留学・社会人留学ならグローバルダイブ

留学ワーホリ記事Article2019.02.05

イロイロ留学を【徹底解説】!買い物事情、レストラン、治安状況、交通手段をご紹介します。

こんにちは!常夏の国フィリピンのイロイロ市で語学留学中の佐藤陽輔です。イロイロ市は、フィリピン中部ビサヤ諸島のパナイ島南岸に位置し、比較的安全に暮らせる都市です。フィリピンで9番目に人口が多い都市でもあり、利便性もばっちり。近くにはマンゴーで有名なギマラス島もあります。そんなイロイロで在学中の僕が「語学学校はどうなのか?」「食べ物はおいしいのか?」「娯楽や交通事情などはどうなのか?」など、現地に住んでみたからわかったこと、感じたことなどのリアルな情報をお届けしていきたいと思います。皆様の留学への手助けになればと思います。それでは、今回は「イロイロ」についてご紹介したいと思います。

ショッピングモール

ショッピングモール『ROBINSON』(佐藤さん撮影)

ショッピングモールは複数あって便利!

イロイロには『SM CITY MALL』、『ROBINSON』、『MEGA WORLD』といったショッピングモールがあります。僕が通う語学学校「WE ACADEMY」から SM CITY MALL へはジプニーで 15 分、ROBINSON へは歩いて 15 分、MEGA WORLD へは SM から徒歩 15 分ほどで行けます。

ショッピングモール自体は日本とあまり変わりません。イオンモールやルミネを少し古くして想像していただければわかりやすいと思います^^;

 

ショッピングモール『MEGA WORLD』の外(佐藤さん撮影)

イロイロ市のショッピングモール(佐藤さん撮影)

イロイロ留学中の休日は、とりあえずショッピングモールへ!

食事、食料品、コスメ、ブランド、本屋、映画館、美容院と、とりあえずショッピングモールに行けば全て揃っていますが、スーパーマーケットに比べると多少値段は高いです。

僕の語学学校の生徒、先生共に休みの日は「とりあえずショッピングモールに行く…」という人が多いです(笑)ちなみに語学学校へ来た次の日、オリエンテーションで SM へ連れて行ってくれます。そこで両替や足りない日用品を買いましょう!!英語のファーストコミュニケーションです、頑張りましょう!!

注意点:冷房が効きすぎ

エアコンがすごく効いているので長時間いる方や寒さに弱い方は上着を持参することをおすすめします。

コンビニエンスストア

クイックマート(佐藤さん撮影)

コンビニも徒歩3分圏内

イロイロ市の主なコンビニエンスストアは3つあり、セブンイレブン、クイックマート、ミニストップです。日本ほどではありませんが結構な数のコンビニエンスストアがあります。語学学校のWE ACADEMY からも3分くらいの距離にセブンイレブンとクイックマートがあります。

 

イロイロ市のセブンイレブン(佐藤さん撮影)

ガーリック味のピーナッツがお気に入り

日本のクオリティーには到底及びませんが、フィリピンらしい商品もあるのでぜひ行ってみてほしいと思います。セブンイレブンで売っているガーリック味のピーナッツがお気に入りです。日本にも売っているのでしょうか?

ちなみに学校近くのセブンイレブンにはミスタードーナッツも売っています。

地元の市場・屋台

市場のフルーツショップ(佐藤さん撮影)

市場・屋台の価格は比較的安め

イロイロ市には、いたるところにフルーツショップ(マンゴーやリンゴ)、屋台(BBQ やバロット)、市場(野菜や肉)があります。マンゴーが 5 個で 120 ペソ(約 240 円)など比較的安く物が買えます。

イロイロ市の市場・屋台(佐藤さん撮影)

コミュニケーションをとると英語の勉強にもなる!

正直、見た目は汚いですが、気さくな方が多く、値切ったりして英語の勉強になったりもします!!僕はよくマンゴーやジュース、BBQ を買いますが、今のところお腹を壊したことはありません。

レストラン

フィリピン料理のレストラン(佐藤さん撮影)

多国籍のレストランが充実!

イロイロ市には、フィリピン料理はもちろんのこと、日本食、中華料理、ドイツ料理、イタリアンなど多種多様なレストランがあります。

 

フィリピン料理

フィリピン料理レストラン(佐藤さん撮影)

イタリアン

イタリアンレストラン(佐藤さん撮影)

日本料理

日本料理レストラン(佐藤さん撮影)

日本料理もフィリピン仕様の味付けがされている(佐藤さん撮影)

日本食レストランは少し物足りないというかフィリピン仕様になっていますが、どのレストランもおいしいです。でも高いので、本当に恋しくなった時に行くようにしています(笑)

 

ピザ屋 Pizzaro が個人的におすすめ!

