留学・社会人留学ならグローバルダイブ

SAN DIEGO

サンディエゴ留学の基本情報

サンディエゴの留学の3つの魅力

1天候に恵まれた1年を通して温暖な留学先!

1年を通して温暖な気候のサンディエゴ。気温の寒暖差がないので、とても過ごしやすいです。サンディエゴ留学なら、季節ごとの洋服を気にしなくて良いのは出発前の荷造りも楽々で、嬉しいですよね。ただ、朝や夜は若干冷えるのでパーカーくらいは用意しておきましょう。

2メキシコとの国境がある都市!スペイン語も勉強できるかも!?

メキシコとの国境があるサンディエゴ。街の看板には、英語だけでなくスペイン語表記のものもあります。メキシコからの移民も多いので街中の至る所でスペイン語が聞こえてきます。簡単なスペイン語なら、サンディエゴにいれば覚えられること間違いなし!英語を学びながら、日常生活の中で第三言語のスペイン語を学んでみましょう!

3日本人の多い都市だから留学初心者には安心!

カリフォルニア州は日本人留学生が多いですが、特にサンディエゴには日本人留学生だけでなく、現地で暮らしている日本人も多く日本人コミュニティーもあります!英語オンリーの環境に飛び込みたい方にはあまりおススメできませんが、逆に「留学は初めてで不安……」という方には、サンディエゴ留学はとってもおススメ!日本人が多い都市は、困った時に日本語で助けてくれるという安心感があるので何かと安心ですよ。

現地取材したカウンセラーのコメント

清水 早苗

カリフォルニア州の一番南にある都市サンディエゴ。年間の晴天日数が300日を超えるなど、青い空、青い海、フレンドリーな人々が特徴のエリアです。メキシコからの移民が多いサンディエゴには、至る所に安くて美味しいメキシカンのレストランがあり、留学前はタコスやブリトーやアボカドが苦手だった私も、サンディエゴにいるとすっかりメキシコ料理の虜になってしまいました。「オールドタウン」という観光スポットは1800年代のメキシコの雰囲気がそのままに残る歴史公園で、カラフルなお土産が買える雑貨屋はじめスイーツやレストランのお店などがあって楽しいです。サンディエゴ留学は、アメリカとメキシコの文化両方を楽しみたいという方におすすめです!

基本情報

サンディエゴは、年間の晴天日数300日超え!アメリカ西海岸の青い空と青い海を満喫し、リラックスできる温暖なエリア。日本人留学生や現地で暮らす日本人も多いため、留学初心者の方にも安心です!

正式名称 サンディエゴ(San diego)
アメリカ合衆国(United States of America)
カリフォルニア州(California)
人口 140万人
公用語 英語
通貨 ドル($)
電圧 120V
ワーホリ可否 不可

アクセス・時差

・時差 日本時間より-17時間 サマータイム-16時間 ・アクセス 日本からサンディエゴへは、成田空港からJALの直行便が出ています。所要時間は11時間20分。日本の他都市からサンディエゴに行く際には、西海岸の都市にて乗り継ぐルートなら所要時間は15~17時間ほど。

豆知識

・チップ文化(サービスを受けたら渡すのがマナー) チップの相場は、レストランの場合代金の10~20%で直接サービスをしてくれた人に渡します。クレジットカードで代金を支払う場合は、サインをするレシートにチップ代を書き込む欄があるので金額を記入。タクシーやホテルのボーイ、美容院などにもチップを支払う。 ・土足文化 アメリカでは家の中で靴を脱ぐ習慣がなく、ベッドに腰掛けたり、ちょっと横になったりするときなどは靴を履いたままのことが多いです。靴を脱ぐのは寝るときやシャワーを浴びる時だけ。 ・初対面の人でも気軽に話しかけてくる 陽気なアメリカ人は、知らない人にも気軽に声をかけます。どんなお店でも一歩足を踏み入れれば「Hello(こんにちは)」。レジでは「How are you doing(元気ですか)?」「Have a nice day(良い一日を)」。バス停でバスを待っていたら、「This bus is always late.(いつもこのバスは遅れるんだよね))」と、ふいに隣の人に話かけられる。最初は戸惑うかもしれませんが、英語を話す絶好のチャンスです!

