留学・社会人留学ならグローバルダイブ

MONTREAL

モントリオール留学の基本情報

モントリオールの留学の3つの魅力

1モントリオールは別名「北米のパリ」!

フランス語圏で、パリに次いで世界で2番目に大きい都市がモントリオール!フランスの影響を言語だけでなく、文化や建物等、いたるところで感じることが出来ます。

2ひとつの国にいながら2つの言語が学べる都市

モントリオールのあるケベック州は、フランス語が公用語として話されています。街を歩けば、フランス語と英語が飛び交っていて刺激的!語学学校も英語とフランス語、両方のコースがあるので「英語だけでなく他の言語も学びたい!」という、欲張りな方におススメ!

3日本人が少ない環境で生活できる!

カナダは面積こそ広いですが主要都市が少なく、留学生はバンクーバーやトロントにかたまりがちです。モントリオールはフランス語圏ということもあり、他の都市に比べると日本人の比率がとても低いので、留学では日本語を使わない、使えない環境に行きたい人におススメ!

基本情報

「北米のパリ」と呼ばれるモントリオール!フランスの影響が残る街。街ではフランス語と英語が飛び交い、ひとつの都市にいながら2つの言語に触れられます!

正式名称 モントリオール(Montreal)
カナダ(Canada)
ケベック州(174万人)
人口 174万人
公用語 英語、フランス語(ケベック州、ニューブランズウィック州)
通貨 カナダドル
電圧 100~120V
ワーホリ可否 可能

アクセス・時差

・時差 日本時間より-14時間 サマータイムは-13時間 ・アクセス 日本からはモントリオールへの直行便が、2018年6月~就航!成田空港から12時間で到着します。

治安

モントリオールの治安は良好ではありますが、軽犯罪には注意が必要。バスや電車、有名な観光地など混雑する場所ではスリ等が発生しています。モントリオール留学中は、貴重品はカバンの奥に入れる、鞄のチャックは閉める、リュックの場合は後ろに背負わず前で背負うか手で持つ、夜遅くの移動や裏道をなるべく避けるなどなど、気を抜かないようにしましょう。

食事

・Poutine(プーティン) フライドポテトの上に、グレイビーソース&チーズをかけた料理!カナダのソウルフードです。マクドナルドなどのファストフード店や、語学学校のカフェテリアでも食べられます! ・Maple syrup(メープルシロップ) カナダといえばメープルシロップ!といっても過言ではないくらい有名♬ワッフルなどの甘いものにかけるのはもちろん、ベーコンやソーセージにもかけて食べちゃうんです。 ・人気カフェ Tim Hortons(ティムホートンズ) 日本でいうミスタードーナツのような存在のお店で、カナダのカフェと言えばもうここしかない!たくさんの種類のドーナツが売られていて、カナダの人好みの甘いコーヒーを飲むことも出来ますよ。コーヒーの「ダブルダブル」と頼むと、砂糖とミルクが2つずつ入ったカフェオレが飲める(すごく甘い!!)

観光スポット

・Basilique Notre-Damme(ノートルダム教会) モントリオール一番の観光名所!有名歌手のセリーヌ・ディオンはこの協会で結婚式を挙げています。中にあるパイプオルガンは世界最大なんだとか! ・Montreal City Hall(モントリオール市庁舎) カナダで一番最初に建設された市庁舎。1984年に建設された建物で、今ではカナダ国定史跡に指定されています。歴史を感じる建物で回りには手入れされた花壇もあるので散歩もおススメ♬

英語環境

モントレオールがあるケベック州では、フランス語が公用語として話されています。公用語はフランス語ですが、ほとんどの人が英語とフランス語を話すバイリンガルです!

