホリ】資格取得(Smart Serve

レストランなどお酒を扱っているお店でサーバーとして働く場合、このスマートサーブという資格が必要です。オンラインのテキストを進めていき、最後にテストを受けます。80%以上正解で合格です。テキストやテストの言語は選択できますが、英語、中国語、韓国語などありますが、日本語はありません。

私は英語を選択するしかありませんでしたが、なんとグーグル翻訳で日本語にすることができました。ただ、微妙にニュアンスが違ったりなど、翻訳は100%正確ではないので、日本語で読むだけでは80%取るのは難しいです。私は、『日本語で大まかな内容を掴む→英語に戻して読む』というのを繰り返しました。

私の場合、ゆっくり進めると忘れてしまうので、仕事後の夜の時間を使って2日間で勉強、2日目の明け方にテストを受けるという強行スケジュールで取得しました。ゆっくりやる場合でも、1週間あれば確実に終わると思います。

 

友だち追加

>メールでカナダのワーホリについて相談してみる

【トロント・ワーホリ】仕事探しの方法

仕事探しの方法はいくつかあるのでご紹介します。

【トロント・ワーホリ】e-Mapleカナダ

カナダに住む日本人コミュニティ掲示板です。ワーホリで来ている日本人の殆どが利用していて、8割くらいの人はここで仕事を見つけている印象です。トロントにワーホリできていた私もこの掲示板で見つけました。

メリット

・日本語の求人投稿が多いので、わかりやすい。
・日本人を求めているので、採用されやすい
・日本人オーナーや日本語が話せる人がオーナーの場合が多いので、面接が日本語ということも。

デメリット

・ジャパニーズレストランをはじめ、同僚が日本人という環境のお店が多い
・ローカル店の求人もあるが、ディッシュウォッシャーやキッチンでの募集が多い

ただ、中にはローカルのお店で英語環境のところもあります。とりあえず応募して面接に行ってみて、お店の雰囲気や条件を把握した上で決めるのが一番いいと思います。

 【トロント・ワーホリ】友達からの紹介

この方法が一番確実に仕事をGetできると思います!カナダは経験と人脈の文化?なので、多少英語が苦手だったり、働く時間が限られていたとしても、従業員からの紹介であれば雇ってくれることも多いです。語学学校で先に卒業した友達や、ワーホリ中に出会う人々に今仕事を探してるとアピールしておけば、紹介してくれることもあります!

【トロント・ワーホリ】履歴書の手配り

お店の扉を見ると、『Now Hiring』という張り紙をしているお店が結構あります。そういった求人しているお店に履歴書を持って直接訪問するのも一般的な職探し方法です。マネージャーがいればその場で面接してもらったり面接の日を決めてもらえることもあります。また、マネージャーがいない場合には、マネージャーに履歴書を渡してもらうようスタッフに頼みます。この場合は、後日連絡が来る場合もあれば、音沙汰なしのことも多いです。英語の練習も兼ねて、手当たり次第履歴書を配ったという友人もいます。

【トロント・ワーホリ】 求人サイト

Kijiji・・・(カナダのなんでも掲示板)
Indeed Canada・・・(日本でもおなじみの求人サイト)

メリット

・求人数が多い
・英語環境であるローカル店の求人が豊富

デメリット

・求人が全て英語
・ライバルが英語ネイティブなので、サーバーの仕事は英語力がないと厳しい

英語が得意な方には、オススメのサイトです!海外経験豊富な私の友人は、Indeedで英語環境の好条件の仕事を見つけていました!
 

友だち追加

>メールでカナダのワーホリについて相談してみる

【トロント・ワーホリ】ワーホリ者の主な職種

トロントワーホリ者の仕事の主な職種は下記の通りです。

・サーバー、キッチン、ディッシュウォッシャー(レストラン、ラーメン屋など)
一番多いワーホリ者の仕事です。

・バーカウンタースタッフ
→カウンターでお酒を作ったり、お客様とお話ししたり。友達曰く、結構英語を使えるそうです。

・ファストフード店スタッフ(フードコートなど)
・カフェ、バリスタ
・現地にある日本人向け留学エージェントの事務

・ツアーガイド
→トロントだとナイアガラの滝エリアのガイドです。

★稼ぎたいならTipが多くもらえるお店へ!
・値段が高いレストランやお寿司屋さんがオススメ!
トロントワーホリ者の中では、ラーメン屋が一番稼げると言われてます!トロントでは、ラーメン1杯$14 + 餃子や唐揚げ + ビールで1人$20~30使うのが当たり前。回転率もいいので、忙しくて大変だけど、Tipで生活費全て賄えるくらい稼げることもあるそうです。

友だち追加

>メールでカナダのワーホリについて相談してみる

【トロント・ワーホリ】仕事が決定するまで

履歴書を出して応募し、面接まで漕ぎ着けたら、事前に必ず面接練習をすることを強くおすすめします!私がこれまでに聞かれた質問をシェアします!

