留学・ワーキングホリデー・バックパックをする際に役立つ情報ブログ

BLOG 役立ちブログ

Global Dive 体験談 リゾートバイト フィリピン

【フィリピン留学|体験談vol.12】村上さんにインタビュー Part2「フィリピン・バコロド留学編」(2018.2.5)

みなさん、こんにちは。Global Dive(グローバルダイブ)のWEB担当・増田です!

 

今回は、前回のPart1『リゾートバイト編』に引き続き、リゾートバイト&2カ国留学の経験者・村上さんのインタビューPart2『フィリピン・バコロド留学編』をお届けいたします! 村上さんが留学先にバコロドを選んだ理由から、実際に行ってみての感想までインタビューさせて頂きましたので、是非ご覧ください!

 

▼前回のインタビューPart1はこちら
【留学|体験談vol.12】村上さんにインタビュー Part1「リゾートバイト編」(2018.1.19)

 

村上さんにインタビュー Part2


バコロド留学では、美しいビーチも満喫できる

 

村上さんのご経歴

 

□16年4~6月|箱根リゾートバイト(アプリリゾート)

□7~8月|南紀白浜リゾートバイト(アプリリゾート)

□9~12月|由布院リゾートバイト(アプリリゾート)

□12月~翌3月|那須塩原リゾートバイト(アプリリゾート)

■2017年4~6月|バコロド留学3ヶ月(Global Dive)

■7~9月|浜名湖リゾートバイト(アプリリゾート)

↑↑ Part2でインタビューするのはココ

□9月~11月|マルタ留学2カ月(Global Dive)

 

 

最初の留学先として、フィリピン・バコロドを選んだ理由


バコロド留学中に行ったボラカイ島での一枚

 

増田「それでは、さっそくですがフィリピン・バコロド留学について教えて下さい。まず、どうしてフィリピンを留学先に選んだんですか?」

 

村上さん(以下、敬称略)「初めての海外留学だったので、(1)生活しやすい、(2)治安が良い。この2点を重視して留学先を探してもらいました。最初は、Global Diveカウンセラーのチュクディさんにフィリピン・セブ島をオススメされたんですけど、ビーチリゾートってイメージが強かったので、あえて誘惑を断ち切って英語の勉強だけに集中できる環境に身を置こうと思いました」

 

増田「ストイックですね……!(※もちろんセブ島には、ストイックな方に英語力を伸ばしたい方向けの語学学校もあるのでご安心を)」

 

村上「そうしたら『同じフィリピンでも、バコロドはちょっと田舎の学生街みたいなところでいいよ』とオススメしてもらい、バコロドを留学先に選びました」

 

増田「村上さんは、もともとバコロドという街はご存知でしたか? 僕は、Global Diveを担当するまで知りませんでしたが……」

 

村上「私も知らなかったです。チュクディさんに相談した際に『治安が良くて、しっかり英語を勉強するならオススメ』とのことだったので、『じゃあ行ってみよう!』って。即決でした」

 

 

バコロドの生活環境・物価について


バコロドでは、交通手段としてバイクタクシーもよく使われる

 

増田「それでは、実際にバコロド留学してみていかがでしたか? 生活環境とかで不便はなかったですか?」

 

村上「すごい便利でしたよ!勝手なイメージで『フィリピンって不便なのかな』と留学する前までは思ってて、シャンプーとか生活用品は日本からいろいろ持って行ったんですけど、全部向こうのスーパーで調達できました! しかも、バコロドだと品質のいいものも安く買えて、シャンプーなんか日本よりも断然品ぞろえ良くて安い! 帰国する前に、石鹸とかシャンプーを大量に買って帰ったので、それを今でも使ってます。あと、ショッピングセンターも3つぐらいあって便利で。交通手段にジプニーを使えば片道12円とかで行けちゃうんですよ」

 

増田「12円!?安っ!!! 破格どころじゃないですね。では、寮環境などはいかがでしたか?」

 

村上「気になるのが衛生面だと思うんですけど、私はそれほど気にならなかったですね。昔、友達の旦那さんがセブ島留学したときは『シャワーが止まった』みたいな話は聞いてたんですけど、私が行ったときは全くそんなことなかったです。……あ、でも1回だけシャワーから泥水が出たことはありました」

 

増田「えっ!!!泥水!?」

村上「たまにあるらしいんですよ」

増田「シャワー浴びてるのにどんどん汚れていくってことですよね……」

 

村上「でも、もともと海外の水回りについては、日本ほどのレベルは期待していなかったので。ヨーロッパでも水が出ないとかお湯が出ないって話はよく聞きますし」

 

増田「たくましい……」

 


バコロド留学中に屋台をまわる村上さん


バコロド留学中の食事。韓国の方が多いため、キムチ付き!

