留学・社会人留学ならグローバルダイブ

FRANCE

フランス留学の基本情報

フランスの留学の3つの魅力

1「美」の国・フランス!

フランスといえば、やはりお洒落な国っていうイメージがありませんか? 外を歩けば街並みがおしゃれ、すれ違う人の洋服がお洒落!ファッションの先端を行く国のイメージ通りです。さらに、フランスはアートの面でも有名ですよね。世界的に有名な美術館であるルーブル美術館はフランスの首都・パリにあります。どの都市に行ってもその町全体が漂わせる「美」の雰囲気をぜひ味わってください。

2「食」の国・フランス!

日本食は味だけでなく見た目も楽しむ──という文化ですが、フランス料理にも少し似たところがあります。コースで出てくるような料理だけでなく、日々食べるバゲットやチーズ、安くて美味しいワインなどは素朴だけれども素材にこだわった美味しいものばかり! フランス人の日々の生活の中に楽しさを!というモットーを食文化から読み取ることができます。

3「愛」の国・フランス!

フランスは、ロマンチックな国。街中にはバラを売っている人もいるんですよ。そんな愛の国、フランス。その言語にも、やはり愛を表現する言葉がすごく多いんです。せっかく留学するからにはなるべく語学を学び、愛の言語のマスターになっちゃいましょう♪

現地取材したカウンセラーのコメント

佐藤 遥

フランス留学ではとにかく食事が楽しみの一つ! 本場のバゲットは頬っぺたが落ちるかと思うほどおいしく、ワインにもチーズにもパテにもなんでも合う!私はほぼ毎食食べてましたよ^^ 話変わって、「フランス人はフランスパンをよく食べている」というイメージはもともと持っていた私ですが、現地に行って驚くことがありました。日曜日の朝、私がマーケットを歩いていると、すれ違う現地の人々がみんなバゲット片手に歩いていたのです!!日本だとお店でバゲットを買うと、上から下まですっぽり袋に被せてくれることが多いですよね? 一方のフランスは、小さめの紙で真ん中がカバーされているだけ。ただ、フランスパン片手に歩くその姿さえ、とてもオシャレでした。

基本情報

フランスの気候は海洋性、大陸性、山岳性、地中海性の4つに区分されていて、地域によって多少の違いはありますが、日本と同じような全体的に温暖で暑すぎず寒すぎずの気候です。ファッション、アート、グルメ、歴史、建築物などはどれも洗練されていて、ふとした時の日常の風景もオシャレ。その美しさは世界中の人を魅了しています。

正式名称 フランス共和国(République française)
大陸 ヨーロッパ
首都 パリ
主要都市 パリ、マルセイユ、リヨン、トゥールーズ、ナント、ニースなど
人口 6,718万(日本の約1/2)
公用語 フランス語
通貨 ユーロ
電圧 220V C型 2つの丸い穴がついているプラグ
ワーホリ可否 可能

アクセス・時差

・アクセス 日本からパリまでの直行便は、成田空港、羽田空港、関西空港から出ています。所要時間は約12時間30分。乗り継いでフランスへ向かう場合、利用する航空会社によってどの国を経由するかが変わってくるのですが、トルコや、フィンランドのヘルシンキでの乗り継ぎが多いようです。 ・時差 日本時間より-7時間。日本が夕方17時のとき、フランスは朝の10時です。 また、サマータイム適用時(3月末~10月末)は、時差は-8時間になります。

治安

留学する都市により治安も異なりますが、大都市のパリは観光地としても大人気の場所。人が密集する地下鉄や観光エリアでは軽犯罪であるスリや置き引きが多発しています。所持品には十分に注意して行動してください。 また、残念ながら近年のフランスは治安が悪いエリアも出てきているため、念のために前もって近づかない方が良いエリアなどは、留学前事前に調べておきましょう!

物価

フランスの物価は一般的には日本より少し高め。特に、観光客の多い首都・パリの物価は高いと言われています。食事代&家賃は特に高いので余裕を持って資金の準備をすることが必要です。

食事

・ガレット そば粉を使ったクレープ。 ・エスカルゴ かたつむりの料理。フランス料理といえば!でこちらをイメージする人も多いのではないでしょうか。 ・フォアグラ アヒルやガチョウの内臓。世界最大珍味の一つとしても有名ですよね。バゲットなどのフランスパンに乗せて食べると絶品です! ・パテ お肉や少量の野菜、お酒等をミキサーで混ぜ、オープンで調理したもの。こちらもフランスパンにのせて食べると最高です!

