留学・社会人留学ならグローバルダイブ

留学ワーホリ記事Article2019.08.07

【半年の格安プランをご紹介】人気4カ国の留学費用を徹底解説

「留学するのにはいくらお金が掛かるのだろう...」留学の問合せをいただく方から100%いただく質問です。 留学費用の相場を知っておくと、留学資金を調達する上でも目安となり、月々どれくらい貯金したら良いのかという目標にもつながります。

そこで、今回は留学費用の相場を特に人気のフィリピン・マルタ・イギリス・カナダで算出しました。 併せて、各国のオススメポイント・留学費用を効率よく稼げる費用も紹介していきます。
本日お送りするのはGlobal Dive木村です。最後までどうぞよろしくお願いします。

PR

https://global-dive.jp/school_tag/キャンペーン割引/?utm_source=organic&utm_medium=banner&utm_campaign=innerPR

人気国の半年留学した場合の留学費用はこれだ!【比較】

フィリピン マルタ イギリス カナダ
入学金 15,000円 €60 £50 $150
入学許可書発行費用 0円 €50 £65 $0
入学許可書送付費用 0円 €0 £60 $0
滞在先手配料 0円 €80 £70 $200
スタンダードコース 698,800円 €3,410 £3,410 $4,950
学生寮orホームステイ €2,760 £5,566 $6,240
キャンペーン割引 -20,000円 €-925 -£690 $-675
為替 NA 120.32円 134.12円 82.65円
合計(日本円) 693,800円 653,000円 1,150,000円 897,000円

※上記金額に、ビザ代・現地費用・生活費・航空券・海外留学保険は含まれておりません。
※フィリピン留学のみ平日3食の食事が含まれています。
※キャンペーン割引は一部学校のみ対象になります。

友だち追加

>メールで相談してみる

人気国の各国概要・ポイントを解説!

ここで、フィリピン・マルタ・イギリス・カナダで留学する魅力&ポイントをお伝えしていきます。

フィリピン留学の3つの魅力

授業はマンツーマンレッスン

フィリピン留学では、他の国での留学にはなかなかない、講師と生徒、1対1の「マンツーマンレッスン」が主体の授業スタイルです。留学するからには効率的に英語を学びたい方、まずは基礎からしっかりと学びたいという方、授業では半強制的にでも英語で発言させてくれる環境が欲しい方には、とってもオススメとなっています。

格安で語学留学が可能!物価も安い

留学する語学学校にもよりますが、フィリピン留学の平均費用は、欧米留学の約半分です。しかも、授業数は欧米留学の倍以上!とってもおトクに留学が可能です。さらに、日本からも近く、時差が1時間しかないフィリピンは、初めての留学に最適。物価も日本の約3分の1ほどとなっており、交際費や交通費を抑えられるのも魅力的。滞在先は基本的に学生寮になるため、食事付です。おいしいところを全部詰め込んだ留学先が、フィリピン留学です。

大自然に囲まれた環境と、親日的で暖かな国民性!

都市部から少し離れると、穏やかでキレイなビーチや、日本ではなかなか見ることのない建築物、見渡す限りの絶景の大自然などを味わうことができます。また、フィリピンはフレンドリーで明るい国民性で、地元の方が留学生をあたたかく迎えてくれます。

マルタ留学の3つの魅力

日本人が少なく多国籍!留学費が安い!治安もいい!

地中海に浮かぶ島、マルタ共和国。ヨーロッパや南米からの留学生を中心に、世界中から留学生が集まるため「色んな国の方々とコミュニケーションを取りたい!」という方にオススメ。また、費用面ではヨーロッパの他の国に比べるとマルタ留学の費用は安価。さらに、マルタは治安が良いことでも有名です。「多国籍で日本人が少ないところ」「費用が安めところ」「治安がいいところ」という条件を満たすマルタ留学は「ある程度英語を話せる方の2カ国目の留学先」として、大変オススメです。

ヨーロッパ各国へのアクセス抜群!