英語環境

公用語が英語なのでほとんどの方が英語を話します。大都市になると移民の方など色んな国籍の方が多い為、いろんなアクセントの英語と触れることが出来ます!

ビザ情報

ESTA(3ヶ月までの留学)

日本のパスポートを持っている方は、ビザ無しで3ヶ月までの観光または留学(18時間以内/週)が可能。渡航前にオンラインでESTAという電子渡航認証システムの申請が必要。申請料金14ドル。申請後2年間有効で、その間にパスポートが失効する場合はパスポートの有効期限までが期限となる。 ■ESTA申請先:https://esta.cbp.dhs.gov/esta/

学生ビザ(3ヶ月以上の留学)

アメリカの教育機関で3ヶ月以上の留学を目的とする場合に申請するビザ。語学学校に申し込みをしてビザ申請に必要な書類を受け取ったあと、大使館での面接を受ける。申請を始めてから取得するまでには数か月かかり、申請料は360ドル。語学学校の出席率は80%を維持しないとならない。原則学生ビザで働くことはできない(働くためには就労ビザが必要)。 ■学生ビザ申請先: http://www.ustraveldocs.com/jp_jp/jp-niv-visaapply.asp#howtoapply ※アメリカにワーキングホリデーの制度はありません。

留学費用のお見積り

アメリカ留学費用のお見積り

1週間 136,563円 〜 150,575円
2週間 188,882円 〜 213,516円
4週間 293,407円 〜 339,398円
8週間 483,134円 〜 562,121円
12週間 672,861円 〜 784,844円
16週間 871,251円 〜 1,020,562円
20週間 1,069,641円 〜 1,256,280円
24週間 1,220,346円 〜 1,420,469円

もっと詳しく見る

都市情報

ニューヨーク

NEW YORK

基本情報へ

世界一刺激的で国際的な都市、ニューヨーク!!言わずと知れた世界経済、文化、トレンドの発信地。多国籍の人々が暮らしており、エリアによって全く雰囲気が違います。街ひとつで世界旅行しているような気分を味わえますよ!

サンフランスシスコ

SAN FRANCISCO

基本情報へ

サンフランシスコは、アメリカ人が住みたい街で常に人気上位!街の象徴であるゴールデンゲートブリッジや、美味しいシーフードが食べられるフィッシャーマンズワーフ、映画の撮影にもよく使われるアラモスクエアなど観光スポットも満載です。

ロサンゼルス

LOS ANGELS

基本情報へ

アメリカ第二の都市、ロサンゼルス。美しい西海岸のビーチスポットから、ディズニーランドやユニバーサルなどのテーマパークなどのエンターテインメント施設、カジノやクラブなどのナイトスポットも充実!勉強も遊びも充実させたい方にはオススメの留学先。

サンディエゴ

SAN DIEGO

基本情報へ

サンディエゴは、年間の晴天日数300日超え!アメリカ西海岸の青い空と青い海を満喫し、リラックスできる温暖なエリア。日本人留学生や現地で暮らす日本人も多いため、留学初心者の方にも安心です!

ボストン

BOSTON

基本情報へ

ニューヨークから350km北上した海岸の都市ボストン。アメリカ最大の学業都市であり、ハーバード大学やマサチューセッツ工科大学などの超一流大学も。治安が良いボストンは、アメリカのなかでも安心の留学先です!

留学ワーホリ記事

ARTICLE

サンディエゴに関連する記事

留学体験談

EXPERIENCES

サンディエゴの留学体験談

留学ワーホリ・紹介可能な語学学校

SCHOOL

サンディエゴの語学学校

留学ワーホリ・紹介可能な国を知る

COUNTRY

MORE

まずはお気軽にお問い合わせください

留学ワーホリ情報をお届け

lineLINEで資料ダウンロード

お電話でのお問い合わせはこちら

0800-080-9800

月-金 9:30-18:00 / 土 9:30-17:00

 ページトップへ
まずは無料カウンセリング line   で資料ダウンロード