留学・社会人留学ならグローバルダイブ

留学ワーホリ記事Article2018.07.25

ケアンズ留学の魅力を徹底解説!2018年現地視察レポートと共にお届けします。

サンゴ礁で有名なグレートバリアリーフの玄関口の街、『ケアンズ』!オーストラリア・ケアンズに実際に行って、しっかり現地視察してきました。そのケアンズの魅力をたっぷりとをお届けいたします!

恵まれた立地と暖かな気候

ケアンズは地図で見るとオーストラリアの右上辺りに位置しています。オーストラリアってすご~く広いので、国の中でも時差あり、気候の差あり!なので自分にあった都市の大きさや雰囲気以外のところでも都市選びの選択肢が増えるんです♪

そして、オーストラリアの都市のなかでも、北の赤道に近い方に位置しているケアンズは、気候も“熱帯雨林気候”という年中暖かいエリアです。

直行便で7時間半!往復航空チケットはセール時なら5万円!

日本から一番近いオーストラリアの都市・ケアンズ

さらにさらに!「日本からなかなか遠い!」というイメージが抜けきれないオーストラリアだとは思うのですが、ケアンズはオーストラリアの中でも日本から一番近い都市!観光地としても有名なので、日本から飛行機でのアクセスがすごく良いのです!

LCCも飛んでいて往復5万円で行けることも!?

日本から直行便でケアンズまで飛行機が飛んでいて、それもなんと格安航空会社の「ジェットスター」その名の通りびっくりするくらい格安でオーストラリアに行けちゃいます。たま~に驚きのセールを行っている時もあるのですが、そうなると成田⇔ケアンズの往復航空チケットが約5万円程で手に入ることも!下手に国内旅行へ行くよりも、お安く行ける嬉しいお値段です♪ 時間も直行便であれば7時間半程しかかからないので、日本からいける欧米圏の中では一番近い都市の中の一つです!

田舎町ならではの自然とゆっくりと流れる時間

ケアンズは意外と田舎!

私が、ケアンズに降り立って放った最初の一言は、「え、めっちゃ田舎やん!」。そうなんです。あのグレートバリアリーフの玄関口の街と言われているからには「観光客で至るところ賑わい、町には人がわんさか溢れかえっていて賑やかなのだろうな~」と想像を膨らましていたのですが、思っていた以上に田舎でした。

また気候についてですが、特に私の行った時期が2月末。季節が日本とは真逆のオーストラリアは2月末は夏です。ケアンズは常に暖かい地域なので、その中で最も暑い時期に行っちゃったようです。さすが熱帯雨林気候…の夏!驚きの暑さでした。地元の人にも言われました。「短期で来るなら、5月とかの方が断然おススメだよ、なんで今来ちゃったのー?」と(観光客が少なかったのも時期的なものだったようです)

田舎の自然環境は心地よく、風が気持ちいい

私も最初は溶けてなくなっちゃう~と思っていたのですが、その時気づいちゃったんですよね。田舎のケアンズだからこその良さに。すごい暑かったのですが、歩いていると周りには常に木があり、たまに吹く風も気持ちいい~。あ、でもすっごいうるさい木がたまーにあるのでみなさんご用心!

セミの鳴き声のように、「何かの鳴き声が上から聞こえるな~」と思って見上げると「無数のコウモリが鳴いてる!」なんてこともあったので迂回することを切実におススメします。(笑)さもなくは「コウモリのフンが頭に命中!」なんてこともあるのだとか。でも、そんなハプニングも都会のジャングルで生活している佐藤には珍しく貴重な体験でしたし、ゆっくりと流れる田舎の雰囲気はとても心地よくて、ついつい日の当たるベンチで休憩がてら日光浴までしちゃう始末でした。

日焼け止めクリームは超必需品!

その後、ロブスターのように体が真っ赤になったのはいうまでもありません。みなさん、オーストラリアの日光の強さは半端ないです!日焼け止めクリームは超必需品ですので忘れずに!(笑)

街の中心地には人口ビーチやショッピングモールも!

