留学・ワーキングホリデー・バックパックをする際に役立つ情報ブログ

BLOG 役立ちブログ

ワーキングホリデー オーストラリア カウンセラーブログ

【ワーホリ】AUSメルボルン・日本食レストランのお仕事事情 byスズキ君(2017.11.1)

こんにちはGlobal Diveカウンセラーのチュクディ親子(ちかこ)です!

 

今回はオーストラリアのメルボルンにワーホリで行っているスズキ君より仕事事情について教えて頂きました。

「ワーキングホリデーでお仕事探しをされる方の参考に、少しでもなれば……」と、いつも協力して下さるスズキ君。(ありがとうございます…)それでは、さっそく現地レポートを見て参りましょう!

 

 

日本食レストランの仕事事情

161101_blog_01

170725_cebu_61
スズキ君
「僕は英語に自信がなかったので、とりあえず英語を使わないで済むであろう……と、日本食レストランで働き始めました。そこでの気づきをまとめました!」

 

中国人経営が多い!

メルボルンのシテイ内の日本食レストランは、ほとんどが中国人経営です。(←日本食レストランなのに!)メルボルンでは中国人の移民率が4割。自分の働いているお店のオーナーも英語があまり話せなかったので、日本食レストランなのに言葉の壁がありました!(泣)……なので、日本語か英語を話せるスタッフさんに間に入ってもらって、訳してもらう事が多かったです!

 

あまり英語を話す機会がなかった!

自分はキッチンスタッフ(皿洗い、盛付け、雑用)でしたので、色々な説明や日常での会話はもちろん英語でしたが、そこまで英語を使う機会は多くありませんでした。フロアスタッフならば、接客時にAUGの人と関わったり、電話対応したり、などもあるので英語力が伸びると思います!

 

キッチンスタッフの主な仕事

■皿洗い→汚れだけ流して、後は機械にいれる作業でした!場所によって手洗いだけというところもありますが基本、機械が多いみたいです! そして基本的には暇です(笑)…ですが、週末や夕食時のピーク、片付け時は忙しいです。皿、鍋、箸、色々な物が飛んできます(笑)

 

■お米洗い→日本人なら誰もが経験のありますね!洗い方は普段と同じです。でもそのお店のやり方もあるので聞くことが1番です。

 

161101_blog_02

 

■掃除→開店前、閉店後は掃除をします。(1)開店前→フロアを掃除機&モップ掛け。(2)閉店後→キッチン内のモップ掛け、という感じで分かれていました。

 

■盛付け→お寿司などのソース掛けやワサビ、 ガリの盛付けなどを行います。場合によって唐揚げや違う食品もあります。また、キッチンスタッフは野菜などを切る事があるので、包丁は使えると良いと思います。

 

時給

■$15~/1時間(※$1は現在のレートで約113円)
時給の平均は$18くらいだと思います!違う地域によって$20超えるとこもあります。

 

【バックナンバー】スズキ君の現地レポート

 

オーストラリア・メルボルンの生活情報(2017.07.05)
メルボルン 住まい探し&仕事探し徹底解説(2017.07.11)
セブ留学・体験談vol.7|スズキ君 初めての海外チャレンジ10週間(2017.07.25)
スズキ君が教えるメルボルンの魅力(2017.09.12)

・【ワーホリ】AUSメルボルン・日本食レストランのお仕事事情 byスズキ君(2017.11.1)

最後に/編集後記

 

ワーキングホリデーが初心者の仕事といえば、真っ先にイメージされるのが「日本食レストラン」。言葉を気にせず働くことができる環境なので初めての方も安心!……と思いきや、経営者が中国人の場合、英語以上にコミュニケーションで苦労するとは驚きですね。ご検討中の方は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

また、Global Diveカウンセラーの黒崎はオーストラリアに9年暮らして、色々なワーキングホリデーの仕事にも就いた経験があるので、その他の仕事情報についてで知りたい方は、是非お気軽にお問い合わせくださいね~!!

 

WEBお問い合わせ:こちら

東京・電話番号:03-6365-4261

担当者:佐藤、清水

大阪・電話番号:06-7175-9549

担当者:チュクディ、黒崎

 

この記事を書いたカウンセラー

cyuku_01 10代の時にニュージーランドでファームステイを経験。英語が聞き取れた、通じた時の喜びや、NZの大自然を見た時に感じた熱い感情は今でも忘れられません。7年後にナイジェリア人の男性と結婚。生活の中で色々な国籍の人と接し文化の違い、価値観の違いを受け入れ、異文化と日本文化が融合した人生で学んだ知識をお伝えします。海外へDiveする夢を叶えるのはアナタです!一緒に挑戦しましょう!