留学・ワーキングホリデー・バックパックをする際に役立つ情報ブログ

BLOG 役立ちブログ

Global Dive 体験談 語学留学 フィリピン カウンセラーブログ

【フィリピン留学・体験談vol.6】タニガワ君|フィリピン・バコロドのLSLC校 byチュクディ親子(2017.07.19)

みなさんこんにちは!
Global Diveのチュクディ親子(ちかこ)です。

 

本日は、フィリピン・バコロドにあるLSLC校へ現在留学中のタニガワ君からフィリピン:バコロド留学レポートが届きましたので、ご紹介させて頂きます! バコロドについては、先日OKEAの佐藤さんがお越しになった際に少しご紹介させて頂きましたが、フィリピンの中でも治安のいい都市なんです。

[ 以前ご紹介させて頂いたバコロドについてのブログはコチラ! ]

 

今日はタニガワ君のレポートに移る前に、まずは「バコロドにあるLSLC校ってどんな学校なの?」というところを先にご紹介させて頂きますね!

 

 

[1]LSLC校の魅力

 

170719_bacolod_02
LSLC校の外観

 

1.大学付属の語学学校。日本人比率が低い!

LSLC校は、サンアグスティン大学内の付属の語学学校。学校の寮は大学の真横に位置しており、周辺の環境は穏やかな印象です。また、在籍生徒の韓国人比率がなんと80%! 同じアジアの中でも、韓国の方は英語のスピーキング力がとっても高いことで知られています。一緒に勉強していても刺激を受けることも多いんです。だから、LSLC校は「せっかく留学するんだから、フィリピンの中でも日本人が少ない学校に行きたい!」という方にはオススメです!

 

170719_bacolod_08
タニガワ君とLSLC校の仲間たち

 

2.フィリピンの地元らしさを体感できる!

次に授業について。グループレッスンは寮内ですが、マンツーマンレッスンは大学内で受講します。そのため、地元バコロドの大学生が通う学校で、彼らと同じようにキャンパス内を歩くことになります。フィリピンの地元感を存分に感じることが出来ますよ!

 

170719_bacolod_15
LSLC校の授業風景

 

3.校長先生と日本人の担当者さんが凄くいい人!

最後に、私チュクディのLSLC校オススメポイントは、何と言っても校長先生と日本人の担当者さんの人間性!お二人ともとっても良い方なんです!! 実際に、Global Diveを通して留学している他の生徒さんたちはみんな、バコロドの土地だけではなくLSLC校の先生、担当者の方々に満足して学んでいる方ばかりです。

 

170719_bacolod_12
私、チュクディ親子が視察済みです!

 

そんな魅力がいっぱいのLSLC校。では早速、バコロド留学やLSLC校に関してのリアルボイスを、現在留学中のタニガワ君よりお伺いしていきましょう!

 

 

 

 

[2]タニガワ君・留学レポート

 

Q1. バコロドに行かれる前の印象はどうでしたか?

とりあえず場所がどこかもわからなかったので、印象は特にないのですが、渡航前には「治安面はどうなんだろう」という不安はありました。

 

Q2. 実際にバコロドに滞在されてみての生活はいかがですか?

日本にいる時よりも、生活自体や時間の流れはゆったりしています。また、物価が日本に比べてかなり安いです。タクシー初乗り150円、マッサージ 400-500円など。生活環境も特に不便さは感じないです。近くに、ショッピングモール、薬局、ファーストフード、カフェ、レストラン、ジム、ネイルサロンなどがあります。

ショッピングモールまでは、ジプニー(現地の乗り合いバスで、運賃はLSLC生徒は12円)も気楽に使えるので移動に関しては不便さは感じません。

 

170719_bacolod_09
タニガワ君より

 

Q3. 大学内に語学学校がありますが、地元の大学生との交流などはありますか?

ラサール大学と提携してる時はかなりあったそうですが、今はほぼほぼ皆無です。

 

Q4. 「LSLC校を選んで良かった」と思う点はありますか?

