私だけの留学・ワーホリスタイル グローバルダイブ

留学ワーホリ記事Article2019.07.12

【オーストラリア|ワーホリ】オーストラリア到着後1ヶ月目にする手続きとは?!【2019年版】

こんにちは!Global Dive 留学アンバサダーの佐藤です!僕はオーストラリアにワーホリに行くことを決め、出国前の手続きにてんやわんやしました。携帯、住民票、税金関係などどうしたらいいのかわからず 毎日調べて、市役所に出向いて相談をしていました。 出国前の手続きが終わってからも、オーストラリアへ入国後もいくつかの手続きが必要となります。そこで今回は、ワーホリでオーストラリアに着いてから最初の 1 ヶ月でする必要のある手続きや、その後の動きついて僕の体験を基に紹介していきたいと思います!

PR

https://global-dive.jp/article/a9946/

【オーストラリア ワーホリ】到着後の必要な手続き一覧

オーストラリア ワーホリに行く前に事前にやっておくべきこと

滞在ホテルを予約する

初めにホームステイ等を申し込んでいない場合、日本にいる時点でホテルを探して予約しておくのがベターだと思います。 何故ならバックパッカーやホステルなど複数人で泊まるところは安いですが、正直汚いからです。 中には綺麗なところもありますが、そういうところは予約がいっぱいで人気なことが多いです。 なので、日本にいる時点から前もって予約しておけば、到着後慌てることもなく住むところには困らないと思います。 大きなスーツケースを持って宿探しをするのは思いのほか、大変なので滞在ホテルは予約しておきましょう。

最低限の両替

現地空港到着後、送迎がない場合は交通機関等を利用します。 なので、少額の現地通貨を持っておくと良いと思います。 僕は送迎を頼んでいたので、特別必要なかったですが、念のため日本の空港で両替していました。金額的にはたしか7000円くらい両替したと思います。 ご存じだとは思いますが、空港での両替はレートが良くないため少額に抑え、現地の両替所で両替するのが良いと思います。 また、使ってみたいなとおもっているのですが、「外貨宅配サービス」というものがあるのをご存じでしょうか?インターネットで手続きができ、日本の自宅に外貨を届けてもらえるサービスです。 レートもかなり良いと評判です。

ワーホリ初日

携帯番号をゲットする(SIM カードの購入)

以前の記事にも書きましたが、僕は事前にオーストラリアで使えるSIMカードを契約し、日本の自宅に配送してもらい手に入れていました。現地到着後でも、空港または主要都市など、どこでも購入することができます。 様々なプランもあるので、ご自身の滞在期間、データの使用量に合わせて購入し ていただければと思います。また、日本よりもフリーWi-Fi がそこら中に飛んでいるので、データ量が少なくても大丈夫かなと僕は思います。

【ノウハウ】オーストラリアの携帯・パソコン事情を解説!購入方法、キャリア、Wi-Fiはどうする?

IC カードの購入

オーストラリアには州ごとに「Suica」や「PASMO」のような交通機関の IC カードが複数存在しています。 日本同様、切符を購入するよりも安くなる場合が多いので、日常的に使う方は初日に購入しておくのがいいと思います。どの州に住むかによりICカードも異なりますが、大体の場合は駅、空港、コンビニ等で購入することができます。 チャージ方法も機械やコンビニでもできるので、利便性はとても高いと思いま す。

両替

到着後、時間に余裕がある方は両替をしてみてもいいと思います。しかし、オーストラリアはカード社会なので現金を持ち歩かなくても、クレジットカードがあれば生活できます。コンビニで100円、200円もカードで支払いするのが当たり前なので、絶対に両替しなくてはいけないという訳ではないです。両替する際はパスポートは忘れずに!!

オーストラリア到着~1.2週間

銀行口座開設

語学学校に通う方にはすぐに必要ないと感じる銀行口座開設ですが、入国後すぐに開設するメリットがあります。それは提出書類が少なくて済む。ということです。オーストラリアの現地住所・ 電話番号・パスポートがあれば作れます。(ちなみに僕の時は入国スタンプがなかった為、航空券が入国した日にちの証明 として使えました。)しかし、オーストラリア入国後6週間以降になってしまうと、もっと必要な書類が増える為、少々面倒くさく、複雑になってしまいます。

<オーストラリアの代表的な銀行>

  • ANZ Bank
  • Commonwealth Bank
  • Westpac Bank
  • National Australia Bank(NAB)
    があります。

僕は NABで銀行口座開設をしました。
なぜなら、口座維持費が無料だからです。 日本人にはあまりなじみのない口座維持費ですが、オーストラリアでは一般的なようです。 大抵の銀行が毎月$2000以上の入金がない場合、$4~5かかります。 しかし、NABではそれがないので僕は NABにしました。

語学学校に一カ月間通う予定でしたし、その後すぐに仕事が見つかるかもわからなかったからです。銀行口座開設は英語でのやり取りになるため、不安に思う方もいるかもしれませんが、終えてみれば簡単だったなと思います。 いろいろと説明してくれましたが、大半は理解できませんでしたが(笑)なんとか無事に作れていたので大丈夫です!

