私だけの留学・ワーホリスタイル グローバルダイブ

留学ワーホリ記事Article2019.09.25

【カナダ留学・ワーホリ】カナダで感じた日本とカナダとの文化の違いとは!?

初めまして!現在、カナダに来て3ヶ月の宮嶋沙季と申します!カナダへ来る前は、普通の会社員として4年勤務。その後、フィリピンとハワイへちょこっと留学をしたり、Global Diveの姉妹サービス「アプリリゾート」で旅館やスキー場のリゾートバイトをしていました!これから、海外に関するさまざまな情報を発信していきますので、よろしくお願いします。今回は、初めてカナダに行く方に向けて、カナダ特有の文化や、日本との文化の違いについてお話ししたいと思います!

PR

https://global-dive.jp/article/a9946/

【カナダの文化】いざ、カナダへ

正直、これからカナダで始まる予想のつかない暮らしへのワクワクが大きく、不安はあまり感じていませんでした!リゾートバイトの仲間から、カナダの魅力やワーホリの面白さを聞いていたので、とにかく楽しみでした!英語もろくに話せないのに、「なんとかなるだろ!」と楽観的な発想ができたのも、この1年ちょっとの間に、留学やリゾートバイトで新しい環境に飛び込み続け、なんとか無事に楽しく生きてこれたことが要因かなと思います。自分でも気づかないうちに自信に繋がっていたのかなと…。

実は1年半ほど前に、1度留学を申し込んだものの、海外での生活という未知の世界にビビってキャンセルしました。その時の自分を思い返すと、ありえない成長だなぁと感じます。1歩踏み出す時が一番不安だし、エネルギーがいります。そこをしっかりとバックアップしてくださったアプリのチュクディさんには、本当に感謝しています(^^)

友だち追加

>メールで留学について相談してみる

【カナダの文化】ついにカナダ到着

カナダの空港に着陸した時の心境は、「ついに来たー!」と、ドキドキ、ワクワクでした!
そしてなんと、カナダでの友達1人目は機内でGet!着陸直後、機内で携帯のSIMカードを変えていると、「そのiphoneのピン貸してくれない?」と、私の前の座席に座っていたインド人の女の子に話しかけられました。そこから話しながら入国審査場まで一緒に行き、電話番号も交換。後日、その子の家でインド料理をご馳走になりました。早速カナダに知り合いができたこともあり、これからのトロントでの生活が、より楽しみになったのを覚えています!

友だち追加

>メールで留学について相談してみる

【カナダの文化】私が感じた文化の違い5つ

マルチカルチャー

カナダ最大の都市トロントは、移民を多く受け入れており、なんと人口の半分以上が移民!その分多彩な文化や言語が飛び交っています!日本にいたら、まず味わえない光景です。世界一周旅行をしなくても、世界中の国々の人と文化的な交流ができるなんて、トロントに来る前は思っても見ませんでした!それぞれの国の習慣や教育、文化、考え方、気質の違いなど、今まで知らなかった世界各国のことをこの3ヶ月で学べています。
LGBTにも寛容な文化を持ち、みんなが生き生きと堂々と暮らしています。レインボーパレードというイベントは、カナダのトロントならではのすごい文化でした。

野外での飲酒禁止

トロントがあるオンタリオ州は、お酒に関してのルールが日本よりも厳しく、お酒を取り扱うお店でサーバーとして働く場合、”smart serve” という資格の取得が必須であるという文化があります。取得は面倒ですが、おかげでお酒に関する知識がついたのは良かったなぁと思います!

・一部のスーパーマーケットでしかお酒が買えない!
・野外でお酒が飲めない!

などのルールがありお酒好きの私としては、ちょっと悲しい文化でした。世界の中でも珍しい文化なのではないでしょうか。ただ、オンタリオ州はクラフトビールで有名で、ブリュワリー(ビール醸造所)が250箇所(トロント内に40箇所以上)あるそうです!私はいつも、「今日はどれにしようか」とかなり迷います。種類が多すぎて、優柔不断な私には決めるのが難しい・・・

残業なし、お客様は神様なんてありえない

日本とは、働き方や働くということへの考え方が全然違うなと感じています。日本と違って、決められた時間にしっかりと帰れる文化が根付いているため、定時であがることへの気まずさを感じることなく、逆に帰らないと「なんでだ?」と思われる環境です。日本よりも断然働きやすい文化だなと思います。