【トロント・ワーホリ】面接内容

・Tell me about yourself.(自己紹介をしてください)
→名前や自分についてを簡単に紹介

・Tell me about your job experience.(仕事経験について教えてください)
→職歴は履歴書に書いてあるので、具体的な仕事内容やそこで得たスキル等を答えるといいと思います。

・What are your strengths and weaknesses? (あなたの強みと弱みはなんですか?)

・What can you offer us? (私たちのお店にどんな貢献ができますか?)
→働く店やポジションにより異なります。私はカフェのバリスタの面接で、「良いカスタマーサービスで満足度と売上に貢献できると思います。お客様を覚えることが得意で、前の仕事でSmall talkを意識していました。」というようなことを答えました。

・What is your availability? (How often/how long can you work?)(いつどのくらい働けますか?)
→いつでも働けると答えるのが最強です。最低でも週3〜4回働けないと厳しい印象があります。あとは、店の募集条件を把握しておき、それと同等かそれ以上のスケジュールを提示すれば、採用確率は上がります。

・How do you feel about complains?(クレームについてどう思いますか?)
→カフェの面接で聞かれました。「これまではこういう風に対応してきた。こういうことに気をつけてクレームが出ないように努めている」などと答えました。

この他にもインターネットで「ワーホリ 面接 英語」などと調べると、質問例や回答例がたくさん出てくるので、予習しておくとリラックスした状態で面接本番に臨めます!

友だち追加

>メールでカナダのワーホリについて相談してみる

【トロント・ワーホリ】私が実際にやっている仕事

【トロント・ワーホリ】カフェでバリスタ(8ヶ月目)

トロントにあるカナディアンオーナーのカフェでバリスタとして平日5日間、1日7〜8時間くらい働いています。主な仕事は、開店準備、オーダーを取る、会計、コーヒーを作る、フードを温める、閉店作業、などです。

コワーキングスペースと繋がっていて、周りもオフィスがたくさんあるので、お客様のほとんどがビジネスマンです。日本人は私の友達しか来ないので、仕事中に日本語を使うことはあまりありません。

常連さんとのちょっとした会話や、暇な時間の韓国人の同僚とのおしゃべり、日々練習中のラテアートが仕事中の楽しみです。あと、映画に出てくるようなかっこいい、かわいい、美しいお客様が本当に多く、幸せな環境だなぁと。笑

お客様はみんなフレンドリーでとても優しく、必ず笑顔で挨拶してくれます。「明るく笑顔で挨拶や簡単なコミュニケーション」が当たり前という文化を日々目の当たりにする中で、海外で働く素晴らしさを実感します。

【トロント・ワーホリ】ツアーガイド、バスガイド(ナイアガラの滝エリア)

紅葉シーズンの10月、1ヶ月間だけナイアガラエリアのツアーガイドをしました。日本からツアーでトロントに来たお客様(5〜20名)くらいを1人で1日ご案内する仕事です。英語を使うのは、バスドライバーや各施設のスタッフと話す時のみ。

バスの中や観光中は、ナイアガラエリアのお話を日本語で話し続けます。覚えるまでがとても大変でした。また、ナイアガラエリアのツアーガイドをするためには資格が必要なので、ナイアガラについて猛勉強し、そのテストも英語で受けました。トロントのワーホリ期間で一番必死になったのは間違いなくこのツアーガイドの仕事です。

もっと長く続けたい!と強く思うほど、本当に楽しくて素敵な大好きなお仕事でした!ナイアガラの滝をはじめとしたナイアガラエリアはもちろん、カナダや今住んでいるトロントの基本情報や様々な豆知識、歴史やエピソードなどを知ることができたのも、とても大きかったです。

2年前までは海外旅行中ほとんど英語を使うことができなかった私が、今は日本からナイアガラへ旅行に来たお客様の手助けをできているということが本当に嬉しかったです。1ヶ月間ガイドとして働くための準備は大変だけど、それ以上に得るものがだたくさんあるお仕事なので、これからトロントのワーホリに来る方には是非経験していただきたいなと本気で思います!!

【トロント・ワーホリ】高級日本料理屋さん、居酒屋

お店の方には申し訳なかったのですが、実はどちらもすぐに辞めました。スタッフがほとんど日本人で、「The 日本社会」という環境や雰囲気を感じ、せっかくワーホリでトロントまで来たのだからやっぱり違う環境で働きたいと思ってしまったためです。

お客様はネイティブがほとんどなので、メニューの説明やオーダーなどお客様対応はほとんど英語です。また、忙しいお店だったので、Tipは結構貰えます。

何を目的とするか、自分はどんなことがしたいかによって、選ぶ仕事は変わってくると思います。

友だち追加

>メールでカナダのワーホリについて相談してみる

【トロント・ワーホリ】渡航前に準備できること

実際にトロントのワーホリで仕事探し&働いてみて、渡航前に準備しておけばよかったなぁと思うこと、これは良かったなぁと思うことはこちらです。

【トロント・ワーホリ】Smart Serveの資格取得

全てオンラインで完結するので、渡航前に日本で取得できます!取得しておけば、トロントに着いたその日からでもスムーズに仕事探しができます!また、その勉強時間を友達と遊ぶことに使うことができます!