イロイロの中でも僕がおすすめするレストランは、「Pizzaro」というピザ屋さんです。学校からジプニーで 15 分ほどの所にあります。

ピザ屋『Pizzaro』(佐藤さん撮影)

とても安い、大きなピザが食べられ、そして美味い!!!一番大きなサイズで 36 ピース。

Pizzaroのピザ(佐藤さん撮影)

これがたったの 804 ペソ(約 1600 円)です!

日本では考えられないサイズと値段ですよね!!このサイズのピザを頼むときは3~4人で行くことをお勧めします!僕たちは3人で行きましたが、食べきれませんでした…^^; ちなみにテイクアウト、デリバリーもやっているそうなのでぜひトライしてみてください!

SM 内にピザハットもあります。

カフェ

イロイロにはお洒落なカフェがたくさんあります。ショッピングモールにはもちろん、市内のいたるところにカフェがあります。有名どころだと「COFFEE BREAK」、「BO`S COFFEE」、「STARBACKS」などがあります。

 

BO`S COFFEE

「COFFEE BREAK」はコーヒーが安くて美味しい(約 100 円~)、ケーキも美味しいのでおすすめです。他のコーヒー店は大体 300 円からのところが多いです。

COFFEE BREWTHERHOOD

COFFEE BREWTHERHOOD(佐藤さん撮影)

そして、僕の一番のおすすめは「COFFEE BREWTHERHOOD」というカフェです。ROBINSON の近くにあり、小さいですがとてもお洒落でコーヒーが美味しいです。

 

どのカフェもWi-Fi完備

どのカフェも Wi-Fi があるので、勉強をしたり本を読んだりするのに最適です。もちろんケーキも美味しいのでぜひ食べてみてください。

バー・クラブ

イロイロにはバーやクラブなどはそんなに多くはありません。

(1)Garaje Food District

学校から一番近く、徒歩3分くらいのところにあるバーが集まっている場所です。読み方は「ガラへ」。値段は安いですが、特別楽しいところではないので一度しか行ったことがありません(笑)

 

(2)SMALL VILLE

クラブ、バーなどかなりの数が集まっているところです。「クラブに行く」といったらここです!金曜、土曜の夜は皆がこぞってここへ行きます(笑) 僕はクラブが苦手なのであまり行ったことはありませんが、飲んで騒ぎたい、いろいろな人と仲良くなりたい人にはおすすめです!

SMALL VILLE のクラブは、一か所しか行ったことがありませんが、その時は入るのに 150 ペソ(約 300 円)かかり、ワンドリンク付きでした。ただし、サンダルで行くと+50 ペソ(約 100 円)かかります ので、靴で行くことをおすすめします。またバーなどもサンダルでは入れないところがあるので注意が必要です。僕もこれで一度入れませんでした。

クラブの中は金曜、土曜だと人であふれかえっています。ほぼフィリピン人なので友達を作ることもできるかも…? 盗難、スリに注意が必要です。

 

(3)CENTRAL PARK

落ち着いた雰囲気で様々なお店、バーが集まった場所です。SM に近く、毎晩バンド演奏などがあります。またビリヤードができたりもします。

友達と話しながら飲みたい時などにこちらへ行きます。僕的には SMALL VILLE よりこちらの方が好きです。

治安について

注意点3つ

日本よりは注意しなければいけない点があります。

 

(1)盗難、スリ

フィリピン人の先生でさえ携帯や財布の盗難にあっているのが現状です。自分はカバンを開けられて何故か手を除菌するアルコールを盗まれました(笑)

日ごろから注意は必要ですし、フェスティバルやイベント時などは特に被害が増えるので“外ではあまり携帯を出さない”、“財布はチープなものに変え、少額にしておく”、“カバン・リュックは身体の前に”など細心の注意が必要です。

(2)夜に一人で出歩かない

昼間は何の問題もないのでぜひともたくさん歩き、素敵なお店や場所を発見していただきたいと思います。

ただし夜は男女問わず一人で出歩かないのが一番だと思います。僕の学校の近くにはスラムもあるのでなおさらです。特に被害にあっているわけではないですが頭の片隅に置いておいていただけるといいと思います。

(3)野犬に気をつける

野良犬の数が本当に多いです。びっくりするぐらいいます。狂犬病などの心配があるので触らない、かまわない、のが一番です。たまについてきたり、追いかけられたりもするので、全力で逃げましょう(笑)

 

結論!イロイロは住みやすく安全。現地の人々もフレンドリーです!