地中海にあるマルタ島からはヨーロッパ大陸が目と鼻の先。各ヨーロッパ主要都市への航空券が安く手に入るので、「今週末はフランス行こうかな」ぐらいの軽い感じで、ヨーロッパ各地への旅行が可能!「ヨーロッパを旅行したいけど、その前に英語を少し習得したい!」という方にもオススメな立地。マルタで数週間~数カ月、楽しく英語を勉強してから旅に出れば、各地で出会うの方々とのコミュニケーションがより有意義なものになります。勉強・観光・文化・体験もを一気に経験したいという欲張りな方に、オススメです。

世界遺産がなんと3つ!地中海文明の源を感じられる島

マルタ自体は小さい島国ですが、見どころは盛りだくさん。兵庫県・淡路島よりも小さい面積にも関わらず、世界遺産がなんと3つもあります。その一つが、今から約7000年前に建てられたというマルタの巨石神殿群。この神殿は、エジプトのピラミッドよりも昔に作られているのですが、どのようにして建てられたのか未だ謎。「地中海文明の源」とも言われているマルタ。マルタ留学中は、今もなお残る各神殿を巡りながら、その古い歴史を肌で感じることが可能です。

イギリス留学の3つの魅力

英語発祥の地!綺麗なブリティッシュイングリッシが身につく!

イギリス英語は、別名クイーンズイングリッシュとも呼ばれています。日本教育で学ぶのはアメリカ英語ですが、言い回しや単語のスペル、発音等がアメリカ英語とイギリス英語は違うので、慣れるまでは大変かもしれません。しかし、あの「ハリー・ポッター」や「英国王のスピーチ」等の映画で聞く、イギリス英語の環境の中で生活することが可能です。

伝統と新しい文化が融合した国!

歴史や伝統を残すことに重きを置いているイギリスですが、流行の発祥地として音楽やファッション、アートも有名です。趣のある建造物が古清西洋の雰囲気をそのまま残しつつ、その中に新しく斬新な現代の建物があるなど、それぞれが共存しイギリスの街を形成しています。

多文化の国際都市!ヨーロッパ各地へのアクセス最高!

イギリスには移民の方も多く、いろんなバックグラウンドの方が集まっている国です。そのため、イギリスに住めばイギリス文化だけでなく、いろんな国の文化を学べます。また、街のレストランでは多国籍の料理を味わうことも可能。さらに、ヨーロッパ各地へのアクセスも良く、ロンドンからパリまでは電車で2時間。ドイツやオランダへも飛行機で1時間ほどで渡航可能です。格安航空会社も多く就航しているので、週末にヨーロッパ各国へ旅行することも出来ます。

カナダ留学の3つの魅力

カナダは多文化&他民族国家!留学生への理解がある

カナダは、1867年に建国されて以来、世界各国から移住してきた人々が文化を融合させながら歴史を築いてきた国。そのため異文化、多言語に対しての理解がある人たちが多いんです!多国籍国家なのでカナダでは、いろんなところで、世界中の本場の料理を食べることが出来ちゃいます。

カナダは「住みやすい国」とお墨付き!治安もよく安心

バンクーバー、トロント、カルガリーの3都市が「世界の住みやすい都市ランキング」のトップ10入り!カナダは、治安も良く、世界が認める住みやすい国なので留学時も安心です。

自然と都市が共存!常に自然を感じながら留学できる

基本的には、カナダのどこの都市も、少し街の外に出ればサイクリングやハイキングなど、自然を楽しむことが出来るアクティビティースポットがたくさん!街中にも公園があるので、都市部にいても常に自然を感じて留学生活を送ることができます。

友だち追加

>メールで相談してみる

効率よく留学費用を貯める方法【1ヵ月15万円以上貯金可能】

留学資金を貯める上でもっとも大事なのは、当たり前ですがお金ですよね。
皆さんは1ヵ月どの程度支出があるでしょうか?

【支出例】
・家賃→7万円
・食費→4万円
・交際費→5万円
・雑費→3万円
・合計 : 19万円

仮に手取り23万円の給料を貰っているとすると、4万円しか月に貯金出来ません。
1年で48万円・3年貯めても144万円です。悲しい現実ですね。

お金を貯める為のたった1つのポイント

結論からお伝えします。それは、固定費(家賃等)を下げること。これだけです。
そこで、オススメしたいのが住込みで働けるリゾートバイトなのですが、実際にいくら貯金が出来るのか参考例を紹介していきます。

【支出例】
・家賃→0円※住込み
・食費→0円※職場で提供
・交際費→2万円※田舎なので使い道があまりない
・雑費→1万円※携帯電話等
・合計 : 3万円

手取り20万円の仕事をすると月に17万円貯金が可能です。仮に半年全力で働けば102万円も貯金が可能な計算になります。1人暮らしの家を引き払い、後戻り出来ない状況で留学資金を貯める。これが1番最短で効率よく留学費用を貯める方法です。

