私だけの留学・ワーホリスタイル グローバルダイブ

留学ワーホリ記事Article2019.11.14

【カナダ 物価】カナダの留学・ワーホリ先での生活費。ちょっとした節約方法はこれ!

こんにちは!Global Dive留学アンバサダーの安川です。ブリティッシュコロンビア州のバンクーバーからオンタリオ州のナイアガラフォールズ に移動してきました! 今回は、カナダで生活するにあたって気になる物価についてのお話をしたいと思います!

PR

https://global-dive.jp/about/working_holiday/

【カナダ留学】全体の物価は?

カナダに行ってみて物価についての感想

物価については日本と一緒やん!と思いました。行く前にカナダは物価が高いから…!という記事をよく目にしたのですが、私の感覚では日本とさほど物価は変わらないんじゃないかと思います。売ってるものも物価もほぼ一緒です!

日本とカナダを比べると

全体の平均の物価でみると変わらないと思うのですが、やはり気候などの環境が違うので日本とは物価の安い物と高い物は違うと思います。あとかなり違うのが税率!カナダは州によって税率が違うのですが、ブリティッシュコロンビア州は12%オンタリオ州は13%です。なので税抜きの物価が変わらなくてもお会計の時に日本に比べて高くなります。
ただこれも州によって日本より低い税率のところもあるのと税金がかからない物もあるので、それほど日本より物価が高い!という感覚にはならないと思います。日本と同じでレジ袋にはお金がかかります。物価が$0.05ぐらいです。ちなみに殆どの食料品に税金がかかりません。日本とカナダの違いはカフェが多く、コーヒーとホットチョコレートがかなり安いです。

友だち追加

>メールでカナダ留学について相談してみる

【カナダ留学】食費(スーパー・外食)

スーパー編

日本と同じでプライベートブランド(トップバリュのような)やNo name(特にブランド名なし)のものは物価が安いです。例えば12本入りの小さめホットドック用のチキンソーセージが低価格だと$2、それ以外だと$3〜4です。野菜などは重さで決まります。計りも売り場にあるので慣れるまでは計ってみるのもいいと思います。トマトは1.5/lb、キュウリは.95/lbぐらいの物価の時もあります。
コストコに行ったことある方は分かると思いますが、こちらのスーパーは大量に入っている方が割安なことがあります。10kgのジャガイモが$2以下の物価だったり…!
野菜はスーパーによってそこまで物価は変わりませんが、高級スーパーはオーガニックの野菜を売っているので野菜にこだわる方は高級スーパーをオススメします。ただ物価は$1〜2増しです。

外食編

ファストフードなら$6ぐらいで食べられます。ただマクドナルドのナゲットは日本より高いです(6個で$5ぐらい)。フードコートに入っているお店でも安くて$10ぐらい、レストランに入ると安くて$11〜12ぐらいです。ハッピーアワーでビール2杯とおつまみ数品(おつまみ代はシェア)で$25ぐらいです。それに税金がかかるのとレストランなどの配膳してもらう場所はチップがかかるのでランチを外で食べると平均$18ぐらいかかります。日本に比べると少し高いです。
先程述べたカフェでの物価ですが、コーヒー1杯$2/Mサイズ。ホットチョコレートもそれくらいです!ちなみにカナダにあるスターバックスのようなお店(スターバックスももちろん沢山あります!)ティムホートンズ!おそらくスターバックスより店舗数多いと思われます。ここのドーナツはほとんどが$2以下で物価も安く美味しいのでオススメです(^ ^)

友だち追加

>メールでカナダ留学について相談してみる

【カナダ留学】日用品(日用品・衣類など)

女性が気になる化粧品は海外ブランドはカナダに来て買うのをオススメします。
ドラッグストアで見た際、例えばメイベリンは通常価格はさほど差がないのですが、品ぞろえが豊富なのと頻繁に割引があるので$10ぐらいのマスカラも$5ぐらいの物価になります。そのときを狙って買うのがオススメです。ちなみにシャンプーやトリートメントの物価も$9ぐらいのものが$5ぐらいになったりします。衣類の物価は日本とさほど変わりません。H&MやForever21など。SALEの時はTシャツも$3ぐらいで買えます。