治安について、悪いところばかり挙げてしまいましたが、イロイロは本当に住みやすい街です。安全ですし、みな気さくでよく話しかけられたりもします。ちなみにフィリピンでは K-POP、韓流ドラマが人気なのでよく「アンニョンハセヨ」と言われます(笑)

交通事情について

移動手段は3つ

イロイロでの主な移動手段は3つあります。

 

(1)ジプニー(Jeepney)

一区間8ペソ(約16円)。
フィリピン生活では欠かせない乗り物です。基本的にジプニーが走っているところなら何処からでも乗ることができます。最初は難しく、わかりにくいですが、フロントガラスや車体に行き先が書いてあります。

ジプニーを止め、乗り込み、運賃を払い、降りるだけです。運賃はバケツリレーのように客から客へ手渡しされますので、“バイヤッド(Bayad)”と言えば受け取ってくれます。目的地に着いたら、ラガー ラン(Lugar lang)と言えば止まってくれます。

とても安く移動できるので日常的に使うようになるでしょう。ここでは盗難・スリに注意しましょう!

*たまにお釣りをちょろまかされます(笑)

 

(2)タクシー

初乗り 40 ペソ(約 80 円)
道が混んでいると高くつきますが、どこにでも行ってくれるため便利です。人数が多いとジプニーに乗れない時が多いのでタクシーを使う頻度も多いかと思います。

イロイロのタクシーではぼったくられる心配はまずないと思いますが、なるべく綺麗な車体のタクシーに乗るようにしましょう。

 

(3)トライシクル

最初に値段交渉が必要です。
だいたい近場だと 10 ペソ(約 20 円)ですが、ぼったくられる可能性が高いです。

高い金額を言われたら断るようにしましょう。島などに旅行に行った際はトライシクルが主になると思いますが、島などではぼったくられたことはないので安心してください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?イロイロについて少しでもわかっていただけたでしょうか?

少しでも皆様の留学の手助けになれば嬉しいです。イロイロは初めての海外生活にはとても向いています。住みやすくていい都市なのでぜひ足を運んでいただきたいと思います!!

まだまだ伝えきれていない部分もあるので、これからもリアルな情報を届けていきたいと思います!!

この記事を書いたスタッフ

Yosuke Sato

LINE Facebook

佐藤 陽輔

Yosuke Sato

英語は全く話せなかったが、就職後にアメリカ人の友達ができたことがきっかけで海外、英語に興味を持つ。「一度きりの人生、後悔したくない」という想いで一歩踏み出し、26歳で仕事を辞め、リゾートバイトを経て、ZEROから留学を利用し Global Dive でフィリピンに留学中。今後はオーストラリア・ブリスベンへワーキングホリデーで渡豪予定。食べることと旅行が好き。たくさんの人に出会い、パワーをもらい、それをまた他の人に伝えたい。そんな気持ちを常に持ちつつ、海外生活をパワフルに楽しんでいる。

MORE

この記事に関連するタグ

イロイロに関連する記事

留学ワーホリ・紹介可能な国を知る

COUNTRY

フィリピン留学費用のお見積り

1週間 59,700円 〜 166,400円
2週間 82,950円 〜 255,452円
4週間 129,450円 〜 452,952円
8週間 184,810円 〜 889,784円
12週間 337,870円 〜 1,334,597円
16週間 433,465円 〜 1,768,669円
20週間 528,765円 〜 2,202,741円
24週間 614,813円 〜 2,636,813円

お見積り金額は、航空券・海外保険・現地でのお小遣い費用をのぞいた入学金・授業料・教材費・滞在費・食費・ビザなどの留学で必要な費用"すべて"を含んだ金額です。

留学ワーホリ・紹介可能な語学学校

SCHOOL

フィリピンの語学学校

まずはお気軽にお問い合わせください

留学ワーホリ情報をお届け

lineLINEでお友達に追加する

お電話でのお問い合わせはこちら

0800-080-9800

月-金 9:30-18:00 / 土 9:30-17:00

 ページトップへ
まずは無料カウンセリング line   でお友達に追加する