  • ・授業の雰囲気が緩く、自分のペースで学べる
  • ・寮のスタッフ達が全員優しく、フレンドリー
  • ・韓国人、台湾人、ベトナム人、の友達が多くできて、一緒に遊びに行ったり、スポーツしたりした。
  • ・学校の先生が優しくて、親切で一緒にご飯を食べに行ったりできる
  • ・授業のコマ数や宿題が特段、多いわけではないので予習、復習はやりやすい

 

 

Q5. LSLC校の食事・学校施設・寮施設はいかがでしょうか?

 

A.食事について

韓国資本なのでスパイシーな味付けが多いです。お米はおいしいです。一昔前の、学校給食という感じで、おかわりは自由。但し、過度の期待は禁物です。

 

170719_bacolod_17
サンアグスティン大学のフードコート

 

B.学校施設について

サンアグスティン大学は、建物自体は綺麗ではないです。しかし、勉強する際に特に気になる所があるわけではありません。登校の際に、短パンを履いていると警備員によっては、注意を受けることがあります。(大学の夏休み期間の4月から6月2週目までは特に何も言われませんでした)すぐ近くにミニストップもあるので特に困ることはないです。

 

170719_bacolod_16
サンアングスティン大学の正門

 

170719_bacolod_13
大学のすぐ近くにはミニストップもある

 

C.寮施設について

ハウスキーパーさんが週に何回か丁寧に掃除してくれるので、特に部屋に関しては不満はありません。ただ、フィリピンの電気代が高いので給湯器、エアコンの長期の使用は控えた方がいいです。

 

170719_bacolod_01
二人部屋の寮

 

170719_bacolod_18
寮の共同談話室

 

170719_bacolod_19
寮内にあるジム

 

Q6. バコロドで遊ぶならどういう所がオススメですが?

10年ほど前の日本の曲があるカラオケ店、Khan spa の近くのバトミントン場、ショッピングモールで買い物(女性用の服は可愛いらしく、安いものが多いらしいです)、カフェ、映画館(200ペソ=約400円)

 

170719_bacolod_10
タニガワ君より。近所にバトミントン場がある

 

Q7. 留学されてからご自身の中で変わった点はありますか?

地元のサービス業の人たちを見て、日本に比べて過度な接客をするわけではなく、店員もお客も1人の人間であり、対等な立場だと再認識しました。

また、英語に関してはますます英語の勉強をしたいと思うようになりました。他の国の人たちの性格、考え方、それぞれ国の文化、食べ物、他国から見た日本のイメージなど、日本という国にとても興味を持っていることが分かり、自分も海外に目を向けるようになりました。

 

170719_bacolod_11
タニガワ君より

 

Q8. 帰国後、これからのプランや目標をお聞かせください!

英語の勉強はこのまま継続してやり続けて、もう一つ追加で他の語学も勉強しようと思ってます。

 

Q9.最後に一言

事前の英語の基礎勉強は絶対的に必要だと思います! 最低限ある程度の単語と文法は固めておかないと、正直1ヶ月2ヶ月程度ではほぼ変わらないです。逆に、とても英語ができるor話せる人にとっては授業が物足りないと思います。

日本人が少なく、韓国人はグループで固まる習性があるので自分からどんどん話にいったり、
挨拶しないと、友達にはなれないかもです。近くにチャイナタウンがあり、そこで服や日用品のもの(ほぼぼ偽物ですが……)が、かなり安くで買えるのでとても興味深いです 笑

 

170719_bacolod_07
タニガワ君より。フィリピンの巨大ピザ!大勢で分けて食べる

 

170719_bacolod_06
タニガワ君より。バコロド観光を満喫

 

 

[3]編集後記

 

フィリピン、バコロドのLSLC校に留学中のタニガワ君の現地レポート、いかがだったでしょうか? バコロドのいいところも、不便なところも留学中のタニガワ君ならではの視点でレポートしてくれていて、すごく参考になります!

Global Diveでは、バコロド含め紹介している語学学校はすべて現地視察を定期的に行っており、みなさまに新鮮な情報をお伝えすることが出来ますよ! 是非一度お気軽にご相談くださいね!カウンセリング無料です。

 

LSLC校のスクール情報:こちら

 

WEBお問い合わせ:こちら

大阪・電話番号:06-6345-2020

担当者:チュクディ、黒崎

東京・電話番号:03-5657-3030

担当者:佐藤、清水