留学・ワーキングホリデー・バックパックをする際に役立つ情報ブログ

BLOG 役立ちブログ

Global Dive 体験談 語学留学 ワーキングホリデー オーストラリア

【ワーホリ】オーストラリアでのファームのお仕事の探し方と特徴 byスズキ君(2018.01.09)

お久しぶりでーす! Global Dive大阪のカウンセラーのチュクディ親子(ちかこ)です!

 

最近の日本はめっきり寒くなってきましたね。今年はインフルエンザの注射の本数が少ないそうなので予防接種を希望されている方は早目に病院へいきましょうね。

 

さて、オーストラリアにワーホリ中のスズキ君より新しいレポートが届きましたー!現在はバンダバーグでファームのお仕事をしてセカンドビザを取る為に頑張っています。そんなスズキ君から本日は、ファームのお仕事の探し方やお仕事の様子を教えてもらいたいと思います!

 

以下、スズキ君のワーホリ現地レポート

170725_cebu_61

 

スズキ君「皆さんこんにちは!お変わりないですか?オーストラリアにワーホリ中のズキです!こっちは夏到来!という訳でもなく、雨が続いて今年は不作であまり稼げていないのが残念ですが…ここ2日やっと太陽を見た気がします(笑)

 

そしてなんと!セカンドVISA取得する為の日数を超えました!なので、もう少し稼ぎの為に後1ヶ月残る予定です!本日のレポートはファームの探し方やお仕事の情報などを簡単にまとめてみました。 どうぞ!」

 

ファームの探し方とお仕事情報

ワーホリの仲間との一枚

ファーム探しで利用したサイト

オーストラリアのお仕事で利用するサイトとしては、「Gumtree(英語のみ)」「 日豪プレス(日本語、英語)」がの2つが有名です。どちらも求人が沢山載っています。

 

一方の僕はというと、Facebookで探しました!行きたい地域を、Facebookの検索窓で調べるとたくさんのファーム情報が出てきます。そして、それぞれのファームのFacebookページに行って、仕事募集をしていないかを確認していきました。特にサマーシーズン前の8月、9月はたくさん求人が出ていましたよ!ストロベリー、ブルーベリー、トマト、アボカドなどなど。(※AUSは南半球なので、夏は日本とは真逆で11月~ 1月)

 

また、「誰かにファームを紹介してもらう」というのもアリだと思います。初めての人や環境、状況等が全くわからないと思うので、その時は経験者に相談するのがよいと思います!実際に働いてからも、知り合いの友達も一緒に働いているファームのほうが安心です。

 

誰かに紹介してもらう際に確認すべきこと

ファームの仕事は出来高性

【1】現場の実情の確認

ウエイティングがあるか、いつから働けるか、身体的にキツイか、国籍はどうなのか、稼ぎはどうなのか。

【2】ピックアップはしてくれるか

基本、最寄駅からでしたら、してくれますが、住所だけ知らされ自力で行く場合もあります。

【3】稼ぎ方や、給料の値段について

目安ができる、他と比較しやすいです。

【4】仕事で用意する物はあるか

 

勤務時の服装、勤務先の布団の有無など。実際に自分が経験した事なのですが、家に行ったらベットはあるが、布団と枕が用意されていないかが判明!その日は厚着をして就寝しました(笑) 後から来る人も同じ経験をしてます(笑) 面倒くさいとなと思われても良いので疑問点は何でも聞くことをオススメします!それがとっても大事です!!

 

ファームの仕事の特徴

ファームの仕事に向かう

【仕事内容1】収穫物のピッキング

収穫物によってメリットデメリットがあります。

 

果物(ストロベリー、ブルーベリー、マンダリン、マンゴー…)は、高いところに果実があるので腰などには負担なし!基本的に野菜のピッキングに比べると、果物の収穫作業は態勢はキツくないのが魅力です。でも、毎日果物はとれる訳ではないので、仕事が常にあるわけではなく、稼ぎづらい。あと、手などが荒れやすい!でもバケツ1つの値段が高い!($1.5~$3前後)

 


通路にバケツが用意されていて、これに作物をピッキングしていく

 

逆に、野菜(トマト、ズッキーニ、スイートポテト…)のピッキングは、 野菜なので基本作業の態勢を低くしての作業です。だから腰には負担がかかります。長時間の作業になると、なかなかキツイ部分が多いかもしれません。でも果物と違って畑が広くて毎日収穫できるので仕事がないという可能性は低いです。つまり、野菜のピッキングは稼ぐことができると思います! ($0.9~$3前後)

 