【トロント・ワーホリ】英語の勉強、英語環境で働いた経験

トロントのワーホリにいく前にリゾートバイトで外国人が多く来るレストランやホテルで働いたので、接客で使う簡単な英語は割とスムーズに出てきました。また、なんとなくの接客や働く流れがわかっていたのも大きかったです。カナダは経験重視の文化ということもあり、リゾートバイト先での英語でのカスタマーサービス経験は、仕事探しにかなり役立ちました!

ただ、もっともっとSmall Talkの練習や英語力自体を伸ばす努力を日本でしていけば、働く時間がさらに充実したなと思います。

【トロント・ワーホリ】ビザの残り期間が多いうちに仕事を決める!

ビザの残り期限が長いほど、採用してくれる確率は上がります。私は渡航した2週間後から職探しを始め、3週間後から働き始めました。ほぼ1年働けるという条件が仕事探しにかなり役立ったと思います。また、残り期間が6ヶ月を切ってしまうと、ワーホリでの仕事探しはかなり難しいようです。ビザの残り期限5ヶ月でバンクーバからトロントへとし移動してきた友達は、いい仕事を見つけられなかったと言っていました。どうしてもやりたい仕事、働きたい場所などがある場合は、ワーホリビザの残り期間ができるだけ長いうちに面接へ!!!!

友だち追加

>メールでカナダのワーホリについて相談してみる

【トロント・ワーホリ】まとめ

とっても長くなってしまいましたが、私のトロントでのワーホリ体験談を読んでいただきありがとうございました!私もワーホリに行く前は、英語で面接なんてできるのか、英語で履歴書が書けるのか、ちゃんと仕事が見つかるのか、楽しく暮らせるだけ稼ぐことはできるのか、など、すべてが不安でした。

ですが、今こうやって仕事をしながらとても楽しく暮らしています。また、トロント渡航前に持っていた不安も、今となっては「頑張ればなんとかなる。大丈夫。」と自信を持て言えるまでになりました。

トロントの人はフレンドリーで優しいし、細かいことは気にしない。ワークスタイルも残業なしが基本!チップ文化も働く方からすると最高!「働く環境は絶対に日本よりいい!」と私は思っています!ワーホリ期間は、なんの制限もなくカナダで働けるという貴重な1年。旅行するのもいいけれど、いろんな仕事や職場を経験してみるのも今しかできない最高の時間の使い方だと思います!

トロント以外の都市でワーホリしていた友達に聞いても、トロントは圧倒的に仕事の数が多くて仕事が見つけやすいそうです!求人数、職種も豊富なこともトロントワーホリの魅力の一つだと思います!仕事探しが本当に不安な人は、トロントが一番オススメです!

友だち追加

>メールでカナダのワーホリについて相談してみる

PR

https://global-dive.jp/about/working_holiday/

この記事を書いたスタッフ

Saki Miyajima

LINE Facebook

宮嶋 沙季

Saki Miyajima

大学時代から海外旅行の面白さに目覚める。会社に勤めながら、「自分の人生このままでいいのかな」と漠然と思っていた時に、バケットリストを書く。「自分にはこんなにもやりたいことがあるのに、このままだと10個も達成できない!」と思い、即退職。その後、リゾートバイトや留学、ワーホリの魅力を存分に感じながら、やりたいことをやる人生を実行中。現在はワーキングホリデービザを使って、カナダのトロントで生活。昨年、Global Diveの「あなたの夢叶えますキャンペーン」に当選し、ホノルルマラソンとハワイ留学も行かせてもらいました!

MORE

この記事に関連するタグ

トロントに関連する記事

留学ワーホリ・紹介可能な国を知る

COUNTRY

カナダ留学費用のお見積り

1週間 85,550円 〜 132,300円
2週間 124,069円 〜 192,599円
4週間 204,295円 〜 518,455円
8週間 35,899円 〜 5,505,875円
12週間 496,695円 〜 815,243円
16週間 641,195円 〜 1,068,359円
20週間 792,295円 〜 1,321,475円
24週間 909,795円 〜 1,574,591円

お見積り金額は、航空券・海外保険・現地でのお小遣い費用をのぞいた入学金・授業料・教材費・滞在費・食費・ビザなどの留学で必要な費用"すべて"を含んだ金額です。

まずはお気軽にお問い合わせください

留学ワーホリ情報をお届け

lineLINEでお友達に追加する
 ページトップへ
まずは無料カウンセリング line   でお友達に追加する