留学・ワーキングホリデー・バックパックをする際に役立つ情報ブログ

BLOG 役立ちブログ

Global Dive 体験談 フランス リゾートバイト ワーキングホリデー

【留学ワーホリ体験談vol.5】高橋さん|フランス料理を学ぶためにフランス・ワーホリへ!(2017.07.15)

Global Diveを利用された高橋さんにアンケートさせて頂きました! 高橋さんはリゾートバイト経験とワーキングホリデー経験が両方ある方です。

「地元で生活しているうちに毎日がなんてつまらないんだと思い、ネットで何か面白いことがないか検索していたら、リゾートバイトを見つけ『これだ!』と思いすぐに話しを聞きに行きました」という高橋さん。彼女のリゾートバイト経由→海外チャレンジを是非ご覧ください!

 

 

[1]高橋さんのProfile

 

experiences_takahashi_01
フランスのモンサンミッシェルでの一枚

 

【お名前】高橋さん

【出身地】宮城県

 

【経歴】

【リゾートバイト経験】石垣島1年間/久米島、高野山、宮島にそれぞれ2週間~3ヶ月未満
【職種】調理師・レストラン業務

 ▼

【ワーキングホリデー滞在国】フランス
【滞在期間】1年間

 

 

 

[2]フランスでのワーキングホリデーについて

 

Q1.まずは、フランスを滞在先に選んだ理由と、ワーキングホリデーをしようと思ったきっかけを教えてください。

高橋さん「フランスを選んだ理由は、フランス料理の勉強をしたかったから。フランス料理専攻で調理師として働いていましたが、本場で働きながらフランス料理を勉強したくて、ワーキングホリデーでフランスに行こうと思いました

 

 

Q2.高橋さんにとって、フランスでのワーキングホリデーはどのような経験でしたか?

高橋さん「全て自分の力でしなければいけないし、私は助けてくれる人も居なかったので数ヶ月は苦痛の日々でした。英語圏では簡単に出来ていた事が、フランスではなかなか思うように進まず言葉の壁にぶち当たる事ばかり。
ですが、その数ヶ月で学んだ事や経験が自分を強くしてくれましたし、行動しなければ何も変わらないという当たり前の事を、心から実感する事が出来ました。言葉が分からなくても、自分のアピール次第でどんな方向にも行けるんだと思いました。自分の力を試せる環境だったと思います」

 

experiences_takahashi_05

 

Q3.フランスへの出発前に不安だったことは何でしたか?

高橋さん「沢山ありますが一番は言葉です。言葉さえ通じれば生きて行けると思っていますが、一年間フランス語を勉強しても殆ど出来ない状態で行ったので、言葉については不安しかありませんでした」

 

 

Q4.フランスでの一番の思い出と、フランスに行ったことで一番自分が「変わったな」と思うことを教えてください!

高橋さん「一番の思い出は、一人旅行したこと。言葉もままならない私が、イギリス・ベルギー・スイスに一人で行き旅行出来た事は一番の思い出です。一番変わったと思うところは、何ごとにも動じなくなったこと、難しく考えなくなったことですね」

 

 

[3]リゾートバイトについて

 

Q5.リゾートバイト経験豊富な高橋さんは、沖縄県の石垣島や久米島、和歌山県の高野山、広島県の宮島で働かれていますね! まずは、リゾートバイトをしようと思ったきっかけを教えてください。

高橋さん「地元で生活しているうちに毎日がなんてつまらないんだと思い、ネットで何か面白いことがないか検索していたら、リゾートバイトを見つけ『これだ!』と思いすぐに話しを聞きに行きました」

 

 

Q6.高橋さんにとってリゾートバイトはどのような経験でしたか?

高橋さん「慣れない環境での生活に、初めはどうしたらよいか分からず泣いたりイライラすることもありましたが、どこのリゾート地に行っても環境が良く、最終的には仲間が出来て本当に楽しい毎日を送る事が出来ました。リゾートバイト仲間同士は分かり合えるし、受け入れてくれる職場も、立場を分かってくれているので安心出来ました。
 最後に、何よりも一番よかったことは、全国各地に友達が出来たこと。そこの勤務地を辞めてから数年経った今でも、遊べる仲間がいます。『リゾートバイトに行ってなかったら知らない世界がこんなにあったんだ!』と思えるような貴重な経験をさせて頂きました

 

experiences_takahashi_04

 

Q7.リゾートバイトとワーキングホリデーには、共通点はあると思いますか?

高橋さん「あると思います。言葉は日本語でも『知らない環境に行って生活する』というのは同じです。それぞれの土地の違いもあるし、人間性も違う。共通点は多いと思います」

 

 

 

[4]現在の夢と、検討中の方へのメッセージ

 

Q8.現在の高橋さんの夢を教えてください。

高橋さん「いままでやりた事はして来たので、漠然にこれが夢です!というのはありませんが、楽しい人生を過ごしたいので、出来ればまたリゾートバイトに行きたいです(笑)」

 

 

Q9.では最後に「リゾートバイトを考えている方たち」と、「ワーホリ・留学を考えている方たち」に、一言づつメッセージをお願い致します!

高橋さん「リゾートバイトを考えている方へ、絶対に行くべきです!現状では経験出来ない事や仲間が出来て、大げさかもしれませんがそれが今後の人生に影響するかもしれません。実際、一緒に働いていた仲間の数人は『あそこでの辛い経験があったから今頑張れてる』と言っています。勿論楽しい事ばかりではないと思いますが、環境が変われば自分も変わります!ぜひ行って体験して下さい!

 

experiences_takahashi_02

 

 次に、ワーホリ・留学を考えている方、行くべきです! リゾートバイトより何十倍も大変な事はありますが、海外で生活する大変さや楽しさは貴重な経験になると思います。全ては経験しないと分からない事ばかりですし、やらないで終わるより、やってどうだったかが結果だと私は思います。私のように言葉が出来なくても働く事が出来たり、生活が出来ます。今はサポートも充実していますし、国によっては生活しやすい所も沢山あります。漠然でも行きたいと思ったら行くべきです!

 

 

[5]最後に/編集後記

 

高橋さんのワーキングホリデー体験談とリゾートバイト体験談はいかがだったでしょうか? 個人的には、留学ワーホリやリゾートバイト検討中の方々向けに頂いたメッセージを読んで、胸が熱くなりました。

リゾートバイトをしたキッカケとして「地元で生活しているうちに毎日がなんてつまらないんだと思っていた」と答えてくれた高橋さん。そんな高橋さんの最後のメッセージは、まるで地元でくすぶっていた頃の昔の自分に向けて、言っているようにも感じました。

 

もちろん、高橋さんもおっしゃっていたように、チャレンジすることは楽しいことだけではありません。慣れた環境を離れる分、大変なこと、辛いこともたくさんあると思います。ただ、それを乗り越えた先には、まったく新しい自分、新しい景色が見えてくるはずです。

 

最終的に、一歩を踏み出すのはご自身です。

しかし、踏み出したあなたの一歩に対しては、Global Diveが全力でサポートさせて頂きます。親身に寄り添い、みなさまの不安を軽くするのが私たちの役目だと思っています。まずはみなさまの夢を、是非ご相談ください。漠然とした内容でも構いません。具体的なことが何も決まっていなくても大丈夫です。一緒に探しながら一歩一歩進んでいきましょう! ご連絡お待ちしております!

 

WEBお問い合わせ:こちら

電話番号:06-6345-2020

担当者:黒崎、チュクディ、佐藤