そして、お給料について。なんと、ピッキングは歩合制です!自分次第でその日の出来が決まるので日々気合いで働いてますね(笑)身体がキツくて嫌になることもありますがそこは我慢です(笑)←ちなみに僕もズッキーニのピッキングをしましたが初日辛すぎて心が折れました(笑) やはり皆さんも一緒なようです(笑)でも1週間くらいしたら、慣れるので心配し過ぎなくても大丈夫ですよ。 

 

【仕事内容2】bucket boys(バケットボーイズ)

ピッカーが収穫した作物をバケツを集めるのが仕事です。力仕事になるので、主に男性が働いていています。農場によって作業の仕組みは違いますが、僕が働いている所では収穫した物(トマト)が一杯に入ったバケツをリレーしていき、通路に駐車しているトラックの便に運び入れる──この一連作業がバケットボーイズの仕事でした。1バケツ10キロ前後の重さはあると思います。

 

重労働ですが、さきほど述べたとおり給料はその日の出来高なので頑張るしかありません! ※もっと稼ぎたいという方は、時給制のお仕事にいく方もいます。($21~/1時間)

 

職場環境について

広々としたオーストラリアのファームの様子

英語環境として、なかなかネイティブの方々とは話す機会がないですが、多国籍(台湾、中国、インド、マレーシア、トルコ…)の方々と一緒に仕事をして住むので会話をよくします!

 

コミュニケーションを取る機会がたくさんあるので、それは良いですね。ただ、若干アジア人の訛りに慣れてしまう可能性もありますが、英語は英語ですので、この期間は割り切りましょう!ほぼ毎日一緒にいるので家族のようで、とても楽しく過ごせますよ☆

 

ファームで働くにあたって必要なもの

作業着姿もばっちりのスズキ君

必要なものは、作業着(長袖、長ズボン)、靴(長靴、運動靴、ダイバーシューズ)、帽子、手袋、マスク…など。僕はトマト、ズッキーニファームで、バンダバーグでは1番と言っていい程広いファームでした。とにかく広い!デカイです(笑)

 

ただ、本来ならこの時期は嫌になるほどたくさん農作物があり給料も稼げるようなのですが、僕の場合は残念ながら雨が多すぎて不作の年だったため農作物も少な目。つまり雨の日が多いと稼げないです。

 

しかし、セカンドVISA取得するために必要な日数はここが1番最短で取得ができます!

 

ファームのワーホリでは仲間とのコミュニケーションも楽しい

上記の写真は、ファームの一部とバケットボーイズのメンバーです(笑)僕が来た時の最初にいたメンツが僕ともう1人の2人しか残っていません(笑) ピッカーなどを混ぜるとこの3倍近く、80人前後はいます!

 

上記左は自分がピッキングしたものに印づけするためのタグ

 

170725_cebu_61

スズキ君「上の写真がピッキングの時に使う緑色のタグです。フルになったバケツにこれを置きます! 番号が人それぞれに分かれていてどのバケツは誰が収穫したのかが分かるようになっています。そしてこの数に応じて自分のお金になります。 回収されて次の日に返されます。こんな感じでファームのお仕事をやっています!

 

このブログが、少しでも皆さんの参考になったら嬉しいです。また何か皆さんにお伝えできる情報があれば、どんどんお伝えしていきますね☆」

 

まとめ

ファームでの仕事終わりの夕焼け

以上、スズキ君のファームの仕事についての現地レポートでした。

 

スズキ君はファームの仕事が終わったら、少しオーストラリアを周って、更に英語力を伸ばすプランで進む方向で現在検討中とのことです。このようにオーストラリアのワーホリだけにある「セカンドビザ制度」。取得する為にファームでお仕事をして実働88日以上という条件を満たすと申請ができます。

 

セカンドビザで長く住む人もいれば、そのまま正社員の仕事を見つけて就労ビザを取得し長期オーストラリアに在住するチャンスを得る方もいらっしゃいます。勇気ある一歩から広がる先のチャンスは沢山ありますね!

 

少しでも留学やワーホリ、バックパッカーなど心の中に少しでも秘めている思いがある方は、まず気軽にお問い合わせください!実は身近に実現するきっかけがあるかもしれませんよ。

 

 

WEBお問い合わせ:こちら

東京・電話番号:03-6365-4261

担当者:佐藤、清水

大阪・電話番号:06-7175-9549

担当者:チュクディ、黒崎

 

この記事を書いたカウンセラー

cyuku_01 10代の時にニュージーランドでファームステイを経験。英語が聞き取れた、通じた時の喜びや、NZの大自然を見た時に感じた熱い感情は今でも忘れられません。7年後にナイジェリア人の男性と結婚。生活の中で色々な国籍の人と接し文化の違い、価値観の違いを受け入れ、異文化と日本文化が融合した人生で学んだ知識をお伝えします。海外へDiveする夢を叶えるのはアナタです!一緒に挑戦しましょう!