友だち追加

>メールでカナダ留学について相談してみる

【カナダ留学】交通費(バス・電車)

バンクーバーではzoneで金額が変わります。距離で1zone 2zone 3zoneと変わってきますがバスは一律1zoneです。1zone$3でコンパスカードというSuicaのようなものを買うと割引で乗れます(最初にカードのデポジットとして$6払います)。

ほとんどの主要場所が1zoneで行けるのと平日18:30以降と土日は全区間1zoneになるのでかなりお得に移動できます。また一度乗ったら、その時間から90分間は乗り放題です。この○○分間乗り放題は他の州でもあるようです。

友だち追加

>メールでカナダ留学について相談してみる

【カナダ留学】節約方法(あれば)

 

とにかく色んなお店を見ることをオススメします。こっちのスーパーでは野菜、あっちのスーパーでお肉と乾物など。ドラッグストアも近くに何件かあったりするので回ってみて何を買うならココ!と物価を比べ品定めするのが一番だと思います。服などはSALEの時期に行くとかなり安い物価で購入できます。もしくはthrift shopというリサイクルショップもオススメです!物価も安くたまに掘り出し物があります。私はそこで本を買いました。

友だち追加

>メールでカナダ留学について相談してみる

【カナダ留学】1ヶ月のトータル生活費(概算)

最後に、実際にかかった1か月のトータル生活費を公開します!(概算)

食費:$300
日用品:$50
交通費:$100
娯楽費:$100
滞在費:$600(シェアハウスの相場)
通信費:$45
合計:$1195

友だち追加

>メールでカナダ留学について相談してみる

まとめ

カナダでの生活は日本とさほど変わりがないので海外での生活環境に不安がある方には特にオススメです。売っているものも変わりませんですし、物価もさほど変わりありません。ただ外食は高くなってしまうのでカナダに行く前に自炊スキルを上げておくと良いと思います。あと、日用品は日本から持って来すぎない方が荷物が重くなっての超過を防げるのでいいと思います(^ ^)

友だち追加

>メールでカナダ留学について相談してみる

PR

https://global-dive.jp/about/working_holiday/

この記事を書いたスタッフ

Mai Yasukawa

LINE Facebook

安川 真以

Mai Yasukawa

貯金0円から、一度諦めた海外への渡航を決意。ZEROから留学を見つけリゾートバイトで初めての一人暮らしを経験。そこで出会ったカナダ人夫婦が素晴らしすぎて予定していたオーストラリアからカナダへ国変更。その後Global Diveでカナダへワーキングホリデーへ。初海外、初ホームステイで全てを新しく感じ英語環境にたじろぎながらも毎日楽しくアクティブに生活中!

MORE

この記事に関連するタグ

カナダに関連する記事

留学ワーホリ・紹介可能な国を知る

COUNTRY

カナダ留学費用のお見積り

1週間 85,550円 〜 132,300円
2週間 124,069円 〜 192,599円
4週間 204,295円 〜 518,455円
8週間 35,899円 〜 5,505,875円
12週間 496,695円 〜 815,243円
16週間 641,195円 〜 1,068,359円
20週間 792,295円 〜 1,321,475円
24週間 909,795円 〜 1,574,591円

お見積り金額は、航空券・海外保険・現地でのお小遣い費用をのぞいた入学金・授業料・教材費・滞在費・食費・ビザなどの留学で必要な費用"すべて"を含んだ金額です。

まずはお気軽にお問い合わせください

留学ワーホリ情報をお届け

lineLINEでお友達に追加する

お電話でのお問い合わせはこちら

0800-080-9800

月-金 9:30-18:00 / 土 9:30-17:00

 ページトップへ
まずは無料カウンセリング line   でお友達に追加する