留学・社会人留学ならグローバルダイブ

GERMANY

ドイツ留学の基本情報

ドイツの留学の3つの魅力

1ドイツ語を学びながらも、英語が比較的通じる国!

ドイツ語が公用語の国は6カ国(ドイツ、オーストリア、スイス、リヒテンシュタイン公国、ルクセンブルク、ベルギー)。ドイツ留学される方は、大学で第2言語としてドイツ語を学んだあとに「本場ドイツでの勉強してみたい!」という場合が多い印象です。そんなドイツ語がまだ不慣れな方でも、ドイツでは英語で日常生活を送ることが出来るので安心!年配の方には英語が通じないこともありますが、年齢層が下がるほど英語が堪能な人が多くなっています。特にベルリンには近年、アーティストや若者が世界中から集まっており、国際色豊かで英語が通じる場所も多いです。英語とドイツ語を使い分けながら生活することができます!

2特色豊かでユニークな都市で滞在先を選択できる!

ドイツ各都市の特徴は、都市ごとにかなり異なります。その要因として、ベルリンの壁崩壊前には、西ドイツと東ドイツに分断されていた歴史的背景が挙げられます。都市の規模はどれくらいか、近代的な都市なのか、歴史ある都市なのか。それらによって街の雰囲気はさまざまで、留学生それぞれの好みに合った都市を選択することが可能です!

3他のヨーロッパ先進国に比べると、物価が安い!

ドイツは世界4位の経済大国ですが、首都ベルリンをはじめ、他のヨーロッパの先進国と比べると物価が比較的安い国です!留学する都市によって大なり小なり変動しますが、スーパーで食材は手頃な価格で販売されており、水やビールなどの飲み物も日本より安いです。生活費を抑えて留学できるのは嬉しいですよね!

現地取材したカウンセラーのコメント

黒崎 順一

「ドイツ人は勤勉で真面目。ヨーロッパの中では一番日本人に性格が近い」というイメージを持って、私はドイツを訪れました。実際、街の雰囲気は、他のヨーロッパの国と比べて少し落ち着いた雰囲気を感じ、お店の定員さんの対応も信頼できる対応だと思えました。ビールとソーセージのイメージが非常に強いドイツですが、そのイメージ通りフードコートの中や屋台など、いたるところで様々な種類のソーセージが売られています。近代都市ベルリンには世界中から芸術や音楽に興味のある若者が集まり、ケルン大聖堂やノイシュヴァンンシュタイン城などの歴史的建築物もたくさんあり、さまざまな一面を持っている国です。

基本情報

ドイツは、ヨーロッパ随一の経済大国。歴史的な背景も影響し、各都市によってかなり特徴が違います。物価の安さ、治安の良さ、世界4位の経済力、英語が通じる環境などがドイツの魅力であり、英語圏以外で留学、ワーホリを検討するのであれば「ドイツは第一候補」といっても過言ではありません。

正式名称 ドイツ連邦共和国(Federal Republic of Germany)
大陸 ユーラシア大陸(Euroasia)
首都 ベルリン(Berlin)
主要都市 ベルリン(Berlin)
人口 8267万人
公用語 ドイツ語
通貨 ユーロ
電圧 230V
ワーホリ可否 可能

アクセス・時差

・アクセス 一部の都市(フランクフルト、ミュンヘン)へ、日本からの直行便が出ています。首都・ベルリンへの直行便はなく、フランクフルト経由でのアクセスが便利です。フランクフルトへの直行便は成田、羽田、中部、関西の各空港から出ており、所要時間は約12時間。他国で乗り換える経由便では、トルコ、フィンランド経由などが便利です。 ・時差 日本時間より-8時間 サマータイム-7時間

治安

ヨーロッパの中では比較的治安は良い方です。スリや置き引き等の被害も、世界基準でみると少ないほうですが、日本と比べると5~10倍の発生率と言われています。ドイツ留学中では、海外であることを意識して行動していれば、勤勉な国民性を持つ国ですのでトラブルに巻き込まれることは少ないと言えます。

物価

平均的に日本よりも安く手に入る物が多いです。 ・水500ML:80円 ・ビール500ml:100円 ・リンゴ:40円 ・カフェでコーヒー:330円 ・ワンルームスタジオ(家賃):6-8万円 ・外食ランチ:900円~1300円

食事

・ソーセージ ・じゃがいも料理 ・肉料理 ドイツの料理は、基本的に質素で合理的です。昔のドイツでは食材が乏しく、ソーセージを筆頭とする保存食文化が発達しました。

交通事情

電車、バス、地下鉄、トラムが主流。地下鉄では改札がないため戸惑うことがあると思いますが、切符はしっかりと購入しておきましょう。巡回パトロールが切符の確認を行っています。

観光スポット

・ノイシュヴァンンシュタイン城(ホーエンシュヴァンガウ) ・ケルン大聖堂(ケルン)

豆知識

英語圏以外で留学、ワーホリを検討するのであれば「ドイツは第一候補」といっても過言ではありません。物価の安さ、治安の良さ、世界4位の経済力、英語が通じる環境など、生活しやすい条件が整っています。またヨーロッパの中心に位置し他の国へのアクセスも抜群です。

その他

・気候 ドイツの各都市の気候は、日本と比べると全般的に寒さが厳しいです。主要都市の中で一番南にあるミュンヘンでも、日本の札幌よりも北に位置しており、夏でも気温が30度を超えることは少なく、夜間はさらに涼しくなる傾向。温度差には注意が必要です!冬には気温が0度を下回ることもありますが、雪がたくさん降るということはあまりありません。

ビザ情報

観光ビザ

6ヶ月の期間内で90日までの滞在であればビザは不要です。

学生ビザ

留学期間が3ヶ月を超える場合に取得。日本国内では取得できません。

ワーキングホリデービザ

3ヶ月以上1年以内の滞在可能、最長で365日。ドイツで勤務が可能なビザです。

留学費用のお見積り

ドイツ留学費用のお見積り

1週間 107,846円 〜 126,466円
2週間 172,218円 〜 209,458円
4週間 300,962円 〜 375,442円
8週間 547,810円 〜 680,810円
12週間 791,998円 〜 991,498円
16週間 1,041,506円 〜 1,307,506円
20週間 1,291,014円 〜 1,623,514円
24週間 1,540,522円 〜 1,939,522円

都市情報

ベルリン

BERLIN

基本情報へ

ベルリンは、西ヨーロッパにあるドイツの首都。世界各国から留学生や移民の方が集まっており、グローバルな環境で留学することができます!ヨーロッパ主要都市行きの格安の飛行機がたくさん飛んでおり、旅の拠点にもピッタリ。

留学ワーホリ記事

ARTICLE

ドイツに関連する記事

留学体験談

EXPERIENCES

ドイツの留学体験談

留学ワーホリ・紹介可能な語学学校

SCHOOL

ドイツの語学学校

留学ワーホリ・紹介可能な国を知る

COUNTRY

まずはお気軽にお問い合わせください

留学ワーホリ情報をお届け

lineLINEで資料ダウンロード

お電話でのお問い合わせはこちら

0800-080-9800

月-金 9:30-18:00 / 土 9:30-17:00

 ページトップへ
まずは無料カウンセリング line   で資料ダウンロード