交通事情

・SNCF(フランス国鉄) 日本でいうところのJRのようなもの。 ・TGV(高速列車) 日本の新幹線のようなもの(ただ、新幹線ほどの速さはありません)。全て指定席です。 ・都市ごとにある交通機関 地下鉄 バス

観光スポット

・エッフェル塔 ・ルーブル美術館 ・ノートルダム大聖堂 ・エトワール凱旋門 ・モンサンミッシェル ・ヴェルサイユ宮殿

豆知識

・パリは外に洗濯物を干すのは禁止!? フランスの都、パリはキレイな街並みが維持されています。実はコレ、きちんとルールがあるんです!ビルの高さに制限を設けていたり、電線を地上からなくしたり、通りに面している家では景観を損ねないために洗濯物を外に干すことも禁止されていたり。美しい景観はそういった努力の賜物なんですね。 ・映画でよく見る!?海外チックな挨拶「Bisous」 フランスでの友達同士の一般的な挨拶は握手と1回ずつ両頬へのキス!もちろん本当に唇を頬につける必要はありません!頬の横で音を立てるだけでOK!地域によっては合計3回や4回行うところもあります。

英語環境

フランスでは観光地以外は英語はあまり通じません。頑張って英語で伝えるよりもフランス語を覚えてしまった方が早いです! 留学先ではもちろんのこと、留学前にもフランス語の勉強をしっかりしておくことをおススメします♬

その他

・留学予算(1カ月短期留学)  航空券:8~18万円  語学学校:15~20万円  滞在費:8~15万円  海外保険:約2万円  現地交際費:5~10万円  合計:約38~65万円

ビザ情報

観光ビザ

90日以内の滞在であれば事前のビザ申請なしで入国できます。「シェンゲン圏内に90日間滞在可能」という制限があるので、90日フランスに滞在→ドイツに旅行ということはできませんのでご注意ください。

ビジタービザ

Visa "visiteur"。個人的な就学や研究、文化体験等の活動を3ヵ月以上行う方のためのビザ。滞在期間は、3ヵ月以上~1年未満。このビザでの就労は認められていません

学生ビザ

就学許可証:Study Permit。3ヵ月以上の長期就学予定者のためのビザ。学生ビザなので、滞在期間中は学校に通う必要があります。

ワーキングホリデービザ

ワーキングホリデービザ(Visa Vanances-Travail)。最長12カ月間、フランスに滞在できます。修学・就労するにあたって特に規則はありません。

留学費用のお見積り

フランス留学費用のお見積り

1週間 145,884円 〜 165,701円
2週間 237,122円 〜 276,756円
4週間 413,214円 〜 491,950円
8週間 746,246円 〜 909,038円
12週間 1,076,086円 〜 1,315,486円
16週間 1,424,546円 〜 1,743,746円
20週間 1,765,026円 〜 2,164,026円
24週間 2,016,130円 〜 2,261,914円

都市情報

パリ

PARIS

基本情報へ

言わずと知れたフランスの観光都市・パリ!有名観光スポットが盛りだくさんで、その景観はどこを切り取ってもオシャレ。アートやファッション、グルメ、恋愛など、トレンド最先端を感じながら留学生活を送ることができます。

アンボワーズ

AMBOISE

基本情報へ

アンボワーズは、歴代のフランス国王が過ごした城下町。ダ・ヴィンチが晩年を過ごした小さな街は、落ち着いた雰囲気でリラックスできます。また、パリからも1時間の距離にあるので、アンボワーズ留学なら休日にパリ観光も楽しめちゃいます!

ラ・ロシェル

LA ROCHELLE

基本情報へ

ラ・ロシェルは、「大西洋で最も美しい港町」。昔のヨーロッパの景観が残る街で、その美しさは多くの画家を魅了してきました!港町なので、美味しいシーフードを活かしたフランス料理が食べられます。日本人は少なく、治安もよい留学先です!

留学ワーホリ記事

ARTICLE

フランスに関連する記事

留学体験談

EXPERIENCES

フランスの留学体験談

留学ワーホリ・紹介可能な語学学校

SCHOOL

フランスの語学学校

留学ワーホリ・紹介可能な国を知る

COUNTRY

まずはお気軽にお問い合わせください

留学ワーホリ情報をお届け

lineLINEでお友達に追加する

お電話でのお問い合わせはこちら

0800-080-9800

月-金 9:30-18:00 / 土 9:30-17:00

 ページトップへ
まずは無料相談 line   でお友達に追加する