またオーストラリアのキャッシュカードにはデビットカードの機能がついています。PIN 番号の入力も$100以下なら不要で、タップするだけでいいので非常に便利です。キャッシュカードも店舗受け取りか自宅郵送を選べるので、ご自身に合った方法 を選んでください^^

タックスファイルナンバーの取得

タックスファイルナンバーとは、納税者番号のことで、オーストラリアで働くには必須なものです。 手続きはネットででき、比較的簡単です。ネットでも申請方法など日本語で説明しているサイトも数多くあるので大丈夫です^^

しかし、注意点が一つ。 ネット申請後仮番号が発行されますが、正式な番号は郵送されてきます。

人によって期間は様々ですが、僕は大体二週間前後かかりました。 四週間かかったという人もいるので、到着後すぐ申請するのがいいと思います。なので、すぐには移動しないであろうという住所を確保する必要があります。 ホームステイの方は問題ないでしょうが、ホテルやバックパッカーに泊っている方、移動予定のある方は知り合いや学校に状況を説明し、住所を借りるなど工夫が必要です。 通常28日以内に指定住所に届くようです。

在留届

オーストラリアへ三カ月以上滞在する場合、日本領事館へ在留届を提出しなければなりません。ネットで簡単にできますし、何かあった時に安否確認など取りやすいので、こちらも忘れずに提出しておきましょう!

オーストラリア到着~1 ヶ月以内

シェアハウスなど家のこと


僕のように語学学校に一ヶ月だけ通う、ホームステイも一ヶ月だけという場合、 並行してシェアハウスを探す必要があります。アポイントメントを取ったり、内見に行ったり、意外と時間がかかります。 ずっとホテル住まいはお金がかかって仕方ないので、早めに行動しましょう!

国際免許証

日本の免許保有者は比較的簡単に取得できます。 とても国土の広いオーストラリアなので持っていて損はないと思います。 仕事の面でも、旅行でも有利には働くこと間違いなしです!ファームの仕事でも送迎等で国際免許保有者は優遇されますし、送迎費代を稼ぐこともできるかも?!

【オーストラリア ワーホリ】手続き後の動き

上記の手続きを終え、タックスファイルナンバー、デビットカードを受け取ってしま えば、その後はワーホリを楽しむのみです。 面倒くさがらず、入国早々に片づけてしまいましょう!!

【オーストラリア ワーホリ】最初の 1ヶ月注意すること

上記手続きや新しい土地での生活、英語の勉強と、目まぐるしく一日が過ぎ、あっという間に一か月が過ぎてしまうと思います。 友達ができない、仕事が見つからないなどたくさんの困難にぶつかると思います。 またカルチャーショックや日本がいかに便利で素晴らしい国か再確認することとなる でしょう!

そう思えることもワーホリにきたからこそだと思います。 日本では感じられないことをたくさんワーホリで感じてほしいと思います。 特別なことばかりじゃなくていいんです。些細なことでも、今しか感じられない、今だからこそ感じられることを楽しんでほしいなと思います。

困ったときは誰に聞く?

学校の先生やホストファミリー、日本人コミュニティー、エージェント。 思っている以上に日本人や助けてくれる人はいます。ですが、自分から発信しないとだれも助けてはくれません。 困ったときは、迷わず相談してみてください。

まとめ

オーストラリアのワーホリで、到着後1ヶ月目にする手続きはいかがでしたでしょうか?上記の手続きはワーホリ到着後、必ず必要となるものなので参考になれば幸いです。 簡単と書きましたが、やはり一番緊張したのは「銀行口座開設」です(笑)

ですが、皆優しいですし、聞きやすいようにしゃべってくれたりもします。 誰でもこのような手続きは、はじめはわからないことだらけなので、考えすぎず気楽にやっていただければなと思います^^そして、オーストラリアのワーホリを楽しんでほしいですね!

PR

https://global-dive.jp/article/a9946/

この記事を書いたスタッフ

Yosuke Sato

LINE Facebook

佐藤 陽輔

Yosuke Sato

英語は全く話せなかったが、就職後にアメリカ人の友達ができたことがきっかけで海外、英語に興味を持つ。「一度きりの人生、後悔したくない」という想いで一歩踏み出し、26歳で仕事を辞め、リゾートバイトを経て、ZEROから留学を利用し Global Dive でフィリピンに留学中。今後はオーストラリア・ブリスベンへワーキングホリデーで渡豪予定。食べることと旅行が好き。たくさんの人に出会い、パワーをもらい、それをまた他の人に伝えたい。そんな気持ちを常に持ちつつ、海外生活をパワフルに楽しんでいる。

MORE

この記事に関連するタグ

ケアンズに関連する記事

留学ワーホリ・紹介可能な国を知る

COUNTRY

オーストラリア留学費用のお見積り

1週間 88,780円 〜 179,985円
2週間 132,555円 〜 251,895円
4週間 200,300円 〜 395,715円
8週間 350,750円 〜 683,355円
12週間 498,650円 〜 970,995円
16週間 674,600円 〜 1,311,760円
20週間 107,240円 〜 1,599,400円
24週間 970,400円 〜 1,887,040円

お見積り金額は、航空券・海外保険・現地でのお小遣い費用をのぞいた入学金・授業料・教材費・滞在費・食費・ビザなどの留学で必要な費用"すべて"を含んだ金額です。

留学ワーホリ・紹介可能な語学学校

SCHOOL

オーストラリアの語学学校

まずはお気軽にお問い合わせください

留学ワーホリ情報をお届け

lineLINEでお友達に追加する

お電話でのお問い合わせはこちら

0800-080-9800

月-金 9:30-18:00 / 土 9:30-17:00

 ページトップへ
まずは無料カウンセリング line   でお友達に追加する