ビーチはないが、人口プールがある!

ケアンズにはビーチがないのですが、ブリスベン同様誰でも利用できる人工プールが海岸沿いにあります!地元の方も観光客の方もここで涼まれている方はとても多かったですよ!

ケアンズ内で生活用品は一通り揃えられるので問題なし!

田舎町なので、町の大きさも小さく、町をほぼ一周できたのですが、驚くことに田舎すぎてどこが街の中心かちょっと分からない!(笑) ただそんな中で「ここが街の中心地ですよっ!!!」とすごく主張してくれてるショッピングモールが、ケアンズの中心地にあります。その名もCairns Central Mall!「名称、まんまやないかいっ!」とも思ったのですがこのモール、結構中が広くて必要なものはすべてここで揃えられるくらいお店の種類も豊富でしたよ!

ダイビングやシュノーケリングで大自然を体感!

グレードバリアリーフでのアクティビティ

佐藤は残念ながら時間も体力も残っていなかったため、挑戦できなかったのですが、ケアンズといえばやはり、大自然を体感できるアクティビティーの数々!グレートバリアリーフでのダイビングやシュノーケリングはケアンズに行ったのなら、みなさん一度はやってみたいのでは!?

透き通ったキレイな海の中で、魚やサンゴ礁、ウミガメと泳げるなんて、なかなかできない体験ですもんね!佐藤もいろいろやってみたかったので「せめて気持ちだけでも~~!」と思い、いろんなパンフレットだけはもらってきました。

マリンアクティビティ以外にも、自然体験がたくさん

ケアンズは、ダイビングの他にもスリル満点のバンジージャンプや、無料で入れる国立公園、郊外にある天然の岩の滑り台や川下りなど、本当に様々なアクティビティーを体験できるのでアウトドア派の方にはとてもおススメですよ!

地元の人がとっても優しくて親切で温かい!

ケアンズの語学学校を訪れた際の佐藤(左)

ケアンズの方々は、とってもあたたかい方が多くて、なんだか実家に帰ったような感覚にさせてくれました!落ち着いた雰囲気の都市でゆったりとした時間の中で「あたたかい人達に囲まれて生活したいなぁ~」という方にもケアンズはとてもおススメの場所ですよ!

この記事を書いたスタッフ

Haruka Sato

LINE Facebook

佐藤 遥

Haruka Sato

アメリカ3年、チェコに2年大学留学で滞在。その他にも中南米やヨーロッパの国々等、計16か国訪問。言語も文化も違う国に一人でDiveするのは勇気が要りますが、その壁を乗り越えると海外での未知なる世界との遭遇、新しい自分に出会えるチャンスです! 海外で培った私の経験と知識で楽しくサポート致します。ぜひ海外での生活という夢を一緒に叶えましょう!

MORE

この記事に関連するタグ

ケアンズに関連する記事

留学ワーホリ・紹介可能な国を知る

COUNTRY

オーストラリア留学費用のお見積り

1週間 101,275円 〜 108,075円
2週間 146,750円 〜 160,350円
4週間 237,700円 〜 264,900円
8週間 419,600円 〜 474,000円
12週間 601,500円 〜 672,900円
16週間 783,400円 〜 878,600円
20週間 973,800円 〜 1,092,800円
24週間 1,155,700円 〜 1,278,100円

お見積り金額は、航空券・海外保険・現地でのお小遣い費用をのぞいた入学金・授業料・教材費・滞在費・食費・ビザなどの留学で必要な費用"すべて"を含んだ金額です。

留学ワーホリ・紹介可能な語学学校

SCHOOL

オーストラリアの語学学校

まずはお気軽にお問い合わせください

留学ワーホリ情報をお届け

lineLINEでお友達に追加する

お電話でのお問い合わせはこちら

0800-080-9800

月-金 9:30-18:00 / 土 9:30-17:00

 ページトップへ
まずは無料相談 line   でお友達に追加する