節約はあまり意味がない【ストレス貯まります】

留学資金を貯めるのに、節約はあまり意味がありません。節約してストレスが貯まるくらいであれば、節約せず食べたいものは食べましょう。

【節約例】
・ハーゲンダッツ(300円)が食べたいが我慢してスーパーカップ(150円)にする
➡差額150円×30日=4,500円の節約
・スターバックス(500円)が飲みたいが我慢してコンビニ(100円)にする
➡差額400円×30日=12,000円の節約

毎月1万円節約しても留学資金はすぐに貯まらないので、節約はせず、自分自身の固定費を見直しましょう。仕事は大変でも好きなものを食べていれば小さな幸せが募りますし、ストレスも少し軽減されます。

友だち追加

>メールで相談してみる

どこよりも安い費用で留学に行く方法

最後に、どこよりも安く・格安で留学に行く方法をお伝えして終わりにしようと思います。

【どこよりも安く・格安で留学に行く3つの条件】
・無料エージェントを使う
・航空券はLCCで手配する
・海外留学保険はクレジットカード付帯 or 安いものにする

・無料エージェントを使う

我々エージェントは「売る」ものが決まっています。それは海外にある”語学学校”や”大学”です。
ここで、不動産を例にして考えてみましょう。A社・B社・C社に「駅から徒歩5分以内・家賃8万円以下」で家探しを依頼し、全部の会社から同じ物件を紹介してもらったとします。そして、最終的に”AAAアパート”に決まった場合、AAAアパートのオーナーは1人なのでどこの会社で頼んでも家賃の値段は変わらないはずです。

無料エージェント=学校費用をそのまま提示するエージェント

ということになります。
留学の無料エージェントは、不動産でいう仲介手数料をもらわないエージェントのことです。実費で行くのと同じ値段で各エージェントのサポートも受けられるといった形になります。※極端に学費が安い場合はご注意ください。基本的にエージェントが勝手に学費を割引することは禁止されているパターンがほとんどです。

・航空券はLCCで手配する

LCC=格安航空会社になります。航空券は出来るだけ早く取得するのがベストです。渡航日時が迫るにつれて値段は高騰していくので、留学日時が決まり次第、すぐに取得しましょう。まとめて下記のサイトから航空券を検索可能です。
>>スカイスキャナー【全世界の航空券マッチングサイト】

フィリピンなどのアジア圏だと、日本から多数のLCCが就航しています。稀に片道1円セールなどをする航空会社もあるので、定期的にホームページをチェックするのがオススメです。
>>航空券のセール情報はこれを押さえればOK!セール情報が載っているサイトのまとめ

・海外留学保険はクレジットカード付帯 or 安いものにする

短期留学であればクレジットカード付帯の保険で渡航する選択肢もありかと思います。(本来であれば、留学保険に加入される方がサポートは充実しています…)
ご判断はお任せしますが、短期留学且つ、海外に慣れている方であればクレジットカード付帯の保険でも問題ありません。長期の場合は何らかの保険に加入することを強くオススメします。

✓おすすめの海外留学保険
AIG海外留学保険
JI海外留学保険
たびほ 海外留学保険

最後に少しだけ宣伝させてください<(_ _)>

Global Diveは完全無料の留学エージェントです。その他にもリゾートバイトのご紹介・上京支援サービスや旅人採用といった事業も手掛けております。
リゾートバイトの紹介・留学資金貯蓄サポート・留学中のサポート・帰国後の就職サポートまですべて弊社で可能です。各担当カウンセラーが最後まで責任をもって担当いたします。

以上、Global Dive 木村でした。海外・留学を通じ人生を豊かにしましょう。

友だち追加

>メールで相談してみる

PR

https://global-dive.jp/school_tag/キャンペーン割引/?utm_source=organic&utm_medium=banner&utm_campaign=innerPR

この記事を書いたスタッフ

Taiichi Kimura

LINE Facebook

木村 太一

Taiichi Kimura

フィリピンに約3年滞在し、留学・現地学校での勤務・現地就職を経験。その他に、タイ・インドネシアなど東南アジア各国で生活していました。海外歴は計5年程。現在は退職留学専門カウンセラー・内閣府認証 留学協会認定カウンセラーとして活動中。留学協会・元北海道支部長代理。

MORE

この記事に関連するタグ

関連記事

まずはお気軽にお問い合わせください

留学ワーホリ情報をお届け

lineLINEでお友達に追加する

お電話でのお問い合わせはこちら

0800-080-9800

月-金 9:30-18:00 / 土 9:30-17:00

 ページトップへ
まずは無料カウンセリング line   でお友達に追加する