 

留学中の寮環境について

 

増田「村上さんは、バコロド留学中は相部屋だったんですか?」

 

村上「いえ、1人部屋でした。最初は1人部屋がいいかなあと思って、そうしてもらったんですけど、相部屋にしとけばよかったなぁって後々思いました。結局、留学期間中は相部屋の友達のところに遊びに行ったりして。韓国人が多かったんですけど、みんな相部屋で楽しそうでした!」

 

増田「お部屋でおしゃべりしたりとかですね。やっぱり1人部屋は寂しかったですか?」

 

村上「1人は好きなので良かったんですが、部屋に1人だと英語を使わなくなるんですよね」

 

増田「あー!そういうことかー!!」

村上「なので、2カ国目のマルタ留学では相部屋にしました!」

 

 

 

バコロドの語学学校について

 

増田「語学学校での授業はどういうかんじでしたか? 1日のスケジュールが気になります」

 

村上「朝9時ぐらいから個人レッスンが4時間あって、そのあと2時間グループレッスンがありました」

 

増田「うおー、すごいガッツリ……。さらに、授業が終わったら友達と英語でしゃべることで勉強してってかんじですよね?」

 

村上「そうですね! 韓国の方は大学の授業の一環で留学するそうで、同じ寮にいるのも大半が韓国人でした。ちなみにベトナム人の方もいたんですけど、なまりがすごくて、正直最初は何を話しているのか全然聞き取れませんでした」

 

増田「英語って、国ごとのなまりとかクセって結構あるって聞きますもんね……」

 

村上「日本でいうところの方言みたいなものなんでしょうけど、最初は慣れなかったですね。でも毎日一緒に食事をしていたので、だんだんベトナムの方が話す英語も聞き取れるようになっていきました。最初は本当に『おはよう』とかの挨拶すら聞き取れなかったですけど……」

 

増田「そんなに!?」

村上「上手く表現ができませんが、すごく独特なしゃべり方なんです。フランス語っぽいのかな、モシャモシャモシャ……みたいな。質問されてるのに、それすら気づかないような状態でした」

 

増田「なるほど……2カ国語聞き取るようなものと考えると、大変そうですね」

村上「でも今ではベトナム人の友達が一番仲良しなんです! 来月はバコロド留学中に出来た友達たちと、ベトナムにいる友達に会いに行く予定で! 日程だけ決めて、あとは『じゃあ現地集合でー』って連絡して」

 

増田「現地集合!? なんか駅前集合ぐらい軽い感じですね……すごい!!」

 

 

留学して2週間で「英語脳」に!?


バコロド留学で海外の友達もたくさん出来た、と村上さん(右)

 

増田「それでは、英語力について質問です。3か月バコロド留学してみて、どれくらいで『自分の英語の力が伸びてるなぁ』って実感できるものですか?」

 

村上「そうですね……留学して2週間ぐらいで英語脳になる気がします。私も2週間経った頃には日本語がパッと出てこなくなったり、英語で夢を見るようになったり」

 

増田「かっこいい……」

村上「語学学校のクラスでも本当に日本人が自分しかいなくて。ルームメイトにもいないし、だから必然的に、留学中は日本語を話す機会がなくなるんですよね。最初の1週間は英語のアクセントもわからなかったけど、次の1週間でなんとなく話せるようになって、2週間いたら英語で会話することが普通の感覚になると思います」

 

増田「日本語を話す機会をなくすっていうのは、英語力をしっかり伸ばそうと思ったら重要なんですね……。他に言語がないから英語脳にならざるを得ないみたいな。でも、周りに外国人しかいないっていうのも、かなりストイックなプランですよね」

 