その他

・気候 内陸にあるモントリオール。冬は氷点下まで冷え込みます。 <夏> 平均最高気温:24~26度 平均最低気温:10~13度 <冬> 平均最高気温:-6~-3度 平均最低気温:-15~-11度

ビザ情報

観光ビザ(滞在者許可証:Visitor Permit)

「短期留学と観光目的」「観光・友人親族の訪問・出張」を、目的とした入国許可。ただし、観光ビザで入国する際には、往復の航空券が必要。最長で6ヵ月の滞在が可能です。資金証明や入学許可証を見せて、現地に滞在する理由を伝える必要があり、場合によって入国が許可されないこともあるので、しっかりと準備が必要。観光がメインなことを伝えましょう。 観光ビザでは、現地で働くことは出来ません。渡航前に「ETA(電子渡航認証:Electronic Travel Authorization)」の取得が必要。申請には7ドルかかります。

学生ビザ(就学許可証:Study Permit)

最長12カ月間、カナダに滞在することができます。半年以内であれば学校に通うことができ、ワーキングホリデービザで滞在している間の1年間であればアルバイトや社員として働くことも可能になっている。

ワーキングホリデービザ

最長12カ月間、カナダに滞在することができます。半年以内であれば学校に通うことができ、ワーキングホリデービザで滞在している間の1年間であればアルバイトや社員として働くことも可能です。

留学費用のお見積り

カナダ留学費用のお見積り

1週間 90,783円 〜 124,247円
2週間 124,069円 〜 192,599円
4週間 225,618円 〜 311,859円
8週間 391,158円 〜 565,687円
12週間 533,558円 〜 815,243円
16週間 712,448円 〜 1,068,359円
20週間 877,988円 〜 1,321,475円
24週間 1,026,618円 〜 1,574,591円

もっと詳しく見る

都市情報

バンクーバー

VANCOUVER

基本情報へ

バンクーバーはカナダ西海岸に位置する、高層ビルと自然が共存するコンパクトシティ。移民が多いものの、それぞれの価値観を尊重しながら暮らしており「世界で一番住みやすい街」にも選ばれています。

トロント

TORONTO

基本情報へ

トロントは、カナダ最大の国際都市。移民大国カナダの中でも最も多様な文化や人種が共存しており、80以上のエスニックタウンが存在。都市部に大型アジアスーパーがあるので、日本留学生も生活しやすいです!

モントリオール

MONTREAL

基本情報へ

「北米のパリ」と呼ばれるモントリオール!フランスの影響が残る街。街ではフランス語と英語が飛び交い、ひとつの都市にいながら2つの言語に触れられます!

カルガリー

CALGARY

基本情報へ

カルガリーは、カナディアンロッキーの玄関口に位置する自然と都市が融合した都市!カナダを象徴する観光スポットのモレーン湖、ルイーズ湖へのアクセス良好。アウトドア派の留学生にはピッタリ。

ビクトリア

VICTORIA

基本情報へ

別名「花の都」──ビクトリア。英国風の建物や雰囲気の残るガーデンシティで、カナダ人が移り住みたい街ナンバー1!過ごしやすい気候、豊かな自然、フレンドリーな人々の三拍子が揃った魅力的なエリアです。

ルーネンバーグ

LUNENBURG

基本情報へ

世界遺産に登録された小さな海沿いの街、ルーネンバーグ!250年前からの景観が残るノスタルジックさと、カラフルなペンキが塗られたポップな建物が魅力!日本人が少ないため、落ち着いて留学できます。

留学ワーホリ記事

ARTICLE

モントリオールに関連する記事

留学体験談

EXPERIENCES

モントリオールの留学体験談

留学ワーホリ・紹介可能な語学学校

SCHOOL

モントリオールの語学学校

留学ワーホリ・紹介可能な国を知る

COUNTRY

MORE

まずはお気軽にお問い合わせください

留学ワーホリ情報をお届け

lineLINEで資料ダウンロード

お電話でのお問い合わせはこちら

0800-080-9800

月-金 9:30-18:00 / 土 9:30-17:00

 ページトップへ
まずは無料カウンセリング line   で資料ダウンロード