また、接客業のサービス面でも大きな違いが。日本のように”お客様は神様”という精神は皆無で、”友達”のように良くも悪くもとてもフランクに接してくる文化です。お店が忙しい時にはあからさまに雑な対応をされたり、店員さん同士でずっと話していて全然オーダーを取りに来てくれなかったり・・・。ただ、カナダではそういったサービスの形が珍しくない文化のため、お客様もイライラせず全然気にしていません。日本の「おもてなし」の文化のように丁寧で一歩先行く対応や説明といったサービスが恋しくなることもありますが、カナダの文化に触れてからは「日本のサービスは過剰すぎるのか?」「もっとフレンドリーでもいいな、店員さんとしても働きやすいし」とも感じています。

経験重視の文化

仕事探しをして、カナダの経験重視文化を強く感じました。英語力も最低限必要だけど、実働の経験がかなり重要!といった文化です。例えばレストランのサーバーの場合、英語力が低いけどサーバー経験がある人と、過去にサーバー経験がないけど英語が結構話せる人では、前者の方が採用される確率が高い文化であると友達の話を聞いていて感じます。リゾートバイトでの英語でのサーバー経験が役に立ったなと思いました!

コーヒーショップの数がすごい!

カナダ人はコーヒー大好き!コーヒーが生活の一部として根付いた文化であり、朝はみんなコーヒー片手に出勤しています!スターバックスやカナダ発祥のティムホートンには毎朝行列ができています。カナダでは水道水を抑えて最も消費されている飲み物で、1日に1人3.2杯もコーヒーを飲んでいる計算になるほどコーヒーが欠かせない文化となっています!トロント内にもおしゃれなコーヒーショップが沢山あるので、コーヒーショップ巡りをするのもオススメです(^^)

カナダにはチップ文化があるので要注意!

カナダは完全にチップ文化の国です。ファストフード店やスーパーマーケットなどを除き、店内で飲食する場合は必ず支払うのがマナーです。特に気になる不手際がなかった場合は、少なくても10%以上は払う文化です。また、オンタリオ州は消費税が13%かかるので、外食はかなりの出費になります。日本の外食は安いなーとしみじみ感じます。

ただ、自分がサーバーとして働く分には嬉しい限りで、チップで生活費全てを賄うことも難しくありません。ワーホリでお金を稼ぎたい方には、チップ文化を存分に活用できるレストランのサーバーをお勧めします!

友だち追加

>メールで留学について相談してみる

【カナダの文化】まとめ

カナダに来てから、日本との文化の違いを度々感じていますが、すぐに慣れました。また、全体的にみて、『カナダは日本よりもストレス源が少なく、生きやすい文化・環境である』と感じます。他者を気にしすぎず、自分らしさを堂々と出せる環境と違うことを認め受け入れる文化がカナダにはあります!

「生きていく上で気にする必要がないことを気にしなければいけない」という風潮が、日本にはまだまだ残ってしまっている。日本にもいいところはたくさんあるけれど、カナダのように、もっと気楽に自由に自分らしく生きていける文化になっていけばいいなぁと感じています。

友だち追加

>メールで留学について相談してみる

PR

https://global-dive.jp/article/a9946/

この記事を書いたスタッフ

Saki Miyajima

LINE Facebook

宮嶋 沙季

Saki Miyajima

大学時代から海外旅行の面白さに目覚める。会社に勤めながら、「自分の人生このままでいいのかな」と漠然と思っていた時に、バケットリストを書く。「自分にはこんなにもやりたいことがあるのに、このままだと10個も達成できない!」と思い、即退職。その後、リゾートバイトや留学、ワーホリの魅力を存分に感じながら、やりたいことをやる人生を実行中。現在はワーキングホリデービザを使って、カナダのトロントで生活。昨年、Global Diveの「あなたの夢叶えますキャンペーン」に当選し、ホノルルマラソンとハワイ留学も行かせてもらいました!

MORE

この記事に関連するタグ

トロントに関連する記事

留学ワーホリ・紹介可能な国を知る

COUNTRY

カナダ留学費用のお見積り

1週間 85,550円 〜 132,300円
2週間 124,069円 〜 192,599円
4週間 204,295円 〜 518,455円
8週間 35,899円 〜 5,505,875円
12週間 496,695円 〜 815,243円
16週間 641,195円 〜 1,068,359円
20週間 792,295円 〜 1,321,475円
24週間 909,795円 〜 1,574,591円

お見積り金額は、航空券・海外保険・現地でのお小遣い費用をのぞいた入学金・授業料・教材費・滞在費・食費・ビザなどの留学で必要な費用"すべて"を含んだ金額です。

まずはお気軽にお問い合わせください

留学ワーホリ情報をお届け

lineLINEでお友達に追加する

お電話でのお問い合わせはこちら

0800-080-9800

月-金 9:30-18:00 / 土 9:30-17:00

 ページトップへ
まずは無料カウンセリング line   でお友達に追加する