村上「ただ、留学中のクラスについては意図的にそうしたわけじゃなくて、たまたま日本人が私しかいなかったんですけど、結果的にはそれで良かったなと思っています!」

 

増田「やっぱり途中で、日本語を話すようになると戻っちゃうんですね」

村上「そうですね。(バコロド留学の次に行ったマルタ留学から)日本に帰ってきて今日でちょうど2週間ぐらいですけど、だいぶ英語を忘れていっています……」

 

増田「えっ……そんなにすぐ!?」

村上「だから帰国後も、リスニングの勉強だけは今も欠かさずしています。バコロド留学中は、普通にご飯食べながらのおしゃべりが英語だったので。やっぱり、あの環境はすごくよかったです」

 

 

帰国後の浜名湖リゾートバイトについて


バコロド留学中に撮った夕焼けのビーチ

 

増田「話変わって、3カ月のバコロド留学のあと、村上さんは日本に帰ってきてから、静岡県・浜名湖にある遊園地でリゾートバイトされたんですよね。浜名でのリゾートバイトはいかがでしたか?」

 

村上「ちょうど海外のお客様も多くいらっしゃる現場だったので、留学経験はすごく活かせたと思います!」

 

増田「おお!よかったです!!例えば、具体的にはどんな場面がありましたか」

村上「ロープウェイ乗り場の受付だったのですが、英語を話せる社員さんが周りにいなかったので、海外から団体のお客様が来た時などはすごく頼りにしていただけました」

 

増田「『ちょっと村上さん呼んでー!!』みたいな」

村上「まさにそんな感じです(笑)職場自体も少人数ですごくアットホームなところだったので、居心地がよかったですね」

 

増田「休日は、職場の人と遊びに行くこともありましたか?」

村上「はい!休館日は全社員がお休みなので、浜松観光に連れて行ってもらいました。社員のみなさんには本当によくしていただいたので、実は(マルタ留学から帰国した後)浜名湖に寄って遊んでもらってから、ここにきました」

 

増田「同僚の方とすごく良い関係を築けたんですね、ステキです! 浜名湖リゾートバイト中は、それ以外はどんなことをしてましたか?」

 

村上「英語の勉強や、海外の友達とスカイプでおしゃべりしていました!」

 

増田「外国の方と?」

村上「そうです。勉強のためというより、本当におしゃべりってかんじですけど」

 

増田「僕もそんな休日を過ごしたい人生でした。ほんと英語やっとけばよかった……。この後、村上さんは浜名湖リゾートバイトが2017年の9月に終えて、10月からマルタ留学へ行かれることになるんですが……、すごい世界中飛び回ってますね!!」

 

村上「移動距離だけ考えるとすごいですよね(笑)」

増田「確かに! それでは、次はまたマルタ留学について、いろいろ教えていただいてもよろしいでしょうか……?」

村上「もちろんです! よろしくお願いいたします!」

 

 

▼フィリピン・バコロド留学が気になった方はこちらも併せてチェック

【フィリピン留学】バコロドOKEA校の佐藤さんがお越し下さいました!by チュクディ親子(2017.06.23)

【フィリピン留学・体験談vol.6】タニガワ君|フィリピン・バコロドのLSLC校 byチュクディ親子(2017.07.19)

 

 

まとめ


留学中に村上さんが撮影したマルタの海

 

次は、いよいよインタビューPart3! マルタ留学体験談を語っていただきます! 実際にマルタ留学した村上さんだからこそ聞けた情報が満載です。マルタ島の気になる生活環境のこと、語学学校のこと、食事のこと、物価のこと、友達のこと……村上さんにたくさん語って頂いておりますので、是非Part3もお楽しみに!!

 

▼Global Dive体験者・村上さんへのインタビュー

【留学|体験談vol.12】村上さんにインタビュー Part1「リゾートバイト編」(2018.1.19)

【フィリピン留学|体験談vol.12】村上さんにインタビュー Part2「フィリピン・バコロド留学編」(2018.2.5)

【マルタ留学|体験談vol.12】村上さんにインタビュー Part3「マルタ留学編」(2018.2.23)

 

 

WEBお問い合わせ:こちら

東京・電話番号:03-6365-4261

担当者:佐藤、清水

大阪・電話番号:06-7175-9549

担当者:チュクディ、黒崎